Amazonで0.5%お得に買う方法をチェック>>

象革ってどんな革?〈特徴・構造〉わかりやすく解説

象革ってどんな革革の種類と専門知識

象革ってどんな革?

に対するアンサーとして日本一わかりやすい記事を目指しました。

デテログ
デテログ

一言でまとめると 象革は、強さと柔らかさと見た目のインパクトを兼ね備えた最強レザーです。

写真や動画を交えながらくわしく解説します。

その他の革とその動物についてまとめました。
関連記事 革になる動物とその革20種紹介|革質、大きさ、特徴など

革になる動物とその革20種紹介|革質、大きさ、特徴など
革製品ブランドdete®の代表ミコガイが革になる動物とその革20種類の特徴についてお話します。日本で出回っている革の中で、比較的手...
dete

・月6万人が読む革ブログ『デテログ』の著者
・レザーブランド"dete"の代表
・独立して11年目

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

革になるゾウと象革のスペック

まず、象革として利用されるゾウそのものについて軽く触れておきましょう。

スペック

どんな革?

学名、和名:アフリカゾウ / Loxodonta africana

革の呼び方:象革、エレファント

使いみち:財布、バッグ、くつなど

主な原産地:サハラ砂漠以南のアフリカ大陸

サイズ :大きいため、ボディの一部、耳、鼻など、パーツごとの販売になるため不明

特徴:全体に粒状の突起がある独特の質感。素材の表情を活かした仕上げが多く、牛革や山羊革のようなバリエーションはないが、圧倒的な個性を持った素材。

銀面の凹凸が深く、ボディは網目状にシワが走っている。銀面をけずってヌバックにする場合もあり。

しなやかでありながら引き裂きに非常に強い素材。

非常に高価。

ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、ナミビア、南アフリカ産アフリカゾウはワシントン条約付属書Ⅱ(商用利用可)。

スポンサーリンク

象革ってどんな革?その特徴

掲載商品 文庫本ブックカバー 象革×豚革 – dete

他の革にはない独特の突起

深いシワとボツボツがすごい。

デテログ
デテログ

これが象革の特徴。もっとアップで見てみよう。

ボツボツだけどてっぺんは平らだね。

デテログ
デテログ

部位がちがうとまた雰囲気が変わるよ。

突起がとがってる部分もあるね。

デテログ
デテログ

同じ物が2つとないこのランダム性も象革の魅力だね。

ヌバック調の質感

多くの象革は、ヌバック寄りのマットな手ざわりだったり、起毛したヌバックだったりします。

ヌバックとは?

表面にやすりがけして起毛させた革。

デテログ
デテログ

野生動物ゆえ傷が多いことが理由です。

意外?にもしなやかな革質

象の皮膚って堅そうだから、やっぱり革も硬いの?

デテログ
デテログ

象革は柔らかい革が多いよ。

加工によっても硬さは変わりますが、今のところ硬い象革には出会ったことはありません。

断面から見る象革の構造

空洞があってパンみたいだね。

デテログ
デテログ

この複雑にからみ合った繊維束が象革の構造の特徴だよ。

毛穴が肉面まで貫通しているところは豚革と同じだね。

関連記事 豚革はどんな革?

牛革や山羊革は乳頭層と網状層の二層構造になっていますが、象革は網状層だけの一層構造のようになっています。

たしか、乳頭層が良い部分で外側、網状層が粗い部分で肉側だったよね。

ってことは、象革は繊維がもろいの?

デテログ
デテログ

ところが、象革はとても強い革なんだ。薄くても伸びにくいし、やすりをかけても削るのはとても大変

象革の強さ

引き裂き強度と摩擦に対する強さがどの程度なのか、ざっくり実験してみました。

実験に使った革
  • 牛革…タンニンなめし1.3mm厚
  • 象革…クロムなめし1.2mm厚

牛革と象革の引き裂き強度を比較

牛革はこんな感じでした。

いきなり裂けて…

ぶちっと。

デテログ
デテログ

手ごたえなかったなぁ。

次は象革。

腕プルプルしてますが、一向に裂ける気配ナシ。

牛革は簡単に引き裂けたのに対し、象革はどれだけ引っ張っても引き裂くことはムリでした。

牛革と象革の摩擦に対する強さを比較

それぞれの銀面(表面)をカッターでけずってみました。

牛革はすぐにけずれて粉が落ちました。

象革はほとんどけずれず粉が落ちません。

すこし白っぽくなっていますが、これは一時的なもので、指で撫でてあげるとほぼ元通りになりました。

結論 象革は引き裂きにも摩擦にもとても強い

なめしや加工の種類は少ない

象革って種類は一つだけなの?

デテログ
デテログ

象革は、加工や染色技法のバリエーションが少ないんだ。

たぶん本当はやればできると思うんだけど、革自体に希少性があるから、変に加工するよりも革の雰囲気を活かした方が価値があるのかもしれないね。

象革は、革によってヌバック(起毛)が強めか弱めかくらいのちがいはありますが、牛革のようなバリエーションの多さはありません。

牛革の加工の種類

画像引用元 牛革ってどんな革?

デテログ
デテログ

色のバリエーションは多いです。

画像引用元 楽天市場

象革の経年変化は?

象革もエイジング楽しめるの?

デテログ
デテログ

一概には言えないけど日本でよく見る象革はエイジングするものが多いよ。

使ううちにツヤが出だり色が濃くなったりするんだ。

推測ですが、100%クロムでなめされいるわけではないような。
クロムでなめした後タンニンで再なめししているか、その逆のどちらかなのではないかと。

象革の手入れは?

デテログ
デテログ

ブラッシングと防水スプレーが基本です。

象革製品のお手入れの基本
  1. ブラッシングで汚れ落とし
  2. 防水スプレー
  3. 乾いたらブラッシング

象革はそもそもひび割れしにくい革なので、クリームを使った保湿の必要性が低い革なのでそんなに心配はいらないです。

象革はヌバック系の素材なので、クリームを使ったお手入れはおすすめしません

おすすめのブラシと防水スプレー、エム・モゥブレィのプロブラシとコロニルのウォーターストップをおすすめします。

デテログ
デテログ

象革の凸凹に負けないしっかり目のプロブラシがおすすめ。

防水スプレーは革製品に対応するフッ素系のコロニルウォーターストップをチョイスしました。

象革は高級品?

象革製品って高いイメージが。何で?

デテログ
デテログ

象革素材自体の値段が高いからだね。

象革の値段の目安はハイブランドが使う高級牛革の3倍前後くらいでしょうか。

革としてはかなり高級な部類に入るのはまちがいありません。

さらに、野生の生き物だから傷が多く、使える部分が限られるため取り都合が悪く、象革製品は余計に高価になりがちです。

牛の革が象革と呼ばれた時代が?

東京都立皮革技術センターが発行する「かわとはきもの No.114」に、こんな内容がありました。

底は象革と言われる厚い牛革が、鬱には鹿の揉み革が用いられている。

引用元 東京都立皮革技術センター かわとはきもの No.114(2001.1)

蹴鞠をするときに使う靴「鴨沓かもぐつ」の構造についての一文です。

靴底に使う厚い牛革が象革と呼ばれていたのですね。

どんな牛のどんな革だったのかは不明です。

デテログ
デテログ

当時の日本人がゾウの存在を知っていたかどうかも怪しい。

とにかくいろいろとロマンが広がります。

象革って取引していいの?

象革って採っちゃだめなんじゃないの?

デテログ
デテログ

アフリカゾウは地域によっては商取引が認められています。

商取引できるアフリカゾウの産地

【革・皮】…ジンバブエ、ナミビア、ボツワナ、南アフリカ産の輸出入は可能
【革製品】…ナミビア、ボツワナ、南アフリカ産は輸出入可能

ジンバブエで作られた象革製品は日本への輸出不可
ジンバブエから第三国へ輸出された革・皮が、そこで製品化された商品の日本への輸出は可能
ジンバブエから日本に輸出された革・皮を日本で製品化した商品の輸出は可能。

象革は野生のアフリカゾウから採っているの?

デテログ
デテログ

野生だよ。増えすぎたゾウを間引く為に捕獲することがあるんだ。

Although current estimates of annually culled elephants are largely unknown, selective culling of elephants is acceptable and periodically practiced in many elephant range countries. 

[Google翻訳] 毎年淘汰されるゾウの現在の推定値はほとんどわかっていませんが、ゾウの選択的淘汰は受け入れられ、多くのゾウの生息国で定期的に実施されています。

引用元 Frontiers | Human-Elephant Conflict: A Review of Current Management Strategies and Future Directions | Ecology and Evolution

引用先では、アジア・アフリカ圏での象による被害状況についても詳しく報告されています。

デテログ
デテログ

日本でのシカやイノシシの現状もそうですが、人間と動物の共存やculling※の是非については簡単に語れることではないですね。

「ある種の野生動物を害獣と呼ぶこと自体が人間のエゴ」と言う意見をまちがいだとは言いません。

でも、駆除が必要という状況も一定の理解ができる。

野菜も穀物も肉も革も、いただいた命を大切に使ってあげることがせめてもの供養とデテログは考えています。

参考文献 Culling-Wikipedia

まとめ

象革について解説しました。

象革のまとめ
  • 独特の突起もよう
  • 引き裂き、摩耗どちらにもとても強い
  • やわらかい革
  • ヌバック調、ヌバックの革が多い
  • とても高価

他の革にはない特徴があって、さすが陸上最大の哺乳類といった貫録をそなえています。

強くて柔らかい素材。革単体でみれば最強です。

デテログ
デテログ

だからといって象革製品が他の革製品よりも優れているかというとそうとはいえないです。

用途にあっているかが大事だし、好みの問題が大きいですからね。

おもしろい素材だとは思います。

この記事は以上です。長文お読みいただきありがとうございました。

いろんな動物の革についてまとめました。

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました