裏打ちをマスターするだけでレザークラフトの腕が上達する本当の話

レザークラフト講座
スポンサーリンク

“裏打ち”って知ってますか?

レザークラフターなら、知らないと恥をかくレベル。

マスターしておいて損はない技術です。

 

簡単に説明すると、革の補強や質感の向上を目的に、革の裏に別の革や芯材をべたっと貼り付けることをいいます。

例をあげると・・・

うすく漉いた硬い栃木レザーの裏に、もっと薄い羊革🐑を裏打ちすると、まるでボックスカーフや最高級の山羊革🐐のような、繊維の引き締まった一枚革が出来上がります。
裏打ちすることで、革の質感をガラリと変えることができるということですね。
つまり・・・
裏打ちというのは、自分の思い通りに革の硬さや質感をコントロールする魔法のようなテクニックなのです。

詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

裏打ちをマスターするとレザークラフトの腕が一段上がります。

先日、deteのシザーケースのフラッグシップモデルS10-5を製作しました。

シザーケースS10-5 dete

 

 

S10-5 製作談

S10-5商品 ページ

この製品は、全パーツに裏打ちした素材を使用しています。

こんなにこだわったハイクオリティなシザーケース他社さんにありますか?w

たぶんうちだけでしょうw

 

今回はこの製品を例に、裏打ちについてお話ししましょう。

裏打ちすると丈夫で高品質なものづくりができる

S10-5を横ななめ前から見た写真です。

マチのパーツは、最厚部約1.3mm(ななめ漉き)の栃木レザーの裏に0.3mmの羊革を裏打ちしました。

とても美しい縦シボが入っていますね。

普通、栃木レザーのこの革でこのシボの感じは出せません。

比較してみましょう。

 

左:栃木レザー1.5mm(裏打ち無し)
右:栃木レザー1.3mm(0.3mm羊革裏打ち)
裏打ちしていない左の栃木レザーを内側に曲げて縦のシボを入れてみました。

違いがわかりますか?

裏打ちしていない栃木レザーの方は太いシボが入っているのに対し、裏打ちした方はきめ細かいシボが入っています

 

細かなシボを手もみで入れる為には、繊細な革であることが必要条件です。

栃木レザーは丈夫さと厚みを備えた素晴らしい革ですが、繊維密度はカーフ(子牛革)やシープ(羊革)やゴート(山羊革)には劣ります。

そこで、繊維密度が高くて厚みの薄い革を裏打ちしてあげることで、栃木レザーの革のウィークポイントを補ってあげることが出来るというわけです。

 

さらに利点として、同じ厚みの栃木レザーと比較すると、裏打ちした栃木レザーの方がずっと丈夫です。

また、一枚革全体の繊維密度が高まるので、曲げるとしなやかに曲がってくれる為、手にした時に、これはいい革だという実感を得ることができます。

 

裏打ちを使いこなすと、製品が丈夫になり、革質も良くなって製品の質が上がる
使った羊革はずばりこれです↓

羊色吟 焦茶/黒 約60デシ 0.3mm前後 デシ単価46円(税込) 半裁[協進エル] [価格変動品] レザークラフト半裁・1枚革 裏用革

厚い一枚革より薄い革を裏打ちした方が丈夫になる理由

裏打ちなんていう面倒なことしなくても、厚みがある革を使えばいいのでは?その方がコストも安いし

ミコガイ
ミコガイ

いえ、誰が何と言おうと、薄い革を貼り合わせた方が良いです!

その理由は以下の通りです。

革は表に近い側の方が繊維密度が高い。

厚い革を使うと、繊維密度の低い床(肉面側)を多く使うことになってしまうことになってしまいます。

その反面、薄い革を二枚貼り合わせると、革の良いところだけを使うことができるので、結果的に良い素材に仕上がります。

裏打ちするときの注意点。薄くしすぎちゃダメ!

革は表に近い層の方が良質とざっくり書きましたが、表層の吟面だけになってしまうのはダメです。これでは逆にもろくなってしまいます。

某革屋の社長に聞いたところ、革で強い部分は、吟面と床面の境の部分だということです。

吟面層と床面層が絡み合っているため、ここが一番強度が高いということ。

 

これは栃木レザーの断面を見たところです。厚みは大体2.3mmくらいです。

 

なお、これが表から何mmかというと、これは革の種類によって変わります。

写真にある革のように、もともとが厚い成牛革の場合0.7mm前後です。

カーフやゴート、シープ、豚など、原厚が薄い革はもっと薄くなります。

 

薄い革の方が、薄く漉いても強度を保てるということ。

だから、カーフやゴートやシープなどが裏打ち素材に向いているのです。

裏打ちの方法は?→超簡単

裏打ちってどうすればいいの?

ミコガイ
ミコガイ

接着剤を全面に塗って貼り合わせるだけ。サルでもできます。

塗って貼ったら、型のサイズよりも少しだけ大きく粗裁ちしましょう。

このあと全体にローラーをかけて、周囲はハンマーで叩いて圧着。

そのあと正しい寸法にカットします。

これで完成。

(注:↑の写真は、パーツの内側だけに部分的に裏打ちしています。全面に貼ったり、補強したい部分だけに貼ったり、いろいろな方法があるので試してみてください。)

 

でも、ただ適当に塗って貼ると問題が発生します。

どんな問題が起こるかというと・・・

  1. 革は平らなはずなのに、ところどころボコッと小さく裏地が出っ張っている
  2. 製品にしてみたら、いくら磨いてもコバがきれいに仕上がらない。
  3. 気泡が入ってしまった

1と2については、接着剤の塗り方がマズいのが問題です。

接着剤は、できるだけうすーくうすーく塗りましょう。

接着剤をうまく塗るポイントは、極めて薄い塗り方で2回塗ること

一回目は革が吸収する分と考え、2回目に塗った分で接着するイメージ。

とにかくできるだけ薄く。

これについては、うちの職人のMさんにも口をすっぱくして何度も教えました。

これでもかっていうくらいに薄く塗りましょう。

 

3の気泡が入ったケースですが、これは完全に貼り方の問題。慣れるまでは難しいと思うので、端切れなどで練習しましょう。何回かこなせばすぐにできるようになりますよ。

裏打ちにおすすめの革や芯材は?

これはケースバイケース。

どういう使い方をするか、表の素材が何かで違ってきます。

私自身が仕事で使っている組み合わせを羅列してみますので、参考にしてみてください。

  • 栃木レザー×ボンテックス0.4mm or 0.6mm(曲げたくない部分/要裏地)
  • 牛革×スライサー(よく使われる芯材です。ほどほどに柔らかいので使う機会は多いです/要裏地)
  • 牛革×アメ豚or豚ヌメ(アメ豚や豚ヌメはコシがあって薄くて丈夫なので、裏地を兼ねた裏打ち素材として使いやすいです)
  • シュリンクレザー×羊革0.3mm(補強はほどほどに裏地としての機能がメイン)
  • 栃木レザー×栃木レザー(薄)(革の張りを強めたい部分に)
  • リザード×牛床革(リザードは厚みが薄いので補強に/要裏地)
  • 裏に象革(補強用。象は超高価なのですが、とにかく強靭なので、見えない部分の裏打ちに使ったりもします)
  • 牛革×ゴート0.3~0.7くらい(ゴートは腰がありながらもしなやかなので裏打ち素材としては最高。そのまま裏地にもなります)

まとめると以下の通り。

 

  • 硬い芯材は曲がって欲しくない部分に。
  • 革の裏打ちは裏地を兼ねる。
  • 羊、山羊、豚革は裏打ち素材として使いやすい
  • 裏地の厚み/裏打ち素材の厚みは表素材よりも薄くするのが基本

裏打ち素材はどこで買えるの?

道具類はAmazonでも良いものが買えますが、生地や革に関してはAmazonで安心して買える商品はあまり見当たらないのが現状です。今後も難しいと思います。

利用しているお店がAmazonにも出店しているようであれば利用してもいいと思いますが、この場合はAmazon配送商品は避けた方が無難。

専門店の自社サイトや楽天などで買う方が、プロが管理している商品なので安心して購入できるのでおすすめです。

 

IDEAL ONLINE SHOP

山羊革、羊革の選択肢が豊富でおすすめです。

 

羊色吟 焦茶/黒 約60デシ 0.3mm前後 デシ単価46円(税込) 半裁[協進エル] [価格変動品] レザークラフト半裁・1枚革 裏用革

この記事で紹介した0.3mmの羊革。アメ豚もここで買えます。

 

中村貿易

アメ豚や豚ヌメなど良質な豚革を取り扱っている問屋さんです。

 

山上商店

完全に問屋なのでネット販売はありませんが、カーフとゴートの品質は高く、オリジナリティがあります。

 

芯地・接着芯「浅草ゆうらぶ」

芯材のお店。楽天で買えるので手軽です。

 

清水商事

職人御用達。ネットショップあります。

 

上記あたりが品質が良い素材が買えるお店。私も利用しています。

まとめ

ぶっちゃけガチのプロのノウハウを公開しましたw

こういうのって同業の方からヒンシュク買ったりとか・・・大丈夫ですよね?w

 

記事のまとめとして

 

〈裏打ちの効果〉

  • 革質をコントロールできる。
  • 同じ厚みの一枚革よりも丈夫にすることができる。
  • 革で裏打ちすると裏地を兼ねることもできる

〈注意点〉

  • 初心者さんは特に、裏打ち革素材は薄い厚みからトライしましょう。
    例えば、1.0mmの牛革には0.3mmの羊革とか、0.5mmの豚革とか。
  • ボンドはきれいに塗りましょう。

裏打ちの重要性が少しでも伝わったら嬉しいです。

普段クラフトで使っているヌメ革やイタリアンレザーも、裏打ちしてみるだけで簡単に質感が変わります。

クォリティを上げるなら間違いない選択肢です。

あとは、どう活かすかですね。

 

試したら感想も聞かせてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました