商品撮影のライティングテクニック|革製品を撮る

ネットショップ運営

室内での商品撮影方法(いわゆるブツ撮り)について書きます。

なお、私は撮影のプロではありませんが、10年間の試行錯誤の結果、ほぼほぼイメージ通りに撮れるようになりました。

たとえば、

こんなのとか

こんなのとか、

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

シザーケースS10-5

dete(@dete.jp)がシェアした投稿 –

こんなのを撮っています。

ミコガイ
ミコガイ

イメージ通りに撮れれば表現や発信の幅が広がりますよ。

いくつかのパターンのライティング仕上がりを載せてみます。

参考にしていただけたら幸いです。

この記事の内容
  • ライティングごとに、どんな仕上がりになるかを公開
  • その写真をRAW現像するとどう変わるのかを公開
なお、写真内では専門的なストロボなどが登場しますが、必ずしもこういう道具を使う必要はありません。普通のLEDや窓から差し込む光に応用できる例として載せています。

大切なことは、被写体に対しての光の角度と、それを受け止めるカメラの位置です。

RAW形式で撮影されたデジタルデータの色や明るさを補正し、JPEGやTIFFなどの画像ファイルに変換すること。
lightroomやSILKYPIXなど、専用のソフトが必要です。

この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・職人歴10年/元・美容師

【デテログはこんな方向け】
・レザクラの腕を上げたい
・革のケアの腕を上げたい
・「革」に詳しくなりたい

【日曜】【水曜】【たまに金曜】
深夜0時に記事アップします。

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

革製品の商品撮影ライティングテクニック|事例集

撮影風景

まず革製品を撮る時にポイントになるのは、革独特の質感をどう生かすか?です。

これから載せる写真を拡大してみてください。どんな質感に写っているかにも着目していただけたら幸いです。

ライティングの種類は、自然光でも、外付けのストロボやLEDを使っても、どのライティングでもOKです。

それでは、商品撮影のライティング事例集の始まりです。

ライティング事例集

  • 各ライティングごとに写真を3枚ならべています。
  • ならびは、撮影風景/仕上がり写真/RAW現像後の順です。
  • 写真タップで拡大できます。

事例1(ストロボ・フルサイズ一眼)

被写体奥の高い位置から、約45度の角度で照らしました。

手前にレフ板を置いています。レフ板はただの白い画用紙です。

カメラは真上90度の位置。

詳細商品撮影に便利なブツ撮り専用レフ板(自立する)の作り方

事例2(ストロボ・フルサイズ一眼)

革製品ではありませんが、光の当たり方を参考にしていただければ。

ストロボの光源は右から、正面のロールスクリーンがレフ板代わりに。

カメラは上45度くらいの位置から見下ろしています。

黒く潰れたカメラ底面を明るくしたい場合は、左側にレフ板を置きます。

事例3(自然光・コンデジ)

アンティークの双眼鏡ケースを被写体にしました。

どんな撮影でもそうなのですが、ミックス光を避けると色のコントロールがしやすいです。

ミックス光というのは、色の違う光が混ざってしまっている状態のこと。目で見ると自然でも、写真に撮ると部分的に色がかぶって写ってしまいます。

この撮影では、室内の照明を消し、ガラス戸越しの光だけで撮影しています。

なお、このシチュエーションでスマホ(Huaweiの2万円台の)で撮影するとこんな感じ☟。

RAWが撮れないカメラなので、JPEGを補正しています。

撮り方によっては格安スマホでも全然アリな気がしてきましたw

光源(照明) の位置による違い

次は、被写体とカメラの位置を変えずに、光源(ストロボ)の位置と向きを変えたらどうなるかを比較してみます。

事例1(LEDワークライト・フルサイズ一眼)

事例2(ストロボ・フルサイズ一眼)

光の向きが変わるとどれだけ写りが変わるかを実感していただけたかと思います。

これは、ストロボでも普通の照明でも原理は同じ!応用可能です。

特に、アクセサリーなど小さな被写体を撮る場合や、財布の一部分を強調するような撮り方だったら、LEDのワークライト一つでいろんな撮影が可能。

例えば、動画内で使っているZライトとか。

山田 LEDアームスタンド Z-108LED-B
山田照明(Yamada Shomei)
¥9,575(2020/06/07 16:54時点)
明るさ(lm):706

これは本当に使いやすいワークライト。

お求めやすくて近い性能のIKEAのワークライトについて☟で書いているのでよろしければご覧ください。

商品撮影ライティングのまとめ

横から光を当てると、パキッと硬質な写りになり、質感が強く出ます。

商品の素材感や手触りを表現するなら有効な方法です。

逆に、カメラの位置そのままで光の位置を高くすると、全体に光が回り、柔らかい質感に写ります。全体像を写すならこちらの方が見やすい写真になります。

照明の位置や、自然光なら被写体の位置、カメラの位置をほんのわずか変えるだけで写りはまるで変ります。

工夫しながらいい作品を残してみてください。

グッドラック👍


私はこの本で物撮りを勉強しました。

ブツ撮りの教科書
エムディエヌコーポレーション
¥3,773(2020/06/07 16:54時点)

この記事の撮影機材

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750
Nikon
¥114,330(2020/06/07 16:16時点)
高密度51点AFシステム
TAMRON 単焦点マクロレンズ SP90mm F2.8 Di MACRO 1:1 VC USD ニコン用 フルサイズ対応 F017N【シフトブレ対応】
タムロン(TAMRON)
¥62,400(2020/06/07 16:16時点)
「伝説のマクロレンズ」の異名を持つTAMRONの90mmマクロレンズの最新モデル
Nissin ニッシンデジタル Di700A ニコン用 【NAS対応】
NISSIN
¥25,300(2020/06/07 16:54時点)
ご購入前に製品対応リスト( https://www.nissin-japan.com/compatibilitychart/ )でお手持ちのカメラに使えるかどうか必ずご確認下さい。
ソニー コンパクトデジタルカメラ サイバーショット Cyber-shot DSC-RX100M5A
ソニー(SONY)
¥92,350(2020/06/07 16:54時点)
ファストハイブリッドAFシステムと高速連続連写
UNPLUGGED STUDIO 43インチ ホワイトアンブレラ UN-012
UNPLUGGED STUDIO
¥3,300(2020/06/07 16:54時点)
サイズ(照射面直径):43インチ(約110cm)
UNPLUGGED STUDIO 41インチアンブレラ用ディフューザー 汎用タイプ UN-022
UNPLUGGED STUDIO
¥2,750(2020/06/07 16:54時点)
41インチサイズのアンブレラディフューザー。
SWELLFLOW ストロボ ホルダー アルミ製 アンブレラホルダー
SWELLFLOW
サイズ: 全長 10.5㎝ 直径 約2.5㎝ 傘芯穴径 約8mm シュ―部分 3.0x2.5㎝ 【重量 約145g】
NEEWER プロ ライトスタンド 6.23ft(190cm) アルミ製 【並行輸入品】
NEEWER
¥1,990(2020/06/07 16:54時点)
アルミ製のスタンドで、積載能力が強いです。

記事内で紹介したブツ撮り用レフ板の作り方

初心者向けの商品撮影テクニック記事を書きました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました