ふのりと蜜蝋のコバ磨きの方法 [革職人伝授]

レザークラフト講座
スポンサーリンク

ふのりと蜜蝋を使ってヌメ革のコバを磨くやり方を伝授します。

スポンサーリンク

コバ磨きをきれいに仕上げる方法 ふのりと蜜蝋ver.

今回は、ふのりと蜜蝋コバ磨きをする時の具体的な手順について説明していきます。

まずは手順はざっと紹介。

  1. 下地作り
  2. ふのり磨き
  3. 蜜蝋磨き
  4. ふのり磨き二回目
  5. 蜜蝋磨き二回目
  6. 完成

この基本のやり方にそって練習していきましょう。

コバを磨く前に、そもそも接着剤が薄くきれいに塗れていないとコバもきれいに仕上がりません。

接着剤については別の機会でご説明しますが、大切なことですのでこちらも練習しておいてくださいね。

接着剤が薄くきれいに塗れていないときれいに仕上がりません。

1、下地作り

まずは下地作り。ここが一番大事です。

コバの面を整える

余分な部分を包丁か鉋(カンナ)で落とします。やすりだけで整えようとすると吟面だけが残ってしまうので、刃物を使ってきれいに落としましょう。

包丁か鉋で平らにする

面取り

カンナかヘリ落とし(エッジャー)でコバの角を取り除きます。ここもやすりだけではだめ。刃物を使いましょう。

カンナかヘリ落としを使う

やすりがけ

耐水ペーパーでやすりがけします。使うやすりの目の細かさは革にもよりますがこの段階で使うのは以下の通り。

やすりの番手(240)→ 320
段差が無くなだらかになったら下地が完成です。ここまでは、蜜蝋以外のどんな仕上げ方法も共通です。

2、コバを磨いて締める

ここから、磨きの工程に入ります。

ふのり磨き

コバにふのりを付けて乾かないうちに布で磨いて平らにします。

裏側からもしっかり。角を丸めるようなイメージで。
少し力を入れてこするような感覚で。

台に置いて角を使って磨くとやりやすい
ふのりは予め水で煮て濾したドロドロのものを用意しておきます。

蜜蝋を溶かし込む

磨きで整ったら、蜜蝋を溶かし込んでしみこませます。

革によっては色が変わってしまうので多すぎないように注意

ネン引き

ネンを引いてコバを引き締めます。ネンは熱しながら使います。

この時の熱で蜜蝋を革の中までしみ込ませる

磨き

蜜蝋が革についた状態で布を使って磨きます。

磨く時の摩擦熱で蜜蝋が革に染み込み、余分な蜜蝋が取り去られる
これで一回目の磨きが完了です。

3、コバを磨いて締める(2)

やすりがけ

耐水ペーパーでやすりがけします。

やすりの番手 320か400

ふのり磨き(2)

コバにふのりを付けて乾かないうちに布で磨きます。

一回目のふのり磨きよりも優しめに

蜜蝋磨き

蜜蝋をコバに塗り、布で磨きます。基本的にはこれが仕上げの磨きになるので慎重に

摩擦の熱だけで蜜蝋を染み込ませて、余分な蜜蝋が残らないように取り去る

完成。うまくいかない理由

うまくいきましたか?慣れればこれだけでキレイで丈夫に仕上がります。

もしうまくいかない場合、以下の原因が考えられます。

・接着剤の塗り方がうまくいっていない
・面が整っていない
・面取りがうまくいっていない
・磨きがうまくいっていない
・蜜蝋の溶かし込みがうまくいっていない
・ネン引きがうまくいっていない
・やすりがけがうまくいっていない
・仕上げの磨きがうまくいっていない

これらの中のどれか、または全部が原因です。

原因を追究し、一つ一つ潰していく必要があります。根気のいる作業ですが、仕上がりに大きな差が出る部分ですので、やる価値は十分にあると思います。

スポンサーリンク

コバ磨きにはどんな材料と道具を使えばいいの?

コバ磨きで使うふのり、蜜蝋、布についてお話します。

ふのり

こういうやつです。これを煮込んでグズグズにしたやつを布で濾して使います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[陶芸用品] ふのり 100g
価格:1944円(税込、送料別) (2019/6/16時点)

楽天で購入

 

 

ユザワヤ、東急ハンズなどでも買えると思います。Amazonは良い感じのが無かったです。

ふのりの代用品CMC

ふのりを用意するのはちょっと面倒ではあります。やったことが無いという方は、まずはCMCを使ってみてもいいかも。ふのりの代用品として使える食品添加物です。プロの革職人で使っている方もいます。

蜜蝋

これとか。お肌に使うような高品質なものを使う必要はありません。

磨きに使う布はコットンで目の細かい布

磨きに使う布は、わざわざ買わなくてもいいですが、良い物に巡り合うまでは中々根気がいるかもしれません。

目が細かく毛羽立ちの少ないコットンの薄い布

が正解です。

Yシャツの記事のようなものというとイメージがわきますか?私は、近所の荒物屋みたいなお店で大量に買ったウェス(使い古しの布の切れ端)から、イメージに合った物を選んで使っています。

[使ってみたけど良くなかった物]

  • 帆布(硬すぎてコバにキズが残る)
  • Tシャツ生地(柔らかすぎる)
  • ガーゼ(毛羽がコバに残る)

いろいろ試してみてください。

蜜蝋を溶かすコテ

蜜蝋を溶かす時は私はコテを使います。

白光(HAKKO) アートフラワー用はんだごて 690

これだけをコンセントに差し込んでしまうと温度が高すぎて革を傷める&火事になる危険があります。必ずコントローラーをかませましょう。

電材堂 ライトコントローラー(調光器) 20W~200W白熱電球専用 ヒューズ内蔵 PC31YAD
同じメーカーで黒の安価なものもありますが、そちらは調節幅が狭いので、こちらの白いタイプを買いましょう。コントローラーをかませても火事になる危険はあるので注意。

ふのり蜜蝋磨きの良いところと悪いところ

良いところ

  • コバが一番締まる仕上げ。
  • 硬いタンニンなめし革なら最もキレイで耐久性が高い仕上げになる
  • 傷んでからも比較的自然な見た目

悪いところ

  • 傷み始めるともろい
  • 柔らかいクロムなめしの革では、樹脂仕上げに比べて見た目や耐久性で劣る
  • 柔らかいクロムなめしの革では、磨くのが困難で手間がかかる。

ふのり蜜蝋仕上げにもデメリットはあります。

コバの仕上げ方法はケースバイケースなので、いろいろな選択肢を用意して、適材適所で使い分けができるのが最強です。

まとめ

ざっくりと方法をおさらいです。

  1. 下地作り
  2. ふのり磨き
  3. 蜜蝋磨き
  4. ふのり磨き二回目
  5. 蜜蝋磨き二回目
  6. 完成

革のコバ磨きは、やればやるだけうまくなると思います。実際にやってみないことには感覚もつかめませんし、繰り返しやらないとコツもつかめません。

上で紹介した方法は一例です。自分だけの方法を編みだしてみるのもレザークラフトの楽しみといえるでしょう。

レッツトライです!

わからないことがあったらコメントで問い合わせてください。一緒に勉強していきましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました