電子書籍『革職人になる方法』販売中>>

オイルレザーってどんな革?手入れと扱い方の注意点

革の種類と専門知識
この記事の内容は2022年09月16日に更新されました。

オイルレザーのあれこれについて革職人が解説します。

こんな方に向けた内容です

オイルレザーって他の革と何がちがうの?

 
 

お手入れ方法は?

どんな製品に使われてるの?

などについてお話します。

この記事を書いた人
dete

プロフィール

・レザーブランド"dete"の代表
・出版書籍『革職人になる方法』Amazon手芸本1位獲得

※当サイトはリンクフリーです。リンクの貼り方についてをご覧ください。
※当サイトのAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングリンクを経由してお買い物をすると、各リンク先より当方に広告収入が支払われます。

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

オイルレザーってどんな革?

オイルレザー
イタリアンレザーE.gemini

名前の通りオイルを多く含んだ革

オイルレザーは、なめした後にオイルを染み込ませた革の総称のこと。

ミコガイ
ミコガイ

オイルが多く入っていれば、クロムなめしであろうがタンニンなめしであろうが、全部ひっくるめてオイルレザーです。

疑問がある女性

でも、オイルが入っていない革なんてあるの?

と思ったアナタはするどい!

基本的に、革はなめす前に油脂を抜いて、仕上げにまた入れ直す工程があります。
なので、厳密に言えば油分がゼロの革は無いです。

じゃあ、オイルレザーとそうでない革の違いは何かというと、後から油分をたっぷり染み込ませた革がオイルレザーで、油分をあまり感じないさらっとした革はオイルレザーでないという曖昧な答えになります。

きちんとした定義はありませんので、上記のように覚えておけばいいかと思います。

オイルレザーの代表的な革と質感。

エルバマットクロムエクセル、ミネルバボックスなどが代表的。

しっとりした手ざわりが特徴で、使い始めはマットな質感の場合が多いです。

通常の革よりも経年変化が早いのも特徴。

中でもタンニンなめしのオイルレザーは、経年による色変化がしやすく、素のヌメ革に比べてそのスピードが速い傾向があります。

タンニンという植物性の成分でなめされた革のこと。水濡れに弱い、日焼けしやすいなどの特徴があるが、その他の革には無い独特の味わいがあり、根強いファンが多い。

関連記事

オイルを含ませる理由

理由はいくつかありますが、主なのは以下の3つ。

オイルを含ませる理由
  • 革を柔らかくするため
  • 防水性を上げる為
  • 風合いを良くするため

柔らかくするため

オイルを含ませると革は柔らかくなります。

素材として柔軟性が必要な場合に、オイルを多めに入れて柔らかくすることがあります。

オイルレザー製品の柔らかさを保つには、定期的に油分やその他の保湿成分を補ってあげる必要があります。

保湿成分を補うにはクリームを使うのが最適。こちら☟で解説しています。

ヌメ革財布用クリーム|おススメ3選と選び方&実験結果
ヌメ革の財布や名刺入れのお手入れに使うクリームは何を選べばいいの?いろいろあるけど何が違うの?こんな...

防水性を上げる為

革が含んだ油が水をはじいてくれるので、ワークウェアやアウトドア向けの素材として古くから使われてきました。代表的なものがレッドウィングや昔のホーキンス。

小傷がついてもブラッシングで元に戻りやすい素材なので、ワークブーツや登山靴にも最適です。

風合いを良くするため

オイルがたっぷり入った革は、しっとりとし手ざわりと深く鈍い色になり独特の雰囲気を醸し出します。

この雰囲気にハマってしまう人が多数。

オイルレザーを選ぶメリット

オイルレザーは、他の革に比べてカジュアルな印象を与えてくれます。カチッと決めすぎな雰囲気になりにくく、休日のリラックススタイルに合わせやすい革製品と言えるでしょう。

経年変化が早いのも特徴で、オイルレザー独特のエイジングが楽しめます

オイルレザーのデメリット

オイルレザーを扱う上で一番注意しなくてはいけないデメリットは、色落ち(移染)です。

特に、鮮やかなイタリアンレザーをはじめとした染料染めタンニンなめし革は色落ちしやすい革が多くく、注意が必要です。

関連記事 顔料を使っている革は悪い革?染料と顔料のメリットとデメリット

油分が多ければ多いほど移染しやすい傾向が強いので、オイル分の多さを謳っている革の場合は特に気をつける必要があります。

心配な方は、どれくらい色落ちするのか購入前に確認した方がいいかもしれません。

オイルレザーが合うファッション

オイルレザーのサスペンダー

過酷な環境で使うのに向いている反面、ラフな見た目なのでドレッシーな用途には向きません。

オイルレザーのショルダーバッグ

ワークやミリタリーとの相性はばっちり。

昨今人気の、スポーティーなカジュアルスタイルのはずしアイテムとしてもおすすめです。

スポンサーリンク

オイルレザーの代表的な靴やバッグ

オイルレザーといえばレッドウィングという方も多いはず。

コードバンで有名なホーウィン社の人気素材クロムエクセルを使ったジャックパーセル。

クロムエクセルの靴は経年変化も良いです。

参考 7年履いた安藤製靴のチロリアンシューズOR1(クロムエクセル-ボルドー)の経年変化

スペインの革靴ブランドバーウィックのプレーントゥ。こちらもクロムエクセルを使っています。

参考 手染め靴Berwickタッセルローファー|買って最初の手入れ方法

ミネルバボックスのL字ファスナーミニ財布です。

ミネルバボックスはイタリアのバケッタレザーで、日本で特に人気があります。

ブライドルレザーで有名なホワイトハウスコックスの別レーベル「セトラー」のオイルヌバック二つ折り財布。

ヌバックというのは、革の表面を毛羽立たせた革で、マットからグロッシーに変化していく過程が楽しい素材です。

キプリスのオイルコードバンの二つ折り財布。コードバンもオイル多めの加工がされていればオイルレザーです。

【キプリス】二つ折り財布(カード札入)■オイルシェルコードバン&シラサギレザー 4122 (ネイビー×チョコ)
Cypris(キプリス)
¥26,400(2022/07/15 16:36時点)
【素材】表側:馬革 (コードバン) 内側:牛革 (シラサギレザー) 裏地:合皮

オイルレザーの手入れ方法

オイルレザーの手入れ

オイルレザーはオイルがしみ込んだ状態で完成する革なので、オイルが抜けてしまうと不完全な状態になります。

例えばオイルレザーの靴。

オイルが抜けた状態で使ってしまうと、ひび割れの原因になります。

より詳しい革のひび割れと予防策についてはこちら☟

だからきちんとお手入れが必要です。

手入れ方法

基本的なお手入れは、ブラッシングとクリームで保湿。

クリームやオイルは塗り過ぎ注意ですが、ブラッシングは毎日してもいいくらい。

ブラッシングをしないとどうなるか?
  • ほこりが革の油分を吸ってしまう
  • カビが生えやすくなる
  • クリームを塗った時によけい汚れてしまう

デメリットだらけです。

必要な道具

ブラシのおすすめはエムモウブレイのプロブラシ(化繊)。

クリームのおすすめはシュプリームクリームデラックス。

よりオイル多めではっ水効果があるこちらのクリーム「モイスチャークリーム」も良いです。オイルのムラ感がオイルレザーの雰囲気を一層味わい深くします。

[コロンブス] モイスチャークリーム 革小物用 メンズ ムショク
columbus(コロンブス)
¥1,809(2022/07/15 16:21時点)
商品サイズ (幅×奥行×高さ) :2.2×3.9×2.4

登山靴やワークブーツに使うなら、コロニルのラスティカルスプレーがいいそうです(コロニルの営業さん談)

このスプレーの主な成分は、フッ化炭素樹脂と植物性のオイル。

それぞれの効果は、防水性と、防水/柔軟/保湿です。

防水性を高めながら革に栄養を与えることができ、オイルレザーのヘビーな質感も守る
理にかなっていると思います。

革が乾いてしまっている場合は、動物油100%のニートフットオイルを使ってもいいです。

オイルレザーも水洗いできる!?

水洗いは可能です。

注意点もありますので、別記事を読みながら行ってください。

オイルレザーのブーツを水洗いする方法を紹介しました。

驚きのビフォーアフター|オイルレザーブーツを水洗いする方法
ボロボロの革靴を水洗いしてお手入れしました。洗い方、お手入れ方法を動画と写真を交えて解説します。ビフォーアフターで驚いてください。

オイルレザーについてのまとめ

オイルレザーは、なめした後にオイルを染み込ませた革の総称のことです。

とても広い意味での言葉なので、一口にオイルレザーと言っても性質や見た目は千差万別です。オイルレザーだからこうだとか、オイルレザーだからあのブランドと同じ素材だとか、先入観を持たずに判断する必要があります。

一緒に語られることが多いヌメ革についてはこちら☟で書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました