ここまで変わる!4年使った栃木レザーバケッタの経年変化。

革製品のお手入れ

3年か4年か使ったバケッタのブックカバーです。

DSC_7731_1

貫録さえも感じる艶と色。素晴らしいですね。どうやってここまで育てたのでしょうか?

こちらのブックカバーの販売店についてはこちら☟

スポンサーリンク

栃木レザーのブックカバーをここまで育て上げた秘訣は・・・何もなし笑

結論から言うと、実は手入れほとんど何もしていません。

一度もクリームを塗っていないし、防水スプレーもしていない。

ブラッシングしつつ使っただけでここまで艶が出ます。

革の凄みを感じますね。

おすすめのブラシはこちら。

なお、栃木レザーと一言に言っても、おすすめのお手入れ方法が違います。
分類ごとのお手入れ方法を別に紹介していますので、詳しくはこちらをご覧ください。

まだまだ現役の途中経過。これからも楽しみです。

スポンサーリンク

革の経年変化を台無しにするお手入れ方法

革のお手入れでしてはいけないこと。それは、過保護なメンテナンス

時々、革を愛するがあまり、そして物を大切にするがゆえに、購入してすぐにクリームやワックスを塗ってしまう方がいます。

かさっとしたヌメ革ならともかく、新品のオイルレザーにクリームを塗っては油分過多でいい影響はありません。お手入れはほどほどにしてあげましょう。

じゃあどういうメンテナンスがおすすめなの?

経年変化を良くする革のお手入れとは?

お気に入りの財布だから、手帳だから、ブックカバーだから、きれいにエイジングさせて、汚れさせずに長く使いたい!わかります。革への愛が止まらないのですね。

革の正しいお手入れには、正解不正解があります。不正解は先述の過保護メンテや、間違ったケア剤選びなどがありますが、ここでは、正解のメンテ術をさらっとご紹介します。

これが正解!きれいなエイジングを目指す為のレザーメンテナンス

  1. 何よりもブラッシング
  2. 状況に応じて防水スプレー
  3. 状況に応じてクリームやゲル系ケア剤

1、何よりもブラッシングが大切

ブラッシングの目的は、日々の革の汚れを落とすこと。汚れは美しいエイジングの大敵です。そして、ありがたい副作用として、適度な摩擦が加わることにより、革の表面が整って小傷が隠れ、美しい光沢が現れます。

おススメのブラシはこちら。

適度な弾力で使いや水ブラシです。
毛が抜けることもほとんどなく、太さも均一。品質が安定しているのも特徴。

革職人が選んだベストな革用ブラシに検証写真を添えて。

こちらはブラシの選び方について書いた記事です。

2、状況に応じて防水スプレーを

水に濡れる機会が多い場合はためらわずに防水スプレー。時々防水スプレーを嫌うプロの意見をネット上で目にしますが、これは間違いです。水に濡れて革がダメになるリスクは、防水スプレーが革に与えるダメージよりもずっと大きいです

なお、これはあくまでも水濡れが多い製品の場合です。例えば靴とか、理美容師用のシザーケースとか。お財布や手帳みたいに、濡れるケースが少ない場合は防水スプレーをする必要はなく、むしろしない方がベター。

何でもかんでもすればいいというわけではありません。

それともう一つ大事なことは、フッ素系の防水スプレーを使ってください。シリコンタイプはおすすめしていません。

おススメはこちら。

[コロニル] 防水スプレー ウォーターストップ 400ml メンズ CN044021
Collonil(コロニル)
成分:防水剤、炭化水素系溶剤、ナフサ、ブタン、プロパン、ジメトキシメタン、酢酸ブチル、メタノン

防水スプレーについて詳しく説明しています。よろしければご覧ください。

状況に応じてクリームやゲル系デリケートクリームを塗布

バケッタやE.geminiなど、オイルがたっぷり入った革の多くは、クリームやゲルによるお手入れは、数年の間はほぼ不要。

必要になるケースというのは、やはり水に濡れる機会が多い場合や、紫外線を浴び続けるような使い方をした場合、長く使って革が劣化した場合など。

こういった使い方の場合、革表面の油分が無くなり、革が乾いたようになってしまいます。こうならないように、油分や保湿成分を補ってあげましょう。お肌のケアと同じです。

品質、香り、使いやすさ、コスパを考えて、私がおすすめできるケア剤はこちら

☝香りがいい。

このシュプリームクリームデラックスなら、万が一つけすぎてしまったとしても、状態が著しく悪くなったりすることはないと思います。

☟の記事は、きれいなエイジングの為のお手入れとはどんなものか?にフォーカスして書きました。

革のお手入れに興味がある方は是非ご一読を。

栃木レザーのお手入れについて詳しくはこちら☟をご覧ください。

栃木レザーの経年変化についてのまとめ

良い革は、何もしなくても素晴らしいエイジングを見せてくれるものです。

ただし、革の種類によってはお手入れが必要だし、ハードな使い方をするならその場合も必要。

適切なお手入れをしながら革を楽しみましょう!

防水スプレーの吸引を原因とする健康被害が報告されています。必ず屋外で使用する、顔の近くで使用しない、マスクを使用するなど、商品の注意書きを守り、正しく使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました