初心者がハンドメイド作品をネット販売する方法と私の失敗談

ECサイト運営
スポンサーリンク

こんにちは。deteのミコガイです。

先日、ハンドメイドアクセサリーをネットで販売をしようとしている知人にサイトの始め方をレクチャーしました。

かくいう私も、2010年頃は、その方と同じようにどう売ったらいいかわからず困っていたものです。

私の9年間の経験や知識が少しでも役に立てばと思い、当時の自分に説明するつもりで、その内容をシェアしたいと思います。

 

昔のミコガイ
昔のミコガイ

ハンドメイド作品をネットで売るならどうすればいいですか?

ミコガイ
ミコガイ

お答えしましょう!

もちろん、9年前と今では事情が変わっています。今のネット環境に置き換えた内容でお話ししていくのでご安心を。

スポンサーリンク

ネット初心者がハンドメイド作品を販売する方法

いきなりですが、今日一番のキーポイントを話します。

ネット初心者がハンドメイド作品を販売するなら、まず最初にこれをしましょう。

ミンネBASE、そしてSNSを始めよう!

minne

BASE

2019年時点ではこの3本立てで運営するのが一番賢いやり方かなと思います。

理由は、全部無料でリスク無しで始められるのと、それぞれの短所を補い合えるから
詳しく説明すると、
ミンネはたくさんの人の目に付く可能性があるのですが、他の作家さんのページにも流れやすく、あなたのページだけを見てくれるとは限りません。

その点、BASEは自分だけのページを見てくれる確率も上がり、また決済手数料もモールより低めです。ただ、これだけだと集客が見込めません。

そこで、SNSであなたのファンを作り、BASEやミンネにつながる道筋を作ってあげるのです。

もし、あなたがすでに人気の作家さんか、SEO(検索上位に表示させるテクニック)で大企業相手に勝てる自信があるのなら、ミンネかBASEだけでも十分です。

ですが、売り方を探してこのページにたどり着いた方のほとんどは、9年前の私と同じで、これからどうにかしようと思っているんですよね。

 

ミコガイ
ミコガイ

それなら答えは一つです。3つともやりましょう!

これらの3本柱を有効に使って、たくさんのお客さまが来てくれる素敵なネットショップ作りを目指しましょう!

ここからは、それぞれの詳細とデメリットについてもお話ししていきます。

ハンドメイド作品の販売アプリ|おすすめは『ミンネ』

昔のミコガイ
昔のミコガイ

ミンネって何?

ミコガイ
ミコガイ

ハンドメイド品専門のAmazonとか楽天のようなサービスです。
個人の作家さんがたくさん出店していて、ハンドメイド作品が好きなお客様が利用しています。

この手のサイト(アプリ)はいろいろありますが、なかでもおススメはミンネ。minne

利用者数が日本一のハンドメイドモールなので、他社に比べてお客様に見てもらえるチャンスも多くなります。

気になるコストですが、ミンネは出店も出品も無料です。

売れた時に手数料として商品代金の10%が引かれます。

実店舗に委託販売した場合、20~40%は手数料がかかりますよね。
それを考えると、いい時代になったなぁと思いますね。

ミンネに出店するデメリット

無料で出せるので特にありませんが、出していきなり注文がバンバン入るようなイメージはしない方がいいです。

よほど独創的で、「欲しい!」と思ってもらえる作品でないといきなり売れることはありません。
昔のミコガイ
昔のミコガイ

じゃあこれから始めようとしてもムリ?

ミコガイ
ミコガイ

そんなことはないです。良いものは注目されますし、InstagramなどのSNSと連携してお客さんにアピールすることで人気作家になれるチャンスがあります。

いいねがたくさん付けば注目も高まり、運営からプッシュしてもらえることもあるでしょう。

少しずつ力を付けていき、成果を感じる楽しさを知って欲しいです。
minne

メルカリにハンドメイド出品するのっておすすめできる?

正直おすすめできません。

理由ですが、メルカリには値切る文化があるのと、出品することでブランドイメージが下がる可能性があるから。

出品はカンタンなので、試験的に販売するとか、お小遣い稼ぎでちょっとやってみるくらいに考えるならいいのかもしれません。

無料のネットショップアプリで販売するならBASEかSTORES.jpがおすすめ

昔のミコガイ
昔のミコガイ

無料で出せるネットショップがあるって本当?

ミコガイ
ミコガイ

本当です。初期費用無料、定額費用無料で売れた時に手数料がかかります。
今のところBASEとSTORES.jpの2強体制。

BASEとSTORES.jpどちらを選べばいいの?

BASE

STORES.jp

ぶっちゃけ、どちらを選んでもかまいません。

というより、現在日本の無料ネットショップ業界はBASEとSTORES.jpの2強となっている為、抜きつ抜かれつで今後も競争が続いていくことが予想できます。

  • 2019年現在、無料でできる機能面はほぼ互角です。
  • 手数料はSTORES.jpの方が若干安いです!

私が無料ネットショップ(サブ的に使っている)を始めたころはBASEが優勢だったので、deteではBASEのみに出店しています。

今から私が始めるとするなら、両方契約してしばらく使い、管理画面の使い心地やデザインの悪い方を解約します。

 

BASEとSTORES.jpに出店するデメリット

こちらも出店した時点でのデメリットは無いですが、

最初はミンネ以上に売れません。知名度がない状態でいきなり売れたら奇跡です笑

 

昔のミコガイ
昔のミコガイ

じゃあ出す意味ない?

ミコガイ
ミコガイ

いいえ。あります。

理由は、ネットで販売するなら、ベースになるネットショップが必要だからです。

InstagramやTwitterなどでできたファンに商品を買ってもらう為には、ネット上の決済ページが必要です。その為には、自分だけのお店があることがベターです。

ミンネじゃだめなの?

ミンネでも買ってもらうことはできますが、ホームページにはなり得ません。

ミンネの場合、お客さまは他の作家さんのページに目移りしてしまうかもしれません。
そして、お客様には「ミンネで買った。」という意識が残り、あなたの〇〇というブランドを買ったと感じにくい。

ミンネは自分を知ってもらう為のツールと割り切りましょう。ブランドアピールができて手数料の低いBASEかSTORES.jpにも力を入れるのがベターだと思います。

BASE

STORES.jp

スポンサーリンク

ハンドメイドアカウントを作るならInstagramがおすすめ

昔のミコガイ
昔のミコガイ

どうしてInstagramなの?

ミコガイ
ミコガイ

写真と動画でアピールできて販売ページにリンクまでできるから。

Instagramのビジネスアカウントというものを作ると、ミンネやBASEのページを連携することができます。

連携すると、Instagramのフィードから注文ページにダイレクトでリンクできたり、個人ページに、商品の一覧画面を設置できたりします。

こんな感じの商品一覧画面を設置できます。

この中の一つをタップすると、

 

ウェブサイトへのリンクが出現し、ここをタップするとミンネやBASEの商品詳細ページに飛ぶことができます。

便利です😊

Instagram - Google Play のアプリ
- Instagram from Facebook 友達とつながったり、近況をシェアしたり、世界各地からの最新投稿をチェックすることができます。自分らしさを表現できるコミュニティで、日常の出来事から一大イベントまで、さまざまなコンテンツをシェアしましょう。 楽しく表現して、友達とつながる * 24時間後に消えるス...
‎Instagram
‎Instagram from Facebook - 大好きなことやフォローしたい人とつながるための無料アプリです。 友達とつながったり、近況をシェアしたり、世界各地からの最新投稿をチェックすることができます。自分らしさを表現できるコミュニティで、日常の出来事から一大イベントまで、さまざまなコンテンツをシェアしましょ...
スポンサーリンク

失敗談・・・。ネットショップ閉鎖でアクセス激減

ここからは、私がネット販売を本格的に始めたときの失敗談をご紹介します。

ネット販売を始めようと思っている方には参考になるのではないかと思います。

私がハンドメイドを始めた当時は、今のサイト(dete.jp)ではなく、昔の無料のサービスを利用していました。

技術も写真も文章もヘタながらも多少アクセスがあるサイトでしたが、自由度が高くて後々まで残せる新しいサイトを作りたくなり、今のショッピングカートと契約しました。

この時、当時の私は黒歴史の旧サイトを削除してしまったのです😱
旧サイトのアクセスを利用してうまくつなげればいいものを・・・

結果、スタートダッシュに遅れて苦労しました💦

 

「旧サイトを削除しないことが教訓なんですね!」

となりそうですが、実は、ここでしたい話はそれではありません。

無料の手軽なサイトで安易に始めずに、最初からしっかりした自社サイトを作っておけばよかった。
これが今日の話の中で2番目に大切なことです。

ネットの引っ越しは、現実の引っ越しよりも大変で、大きなリスクを伴います。

正しい方法でサイトの評価を引き継げないと、何年もかけて構築した資産がゼロになります。

だから、後々のことを考えると、無料の手軽なサイトではなく、最初からきちんとした有料のネットショップを作った方がいい。

また、有料のサイトをおすすめする理由の一つに、無料サイトの継続性のリスクがあると考えています。

無料のネットショップは、新興事業が多く、会社として利益を継続してあげていけるかの補償は無いです。各社、大手からの出資を受けていることをアピールしていますが、それでも突然事業から撤退する可能性も十分あると思います。

BASEが上場しそうです。一気に信頼性が上がった感じ。

https://binc.jp/press-room/news/press-release/pr_20190920

その点、老舗のネットショップは業績が安定している会社が多く信頼感は高いです。
特に、ショップサーブは、は上場企業の(株)Eストアー4304が運営しています。
経営状況が見えるので、この辺りも参考にしながら検討してみてもいいのではないでしょうか?

ショップサーブ

MakeShop

とはいえ、いきなり有料のショップを開くのはハードルが高いと思う方も多いと思うので、

まずはBASEで練習しつつ、有料サイトの資料請求(ショップサーブ)や無料体験(MAKESHOP)をしてみてはどうでしょうか?

 

しつこく勧誘されそうで心配。

 

という方もいるかもしれませんが、心配になるようなことは無いと思っていいです。

もちろん、最低限の確認の電話やメールは来るかもしれませんが、辞めるなら連絡が来たときに断れば問題ないです。私も数社を並行して契約し、検討したうえで今のサービスを選び、それ以外は無料体験中に解約しました。

 

うちで現在使っているのはショップサーブです。

担当の方が定期的に電話をくれたり、いつでもメールで問い合わせできるので、BASEと比べるとやはり安心感が違います。

タイトルやHタグでのSEO対策もできるし、エクセルでまとめて商品管理もできるし、FTPソフトも使えるし、グーグルの広告と連携もできる。

昔のミコガイ
昔のミコガイ

何それ。全然わかんないです。

ミコガイ
ミコガイ

運営しながら少しずつ勉強すれば大丈夫。今の私はわかるようになりました。

安心して使えるサービスを選び、ショッピングカート+ミンネとかのように複数の入り口を作ってリスクを分散させましょう!


 

補足として、さらに売上アップを目指すなら楽天市場

に資料請求してみるのもいいのではないでしょうか。

勉強の為だけに取り寄せても価値があるかもしれません。

最新のものはわかりませんが、私が取り寄せた当時の資料は、無料ながらもなかなか読み応えがあって参考になったように記憶しています。

ハンドメイド作品をネット販売する方法のまとめ

初心者がネットでハンドメイド品を販売するなら、ミンネ、BASE、Instagramの3本柱を用意しましょう。
それぞれの役割は以下の通り。

  • ミンネ・・・知名度を広めつつ販売も
  • BASE・・・販売
  • Instagram・・・ファンの獲得

リンクはこちら。

BASE

STORES.jp

有料ネットショップの資料請求&無料体験はこちら

ショップサーブ

MakeShop

より高いレベルのショップを作ろうと思ったら導入を検討する価値はあると思います。

 

たくさんの方がハンドメイドに興味を持って、ものづくりの輪を広げていけたらうれしいと思います。

以上、deteでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました