最高のシボ革E.geminiとエルバマットの経年変化写真

革辞典
スポンサーリンク

最近ちまたでも人気のエルバマット(ELBAMATT)と、自分史上最高のシボ革E.geminiの経年変化写真を集めてみました。

Mさん

エルバマットってどんな経年変化するの?

E.geminiの経年変化がみたいなぁ。

っていう疑問を持っている方や、革の経年変化が好きで好きでたまらない方に喜んでいただける記事です。

なお、記事中に出てくるE.geminiは、エルバマットを元に弊社特注で製作してもらっているテンペスティ社のシボ革です。

アリゾナ、トスカーナリスシオ、ミネルバボックス、栃木レザーバケッタ他、10種類以上のタンニン鞣しのシボ革で製品作りをした経験がありますが、その中での最高峰は文句なしにE.geminiでした。

最高峰といえる理由の最たるものが美しい経年変化

詳しくお話していきましょう。

スポンサーリンク

エルバマット(イタリアンレザー)経年変化写真集

エルバマットの色変化はどうなの?

A:素晴らしいです。
どこが素晴らしいの?
A:次第に増していく光沢と渋みを増す光沢の変化。

E.geminiの経年変化はどうなの?

A:最高です。

どこが最高なの?

A:エルバマットの光沢と渋み+シボ革ならではの立体的な変化

素晴らしい色つやの変化を魅せてくれるエルバマットですが、E.geminiはさらにその上を行く印象です。

E.geminiは、他社のシボ革に比べ、深く立体的なシボが特徴。

それも、型押しではなく自然なシボでこの深みを達成しているから価値がある。

 

早速写真を見ていきましょう。

E.gemini mogano(マホガニー) お客様提供

E.gemini mogano(マホガニー)お客様提供

E.gemini mogano(マホガニー)お客様提供

 

エルバマットcammello(キャメル)お客様提供

 

エルバマット fieno(干し草)

E.gemini navy(ネイビー)

左:新品 右:4年使用

E.gemini lattuga(レタス)

エルバマット giallo

左:新品 右:2年使用

E.gemini lattuga(レタス)

左:1年使用 右:新品

 

エルバマットとE.geminiが持つ唯一の弱点

この素晴らしいE.geminiという革にも弱点があります。

エルバマット/E.geminiは比較的色移りしやすい革だということ。

これは使い方によっては大きなウィークポイントかもしれません。

例えば、バッグに使うには絶望的ですね。大切な洋服を汚してしまいかねない。

ですが、財布やキーケースやブックカバーのような革小物として使う分には問題ないです。

でも色移りは心配よね。

デニムって穿いた(着た)ことあります?

あれってメチャメチャ色移りしますよね。

でも、使い方を考えれば問題なく使えます。

この革もそう。

使い始めて5年ほど経ちますが、問題の報告は一度もいただいておりません

 

まとめ

p9270091-2

E.geminiとエルバマットの経年変化の素晴らしさは画像で十分伝わったと思います。

文字でまとめると、

エルバマットの経年変化のいいところ

  • 次第に増す色艶

E.geminiの経年変化のいいところ

  • エルバマット同様の経年変化
  • 深いシボならではの立体的変化

 

掲載した画像の商品はこちらで見れます。

エルバマットgemini(イタリア製) dete シザーケースとブックカバー 革小物
エルバマットgemini(イタリア製)

コメント

タイトルとURLをコピーしました