革製品の扱い方と楽しみ方【ビギナー向け】長く使う、ケア、経年変化

革製品の扱い方と楽しみ方【ビギナー向け】長持ちする使い方、レザーケア、経年変化革製品のお手入れ

革製品の扱い方、作り手が推奨する使い方、基本の手入れなどを語ります。

革に詳しくない方に向けた内容になっているので、気軽に読んでいただけたらうれしいです。

この記事を読むと、こういう☟疑問☟が解消できるかも。

革の財布ってどうすれば汚れない?

革製品を長持ちさせる方法ある?

革のスマホケースも手入れが必要?

このような革に関する疑問を解消することを目指した記事です。

「革製品はじめて使う。」とか、

「革って何がいいの?」と思っている方にお役立ていただけると思います。

この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・職人歴10年/元・美容師

【DeteLogはこんな方向け】
・レザクラの腕を上げたい
・革のケアの腕を上げたい
・「革」に詳しくなりたい

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

革製品を長持ちさせる扱い方

革製品を長持ちさせる扱い方
 
 

プレゼントで革の財布をもらいました。

革製品って初めてでどうしたらいいかわからない。どう使ったらいいですか?

ミコガイ
ミコガイ

ポイントをまとめます!

初めての方向け長持ちさせるコツ
  • 傷つきやすく、変形しやすい性質を知る
  • 濡らさない
  • 手入れは必要。過保護は✖

革は傷つきやすくて変形しやすい

革は、布に比べるとキズや変形のクセが残りやすいです。

特に、ヌメ革はポケットに入れて使うとすぐに変形、変色してしまいます。
カバンの中の突起物などにも注意!

『それが革のアジ』という考え方もできますが、それはコアな玄人の楽しみ方です。

できるだけ丁寧にやさしく扱ってあげた方が、長く使えて清潔感ある経年変化を楽しめると思います。

濡らさない

革製品は水に弱い。

理由はいくつかあります。

革製品が水(湿気)に弱い理由
  • 革によっては濡れると質感が変わるから
  • 雑菌やカビの原因になるから
  • 接着剤、コバの仕上げを弱くするから
  • 革の油分を落とすから
  • 汚れを浸透させてしまうから

など多数。

余談ですが、顔料仕上げの革、コーティングされた革は一見水に強そうに見えますが、むしろ逆で、特に水濡れに注意が必要な革でもあります。

鮮やかな顔料仕上げ革

どういうこと?

ミコガイ
ミコガイ

水がしみにくい反面、一度しみてしまうと抜けにくい。
その間に雑菌が繁殖したり型崩れを起こしたりしやすいです。
顔料や塗装は完全防水ではありません。

ちなみに、状況によって(汚れがひどい場合)は、濡らすリスクを踏まえた上で水洗いすることもあります。

オイルレザーブーツを水洗いする方法

濡らした後(濡れてしまった後)はきちんとしたケアが必要。

関連記事 

革製品の雨対策まとめ|防水、カビ、濡れた時のケア
雨対策の基本は、防水処理と濡れた後のケアです。信頼できる防水スプレー等を使い、濡れたらすぐに拭く、保湿する、乾くまでしまわないなどに気を付けてください。カビも気になりますが、ある程度の予防と対策はできます。
汗を吸った革ベルトの手入れ方法|表と裏で違います!

汗だくのベルトをそのままにすると、悪臭やカビや変色などを引き起こします。

そうならない為の普段のお手入れ方法をご紹介します。

表まで汗がしみてしまった時の水洗い方法も書きました。

濡れた革財布の手入れ方法|保存版
濡れた革製品の手入れは、普段のお手入れよりずっと大切な作業。正しい知識できちんと行いましょう。そのままにすると革が傷み、財布の寿命は縮まります。さらに、カビが生えやすくなって嫌~な臭いの原因になります。

ケアは必要。過保護は✖

レザーケアメーカー営業さん
レザーケアメーカー営業さん

乾拭きだけでいいっていうのはあり得ない。抜けた栄養は補填しないとダメ。

私自身、乾拭きやブラッシングだけで大丈夫と考えていた時期もありました。

でも、物理的に油分は抜けていくわけですから、抜けた分は足してあげないと当然ダメですよね。

なので、元の状態を保つための最低限のケアは必要

ミコガイ
ミコガイ

スマホケースも革のジャケットもベルトも、どんな製品でも革製ならケアが必要。

でも、オイルやワックスの塗りすぎは逆に良くないです。

ベタベタになって汚れが付きやすくなったり、柔らかくなりすぎて型崩れの原因になったりします。

革製品(財布)を長くつかう方法について別記事で詳しく解説しています。こちらも合わせてご覧ください。

次の章でレザーケアについて少し詳しく解説します。

スポンサーリンク

基本のレザーケア

革製品の基本の手入れ

レザーケアについて掘り下げます。

ケアするメリット

ケアするメリット
  • ひび割れが起きにくくなり長持ちする
  • 汚れを防いできれいに使える
  • しっとりして高級感が出る
  • 退色を防いでいい状態をキープする

デメリットは、コストと少しの手間くらい。

デメリットとはいえ、慣れれば時間はかからないし、コスト面も革製品が長持ちすると思えばむしろ得かと思います。

基本のケア(スエード・ヌバック・爬虫類革以外)

基本の手順

  1. ブラッシング
  2. (防水スプレー)
  3. クリーム
  4. ブラッシング

最低限必要な道具

[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml メンズ CN044021
Collonil(コロニル)
成分:防水剤、炭化水素系溶剤、ナフサ、ブタン、プロパン、ジメトキシメタン、酢酸ブチル、メタノン

革のひび割れ防止と汚れ予防ができる、レザーケアの3種の神器

財布も靴もバッグもいけます。

あとは、余分なクリームを拭き取る用に、古いハンカチやシャツ生地のハギレでもあれば100点です。

基本のケア(スエード&ヌバック)

基本の手順

  1. ブラッシング
  2. スエード用スプレー
  3. 仕上げブラッシング

最低限必要な道具

クレープブラシ スエードブラシ
EQLEF
¥718(2020/07/07 12:30時点)
★【天然素材】天然の柔らかいゴムと高品質のブナ材により作られました。

ゴム製のクレープブラシは汚れ落としと毛並みを整える用途を兼ねます。

スエード用スプレーは栄養を与えながら防水加工ができます。

詳しいやり方はこちら☟

ビルケンシュトック(スエード)のお手入れと失敗例|ボストン&チューリッヒ他
スエードの手入れは、ブラッシングとクリーナー、そしてスエード用のスプレーで防水と保湿を。銀(表)付きの革と違い、スエードのメンテナンスはできることが限られます。汚れ落としや保湿など、基本的なお手入れが大事。

こちらのリンク先では、豚毛ブラシ+ゴムクリーナーを使っています。クレープブラシならそれらを一つで済ませられます。

製品ごとのケア方法

濡れた革財布の手入れ方法|保存版
濡れた革製品の手入れは、普段のお手入れよりずっと大切な作業。正しい知識できちんと行いましょう。そのままにすると革が傷み、財布の寿命は縮まります。さらに、カビが生えやすくなって嫌~な臭いの原因になります。
汗を吸った革ベルトの手入れ方法|表と裏で違います!

汗だくのベルトをそのままにすると、悪臭やカビや変色などを引き起こします。

そうならない為の普段のお手入れ方法をご紹介します。

表まで汗がしみてしまった時の水洗い方法も書きました。

deteブックカバー(革製)のお手入れ方法
ブックカバーのお手入れは、基本はブラッシングとクリームを。素材による違いも解説しています。具体的に言うと、汚れやすい革なら防水スプレーも必要。ブライドルレザーには専用のクリームを。
シザーケース屋が教える革製シザーケースのお手入れ方法
シザーケースってお手入れした方がいいの?した方がいいなら、どんなケアが必要なの?この記事はそんな疑問...

その他、シチュエーションごとのメンテナンスとトラブル対策についてまとめました☟

革の経年変化の楽しみ

革の経年変化の楽しみ

革が一番美しくなる瞬間は、使いこまれた先にあると言っても言いすぎではないと思います。

そんな経年変化する革の代表がヌメ革(タンニンなめし革)です。

ヌメ革(タンニンなめし革)の経年変化

ビフォーアフターの写真を見比べてください。

ヌメ革は使うことでツヤが増す

ツヤが増し、人の手では作れないシワが良い演出をしています。

キズや色の濃淡がつくるクラシックな雰囲気

キズもいい雰囲気。クラシックな佇まいはタンニンなめし革ならではです。

鮮やかな色が落ちつきをみせる過程を楽しむ

鮮やかなタンニンなめし革(染料染め限定)は、色が落ちつき、渋みが増します。

使い方や、革の個体によってまったく違う表情を見せてくれるのが革の醍醐味です。

使いやすい形に変化するふところの広さ

ビフォー アフター
カードや札などの厚みで膨らんでいます。

平面構造だった財布が、カードや札のカタチに合わせて膨らんでいます。

ユーザーに合わせて使いやすい形に変化してくれるのが革のふところの広さ。

経年変化を楽しむためのメンテナンス

ブラッシングで汚れを防ぎながらガンガン使うのがコツ。

詳しくはこちらをご覧ください☟

革製品のお手入れ方法 ~美しいエイジング編~
はじめに一口に革のお手入れといっても、素材ごとにベストなやり方は違います。この記事では、味が出るタンニンなめし革(ヌメ革)のキレイ...

なお、防水スプレーでエイジングがストップすることがあるので注意が必要です。

実際に検証して確認しました。

四区分のうち左二つは防水スプレー無し、右上が格安防水スプレー、右下がコロニルの防水スプレーをかけ、1年放置した革です。

キレイに使うことを優先するのか、エイジングが早く進むことを優先するのか好みで選びましょう。

革製品のお手入れ方法 ~美しいエイジング編~
はじめに一口に革のお手入れといっても、素材ごとにベストなやり方は違います。この記事では、味が出るタンニンなめし革(ヌメ革)のキレイ...

クリーニングすると経年変化は台無し?

エイジングしてツヤツヤになった革にクリームを塗った時や、クリーナーを使った時、一時的にツヤが無くなり、曇ったようになることがあります。

エイジング好きな方ならちょっとがっかりしてしまうかもしれませんが、全く問題はないです。

ブラッシングしてあげることである程度戻ります。完全に戻らなかったとしても、使っていくうちにすぐツヤが出てくるのを実感できるはず。

エイジングは3歩進んで2歩下がるイメージ。積極的に手入れしながらじっくり育てましょう。

まとめ

革に今はまだ詳しくない方、これから楽しみたい方に向けて、革の扱い方と楽しみ方について書きました。

革を長く使うコツをまとめると、

初めての方向け長持ちさせるコツ
  • 傷つきやすく、変形しやすい性質を知る
  • 濡らさない
  • 手入れは必要。過保護は✖

手入れの基本はブラッシング。そして保湿と防水です。

この3つだけ持っていればほとんどの革製品に対応できるので安心です。

[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml メンズ CN044021
Collonil(コロニル)
成分:防水剤、炭化水素系溶剤、ナフサ、ブタン、プロパン、ジメトキシメタン、酢酸ブチル、メタノン

革製品の醍醐味は、美しく変化する色や風合いと、使いやすく馴染んでいく経年変化。

お手入れをしながら大切に使って、革の味を存分に楽しんでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました