人気急上昇のイタリアンレザー[ELBAMATT]エルバマット

革辞典

ここ数年で人気が急上昇中のイタリアンレザー”エルバマット”です。

 

日本の良い会社が売る色彩感覚豊かなイタリアンレザー

代理店営業のYさんには本当によくしていただいています。革業界って昔から排他的なまま続いてしまっていて、誰かの紹介でもない限りきちんと対応してくれない会社も多いです。その点、この革の代理店さんは、”普通”に対応してくださります笑。別にうちが虐げられているとかではないと思うんですよね笑

昔から悪い風習が残ってしまっている業界なので、こちらの会社さんみたいに新しく参入する会社が出てくれるのは、革や鞄や靴業界全体にとって良いことしかないと思います。それでいてきちんと売り上げも伸びているようなので嬉しい限りです。

うちのブログやHPを見てこの革を知ったメーカーやデザイナーもちらほらいたようなので、少しでも貢献できたのかなと思います。

 

 

さて、この革で作った商品をちらっとご紹介。

 

とにかく色が良いイタリアンレザーです。ただ、うちとしては、この革は縮小していこうと思っています。日本では、この革を作っているテンペスティ社の中ではエルバマットが一番有名なようですが、実はエルバマットよりもずっと良い革をいろいろ作っているので。

にしても、このこってりとした油分を含んだ質感と、染料を惜しまず使った濃い色彩の革は、他のタンナーでは出せない味なのは間違いありません。色数が非常に豊富で、どの色もいいセンスです。私個人としては、スワッチを見ながら一杯飲めるくらいに楽しいです。

 

エルバマットが適した製品

当店の製品では、ブックカバーや財布、キーケースなど、ほとんどの製品に向きます。

エルバマットが適さない製品

鮮やかな色は使い始め色落ちしやすいです。体に触れるカバンやサスペンダーなどに使うには注意が必要です。

 

お手入れ方法

油分が多く、染料をたっぷり使っているので、経年変化がキレイ。だから余計なお手入れは必要としません。基本はこまめなブラッシングを。油分やロウの多いケア剤は使わない方が吉です。

 

 

深みのある色彩としっとりとした革質を愉しむ

Il Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale(イタリア植物鞣し本革組合)に加盟するTEMPESTI社製のタンニンなめし革。特許取得の独自のブレンドで牛脂と魚脂を配合し、粘りのあるしなやかさマットな質感を表現しています。

使い始めは傷が付きやすく、色落ちもしやすいです。しかし、使い込むと革が持つ脂による皮膜が形成され、唯一無二の風格を漂わせます。
深く浸透した油脂の影響でとても経年変化が早く、その他の素材に比べて早い段階でエイジングの楽しさを実感していただけるかと思います。

新品時や気温変化や保管状況により、表面にブルームが浮き、白っぽく見えることがありますが、拭き取ることで地の美しい色合いが顔を出します。

微妙な色合いは類を見ない美しさで、職人の繊細な技術と色彩感覚の鋭さを垣間見ることができます。

・なめし・・・ タンニンなめしスムース マット仕上げ(使ううちにツヤが増します)
・原産 ・・・ イタリア
・硬度 ・・・ ★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)
・Col. ・・・agaveブルーグリーン/prugnaワイン/fieno赤茶/giallo黄/piomboグレー/navyネイビー(限定)
・厚さ ・・・ 1.9~2.0mm
・価格 ・・・ ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

 

タイトルとURLをコピーしました