電子書籍『ハンドメイドPROシリーズ』発売中>>

革職人になりたい!職人を目指す人に向けた記事まとめ

革職人を目指す人に向けて書いた記事をまとめる!革職人のなり方
この記事の内容は2022年06月14日に更新されました。

革職人を目指す人(12年前の自分)に向けて書いた記事をまとめます。

昔のミコガイ
昔のミコガイ

革職人になりたいです。

デテログ
デテログ

革職人になって12年目のミコガイです。

当時の自分に向けて、革職人を目指すのに役立つ記事をまとめました。

令和の革職人になるにはどうすればいいのか?昔の私と一緒に勉強していきましょう。

この記事を書いた人
dete

プロフィール

・レザーブランド"dete"の代表
・出版書籍『革職人になる方法』Amazon手芸本1位獲得

※当サイトはリンクフリーです。リンクの貼り方についてをご覧ください。

※当サイトのAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングリンクを経由してお買い物をすると、各リンク先より当方に広告収入が支払われます。

お気軽にフォローしてください

はじめに。あなたがなりたい「革職人」ってどんな仕事のこと?

一口に革職人と言っても実はいろいろです。業種は細分化されており、また稼ぐ方法も実は様々。

革職人って財布やバッグを作る仕事じゃないの?

デテログ
デテログ

それが一般的に言われる革職人ですが、革を作る職人を革職人と呼んだり、作家の垣根があいまいだったり、実はあやふやな言葉なんです。

なので、よそでは通用しないデテログだけの定義を作りましょう。

革職人の定義について

この記事でいう「革職人」は次にあげる例のような職業を指します。

  • 革を元に1人で製品を作り上げる作家
  • 縫製や内職を請け負う下請けの職人
  • レザーブランド社員の製造担当
  • 製作を発注する側のデザイナーやブランドの運営者

記事の内容はデザイナーにも職人にもどちらの立場の方にも役に立つ考えておりますので、便宜上、これらの職業を目指す方に向けて書かせていただきます。

革職人になる方法は主に3つある

ざっくり革職人になりたいって思っては見たものの、どんな働き方があるのかいまいちわかってない。

デテログ
デテログ

革職人の働き方は大きく分ければこの3つに分けられます。

  • 職人を募集している企業に就職する
  • 独立して他社から仕事を請け負う
  • 独立して自分で販売する(ブランドを作る)

職人を募集している企業に就職する

メーカーの社員として働く職人です。

メリットデメリット

メリット 先輩社員から技術を盗むことができる(コンプライアンス遵守です)のはほかの働き方にないメリット。
デメリット 待遇は会社によりますが、他業種と比較して正直稼げる仕事ではないです。

どうすればなれる?

かなり稀なケースではありますが、メーカーが職人の求人を出していることがあります。

デテログ
デテログ

多くの場合、求められている人材は即戦力の経験者ですが、運が良ければ未経験可の案件も。

希望に合った求人を見つけたら即実行!チャンスを生かしましょう。

独立して他社から仕事を請け負う

メーカーやブランドから直接仕事をもらったり、振り屋と呼ばれる斡旋業者から仕事をもらい、他社製品の製作を請け負う下請けのような働き方です。

メリットデメリット

メリット 基本的に量産なので、うまく仕事を得られれば効率的に稼げる可能性も。
デメリット ただ、地雷案件の話をよく耳にしますね…。

デテログ
デテログ

deteも過去に個人の職人に量産品の製作依頼をしていたことがあります。

数が稼ぎを左右する体力仕事です。

どうすればなれる?

資格が必要な仕事ではないので、職人だと名乗ってしまえばなれますが、仕事は自分で得なくてはいけません。

ある知人の場合、組合のような団体に加入してコネを得ていました。その繋がりで振り屋さんから仕事をもらったり、職人同士で仕事を振ったり振られたりも。

メーカーやブランドに営業をかけてみるのもいいでしょう。その場で仕事をもらえなくても、つながりを作っておくと何かのタイミングで声がかかるかもしれません。

埼玉県草加市の「そうか革職人会」のように、皮革産業が盛んな地域では業者の寄り合いがあったりするので、参加すれば便宜をはかってもらえる可能性も。そのような地域の商工会議所を頼ってみるのも手です。

独立して自分のブランドを作る

自分が顔のブランドを作り、製作して販売する働き方です。小売店などに卸す場合と、ネットやイベントなどで自分で販売する方法の二種類があります。

職人を志してこの記事にたどり着いた方の多くはこの道を目指しているのではないでしょうか。

メリットデメリット

メリット 自分で販売する場合、お礼の言葉や製品に対するご意見を直接受け取ることができ、製品に生かすことができます
デメリット その反面、自分が販売員であり店長でもあるため、営業力や店舗運営のいろいろなスキルが必要です。

他社から仕事をもらう働き方とちがい、後ろ盾がありません。

メリット 売れれば利益は大きくなります。が、

デメリット いくら作っても売れなければ一円も稼げません。当たり前のことと片付けてはいけません。シビアです。

デテログ
デテログ

deteはこのスタイルです。

自分の好きなように写真を撮ったりサイトをいじったり物書き(このブログなど)をしたり、いろんな仕事ができて楽しかったりもします。

どうすればなれる?

請負職人の場合と同じく、始めようと思えばいつでも始められます。

クラフト市や委託販売などリアルなイベントで販売するか、ネットで自分で販売する作家さんが多いです。

イベントに出店するには、自分でイベントに応募する場合と、催事の主催者側からお声がかかる場合があります。

ネット販売の方法は主に3つ。

  • ネットショップ(自社サイトやBASEなど)
  • モール(クリーマ、ミンネ、楽天市場、ヤフーショッピングなど)
  • オークションやフリマ(ヤフオクやメルカリなど)
デテログ
デテログ

SNSのメッセージやメールで注文をもらう方法もありますが、いずれは何かしらの販売ページを用意することをおすすめします。

理由は、メッセージだけでは規約や契約があいまいでトラブルのもとになる可能性があるのと、決済方法が煩雑でお客様の手を煩わせてしまうことになるから

革職人になるには?無料でも読める電子書籍を出版しました

2021年12月、革職人を目指す方向けに電子書籍を出版しました。

Amazonで「革職人になる方法 プロ直伝マニュアル」を読む/Amazon「手芸本」「手芸(kindle本)」ジャンル売上1位獲得\

デテログ
デテログ

おかげ様で、Amazonの書籍ランキング1位を達成しました!
(手芸ジャンル1位、kindle書籍手芸ジャンル1位、小規模ビジネスに関する電子書籍2位 2021年12月16日14時4分時点)

構成内容
  1. 革職人ってどんな仕事?
  2. 革職人になる方法は3つ
  3. ハンドメイド品の販売方法は?
  4. ブランドを始めるのにかかるコストは?
  5. オーダーメイドと受注生産
  6. 仕入れについて
  7. ミシン縫いか手縫いか
  8. 悩ましい革厚問題の解決法
  9. どこ(地域、環境)で始めるか?
  10. 脱サラのタイミングと注意点
  11. 身内に作品の相談をするのは効果的ではない?
  12. 収益の柱を増やす方法
  13. 最後のまとめ
デテログ
デテログ

革職人として生きていくと決めた昔の自分へのメッセージのつもりで書きました。

「毎日好きなものづくりをして食べていけたらどんなに幸せだろう。」

前職を挫折し、日々悶々とした毎日をすごす私が考えていたことです。
あれから12年間、レザークラフトだけで食べてきた私が積み上げた経験と知識を凝縮しました。
「過去の自分に教えるなら?」をテーマに書いています。

出典 革職人になる方法 プロ直伝マニュアル ― Amazon.co.jp
デテログ
デテログ

革職人を目指す方、専業目指して奮闘している方にぜひ読んでいただきたいです。

この本、電子書籍ならではの特殊なシステムになっています。それは、不定期でアップデートを続けて内容が濃くなっていくというもの。

そしてアップロード分は無料で読めます。アップロード情報はTwitterでお知らせさせていただきます。

ここからは、このブログ『デテログ』内で公開している、革職人を目指す方向けの記事を紹介します。

革職人として稼ぐノウハウについての記事

革職人として稼ぐためのテクニック、販売ノウハウ、撮影方法などについて。

テクニックノウハウ

レザークラフト本|上達に役立つおすすめ本を紹介
レザークラフト本のおすすめを紹介。技術を学ぶ本、上質な財布を作る本、がまぐちを作る為の本など、楽しそうな本がそろっています。私のおすすめは文末にまとめました。

個人的に役に立った本と、読んでみたい本(区別できるようにしてあります)を紹介。

レザークラフト道具全部まとめ〈革のプロが使うおすすめ〉
革職人歴12年のプロが仕事で使う本当におすすめできるレザークラフトの道具を公開します。本当に使えるレザークラフトツールを探している...

本当に使っている道具全部の掲載を目指しています。

レザークラフトハウツー記事まとめ《革職人直伝》
レザークラフトのテクニックに関する記事をまとめました。《この記事の使い方》 学びたくなった時の為にブックマークしてください。 ...

レザクラテクニックから道具レビューまでのまとめ記事

革の勉強をしたいなら一度でいいから半裁とダブルショルダーを買ってほしい理由3つ
半裁とダブルショルダーを買うメリットは3つ。部位ごとのちがいがわかって製作にいかせる、繊維の向きがわかって製作にいかせる、パーツに合う部位を自分で選べる。

半裁とダブルショルダーを買うとどんな勉強ができるのかを解説。

革製品のメンテナンス記事まとめ 〈職人直伝〉
革製品のメンテナンス方法やケア剤まとめ、読者からの革の悩み相談などのまとめページです。革を愛するすべての方にお役立ていただけるはずです。[随時更新]

お手入れに関する記事のまとめです。

財布・バッグをフルオーダーメイドできる革職人・レザーブランド10選
革製品のフルオーダーメイドができる革職人とレザーブランドを紹介しています。有名ではなくてもすばらしい仕事をされる方ばかりです。オーダーメイド注文の方法、注意点、イメージ通りに仕上げてもらうコツについて解説しています。

オーダーメイド職人10人に取材しました。参考にさせていただきましょう。

美しすぎる世界の革職人インスタグラム26選|職人がホレるバッグと財布
美しい革製品(バッグ、財布など)を作り、美しく表現している革職人のInstagramをひたすら紹介する内容です。目の肥えた革製品ファンと美しい物が好きな全ての方を喜ばせる、極上の職人仕事に出会えるはずです。

世界のすばらしい革職人インスタ26選を紹介。良い刺激になるはず。

販売ノウハウ

ハンドメイド作家がブログを収益化する方法4選
ハンドメイド作家がブログで収益化する方法を4つ紹介しています。ブログを上手に活用し、売上を増やすヒントが得られる内容です。紹介する本と一緒にぜひ実践してみてください。

ハンドメイドブログで売上をアップするための方法を、私が出版した電子書籍に沿って解説。

売れるハンドメイド作家になるために必要な3つのスキル
この記事では、ハンドメイド作家に興味を持つ方や、本業ハンドメイド作家を目指してがんばっている方に向けて、売れるハンドメイド作家になるために...

ハンドメイド作家に必要な3つのスキル(継続・稼ぐ・楽しむ)について解説しました。

デザインツール Canva PRO(有料)でできること|神デザインアプリ
2020年春ごろから、このブログ「デテログ」の画像はデザインツールCanva Proを使って製作しています。Canva PRO...

売上アップに効果的な画像加工(文字入れ、切り抜きなど)に使えるCanvaについて。

ハンドメイド販売に役立つおすすめ本5選
ハンドメイド作家やブランドを立ち上げる職人など、昨今話題に上る小さな経営者に役立つ本を集めました。ここで紹介する本は、読んで実践し...

ハンドメイド販売に役立つおすすめ本をレビュー。

ハンドメイド販売でミンネとBASEとSNSをすすめる理由
こんにちは。deteのミコガイです。先日、ハンドメイドアクセサリーをネットで販売をしようとしている知人にサイトの始め方をレクチャーしました...

ハンドメイドで食べていくなら、真っ先にすべきな販路の確保について。

ハンドメイド販売したい方へ|確定申告その他の不安は商工会議所が解消してくれた
ハンドメイド販売、副業を始めるなら、商工会議所にかけこめば大抵の不安は解消されます。確定申告だけは毎年自分で行う必要があります。自分で会計ソフトを使う際のおススメも紹介。

基本的に、ハンドメイド販売で食べていくなら確定申告は必須です。

ハンドメイド作家の手取り給料|ミンネ売上50万で手取り13万!?
ハンドメイド販売の手取り給料について書きました。今回の試算では、売上25万円で手取りは26,358円、50万円で129,510円、100万円で316,147円となりました。根拠と理由について。

ハンドメイド作家の手取り計算方法。売上50万で手取り13万?

個人でも商標登録できる?《費用公開》3つの方法の違いとメリット
私事ですが、先日自分の革製品ブランドdeteの商標登録が完了し、dete®と表記できるようになりました。やっと商標取った。dete...

商標登録を目指す方に参考になる内容です。

インボイス制度で切られる人続出?売上1千万円以下の自営業がやばい
インボイス制度って知ってますか?この記事は、2023年10月に、課税売上1千万円以下の免税事業者にとってとても厳しい時代がやってくることを...

企業とお仕事をするなら知っておく必要があります。

あたれらの使い方と注意点|Twitterプレゼント企画のやり方
あたれらの使い方でわからないことがあります。あたれらを使ったTwitterプレゼント企画。どうやればいい?あたれ...

Twitterでプレゼント企画を行うならぜひ読んでください。

新型コロナウイルス禍に革職人が生き残る為にできること
何を売るか?売る以外にすべきことは?補助金や助成金についてなど、この時代をどう乗り切るかについてまとめました。きびしいことを書きましたが、現実を見つめることで前向きに進む道が見つかるはず。
安い配送業者と契約する前に。ヤマト運輸の宅急便にこだわる理由
自分でECサイトやハンドメイド出品などで、ある程度数がまとまってくると、運送会社と契約して掛けで支払いをした方が何かと都合がよくなってきます...
フリマ出品/ネットショップに必要な道具|あると便利な道具
家でネットショップ運営をする上で便利&快適な環境にしてくれる道具や設備について書きました。こだわれるのが在宅ワーク(自営業)のメリット。愛せる道具を見つけましょう。

撮影ノウハウ

写真初心者でもすぐできる|ハンドメイド作品の為の商品撮影テクニック
「どう撮ってもきれいに写らない!」とか、「素人っぽさが抜けない!」とか、悩みを抱えている方向けに、初心者でもすぐできる商品撮影テクニック(小ネタ)をご紹介します。
商品撮影のライティングテクニック|革製品を撮る
きれいな商品写真を残したいけど、どんな環境で撮ればいいかわからないという悩みに答える記事です。今回は光にスポットを当てました。ストロボと自然光両方で撮った事例(撮り方)を載せていいます。
撮影ボックスで商品撮影するメリットとデメリット
撮影ボックスだけで商品撮影は可能です。もし100点の写真を目指すなら、ライティングの勉強をするなりプロに頼むなりとなりますが、撮影ボックスがあれば、カメラに初めて触る方でも問題無し。

革職人の働き方についての記事

革職人としての生き方、アトリエの環境などについて。

考え方

ハンドメイド作家を応援する本「THE ハンドメイド読本」のご案内
2022年3月に出版した電子書籍「THE ハンドメイド読本」のご案内ページです。ハンドメイド作家を目指す方の背中を押す電子...

本気でハンドメイドで食べていきたい方を応援する一冊。

ハンドメイド作家で独立したい→いつ会社を辞めるべき?11年目革作家が回答
革職人として独立して11年になるデテログのミコガイです。deteという革製品ブランドを運営しています。先日、革作家を目指している方...

脱サラしてハンドメイドで食べていきたい方へ。

「革職人が独立なんて無理。」言われて9年経つけど何か?
「革職人が独立なんて無理。」と言われてそれから私がしたこと。これから革職人を目指す人がいたら、私なら何て声をかけるか?そんなお話です。

時代は変わって、今は本当に多くの独立した職人が活躍していますね。

レザークラフトを仕事にする職人の将来的なリスク|対策は?
革製品を作ることを仕事にして11年になります。石橋をたたいて渡る性格ゆえ、革職人という仕事が10年後、30年後もなり立っているのか...

リスクはあるけど面白い仕事、それが革職人。どんなリスクが?対策は?

革職人で独立したら起こること。孤独ですよ
このページにたどり着いた方の中には、革職人になりたいとか、副業で革製品を作って売るのに興味がある...

私は孤独な働き方も好きです。

革職人って稼げるの?70代女性職人がひと月で手取り70万円www
革製品を作る職人って稼げるの?将来性あるの? そんな疑問に答えていこうと思います。

本当にやり方次第だなと思います。

裁断屋、振り屋、抜き屋、バスコ屋・・・|革関連の職人いろいろ
DeteLogのミコガイです。この記事では、バッグ、財布など革職人業界の知られざるお仕事の分類についてお話ししていこうと思います。あな...
安易にPR記事を書くデメリットと理由【ブログ×企業案件】
安易なPR記事を書くデメリットについて書きました。一番のデメリットは信用を失うリスクが大きいこと。目先の利益の為にリスクを取るのは賢明ではないと思います。

実際に合ったエピソードを元にしたフィクション。企業案件は慎重に考えたいもの。

「ハイブランドと同じ革を使っています」というメーカーにウソはないか?
「ブランドの○○と全く同じ革で作りました」そんな謳い文句を掲げるバッグブランドを時々見かけます。これって本当なの...

結論は、半分本当で半分ウソ。その理由。

働く環境

【10年経験】在宅ワーク一人暮らしのストレス解消法
テレワークや在宅自営業の孤独なストレスに耐える方法についてお話します。具体的に言うと、人と話すこと、人の声を聞くこと、さんぽ、文章を書く、運動するなど。10年の在宅ワーク経験から過去の自分に教えるつもりで解説します。

慣れない在宅ワークのストレスに耐えよう。

革製品ブランド(個人経営)の独立開業にいくらかかる?|結論、約200万円
革製品ブランドの開業にかかる費用の結論は、約195万円でした。その根拠は?内訳は?…最初にそろえる仕入れ、機械、道具もろもろを揃えた概算です。

どれくらいかかるのか試算しました。

スタンディングワーク歴8年のレザークラフト職人が立って働くメリットとデメリットを語る
こんにちは。8年スタンディングワークを続けている革職人のミコガイです。この記事では、スタンディングワークってどうなの?革職人に向いてるの...

立っても座っても作業できる環境は本当に快適です。

革職人のアトリエ紹介|理想を形にした注文住宅です
2019年末に建てたdeteの革職人のアトリエを紹介しています。革職人の作業場とはどんなものなのか?これから同じような家を建てるなら?そんな内容で書いています。
半裁など大きな革の収納方法|棚/紙管を使った収納
大きな革の収納方法に頭を悩ませている方も多いと思います。棚の選び方、必要なスペース、紙管を注文したらいくらかかるのか?おすすめのスチールラック販売店も紹介。

半裁革の収納例を写真で解説しています。

レザークラフトに使う道具、材料、金具の収納方法
レザークラフトで使う道具や金具類の収納のアイディアを紹介しています。すっきりしたアトリエ作りのヒントにしていただけると思います。愛用のブランドは、無印、山崎実業、プエブコなど。

私が実践しているアイディアをシェアします。

スポンサーリンク

革職人の苦悩、むずかしさについての記事

職人がかかえがちな悩み、よく聞く相談などについて。

革職人の私がオーダーメイド受注を辞めた理由
オーダーメイドを受けない理由は二つ。品質を維持できないことと、価格とのバランスが取れないこと。ではオーダーメイドに価値がないかというと、そんなことはなく、既製品では味わえない体験ができます。

少しだけバズりました。

ハンドメイド作品「安くして!」ナメられてるから値切られる?モンスターの撃退法は?
この夏からちゃんとTwitterを始めたdeteのミコガイです。2010年から革製品のブランドをやっています。先日、このツイートが話...
ハンドメイド販売の値段|安売りすると失敗する2つの理由(経験談)
この記事では、ハンドメイド商品の価格設定についての考え方を書いています。ママ友からオーダーもらったんだけど値切られた。これって...

必要以上の安売りは誰も幸せにしないです。

革職人の仕入れに関する記事

仕入れ先、お得な情報、仕入れについての不明点を解消します。

クラフト用ヌメ革販売店〔ネットで買える〕まとめ|買い方と注意点
革を買えるお店のおすすめと、買い方&注意点について書きます。お店はそれぞれ特色があるのでチェックしてみてください。買う時の注意点ですが、まずは厚みに注目してください。使いたい厚みの革なのか?うすく加工してもらうことができるのか?

クラフト用ヌメ革の販売店紹介。

革職人が通う金具店と道具店その他|浅草・蔵前【小売り可の問屋】
革職人が本当に使っているお店を紹介。小売りしてくれるお店を集めましたので、レザークラフト初心者の方も気軽に利用できます。人気の真鍮金具や、エクセラなどの高級ファスナーの取扱店も。

プロ向けだけど小売りもしてくれるお店を紹介。

革を最安値で買う方法|浅草店舗/楽天/Amazon編
レザークラフト用の革をできるだけ安く買いたい!そんな方に役立つ浅草の革販売店舗紹介とネットでの上手な買い方をお話しします。なお、掲載し...

安く買えるお店紹介です。試作用に。

レザークラフト初心者が浅草の革問屋から仕入れるメリットと方法
2019年に書いて2021年に一部加筆した内容です。一部古い情報もあるということをご理解ください。デテログコロナ禍の状況に配慮し...

問屋で革を仕入れるときのお作法など。

革のバッグや財布のハンドメイドに使える芯材ネット販売店まとめ
革職人の仕入れ先公開。バッグや財布のハンドメイド、レザークラフトに使える芯材が手に入るショップにしぼって紹介します。ものづくりを趣味にする方にお役立ていただけたらうれしいです。

芯材の仕入れ先をお教えします。

レザークラフト用金具のネットショップ19選|金具の種類も紹介
金具のラインナップが豊富で欲しいものが見つかりやすいレザークラフトショップ、他では買えないオリジナルアイテムを取り扱っているショップを網羅しました。

金具の仕入れ先一覧。

ボタン、ホック、ヒネリ、錠前|財布やバッグの留め金具まとめ
ハンドメイドで財布やバッグを作るのに使える革製品用の留め金具をまとめます。ホック、ギボシ、バックル、美錠、ヒネリなど、用途や好みに合わせて好きなデザインが選べるのがハンドメイドのいいところ。

財布やバッグに使える留め具の種類。

レザークラフト金具のメッキの色と素材(真鍮、亜鉛合金、鉄)
レザークラフトで使われる金具には真鍮無垢の他、亜鉛合金や鉄などがあり、多くの場合メッキや塗装したものを使います。メッキの種類はさまざまですが、多いのはニッケル、アンティーク、ブラスメッキ、本金など。

金具の素材とメッキのあれやこれや。


随時追加していきます。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました