革のプロが教えるカビ対策。防カビ剤はワサエースがおすすめ!

革製品のお手入れ

革製品の保管時に何よりも心配なのはカビ問題!皆さんはどんな対策をしていますか?

頻繁に持ち歩いていれば気にする必要はありませんが、クローゼットの奥にしまい込んだり、ビニールの袋に包んでしまったりすると、簡単にカビが繁殖してしまいます。

使ってあげるのが一番!言葉ではわかっていても、季節物は半年以上しまい込むこともありますし、それを頻繁に虫干しするのは簡単なことではありません。

そこで今回は、カビの発生しにくい保管の仕方をご紹介します。

すでにカビが生えてしまって困っている方は、こちらの☟記事をご覧ください。

カビが生えた革製品を元通りにする方法はただ一つ!
大丈夫。きっと元通りになります。この記事では、革職人が革靴やバッグなどのカビを取り除いて安心して使えるようにする方法をお話します。

革製品の除菌方法についてはこちらを☟

革製品の除菌&コロナウイルス消毒に使えるクリーナーと薬品
カビその他の除菌にはモールドクリーナーやモールドクリーナーシートが有効です。コロナウイルスに効果があって革にも使えそうなのは石鹸(界面活性剤)溶液です。厚生労働省のデータに基づいて書いています。
この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・職人歴10年/元・美容師

【デテログはこんな方向け】
・レザクラの腕を上げたい
・革のケアの腕を上げたい
・「革」に詳しくなりたい

【日曜】【水曜】【たまに金曜】
深夜0時に記事アップします。

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

カビから革製品を守る保管の仕方

  1. 湿度が低く、通気性の良い清潔な場所に保管する
  2. 革製品の手入れを怠らない
  3. 適切な防カビ剤を使用する

カビの好物は湿気です

高ければ高いほど活発になり、特に80%を超えると繁殖のスピードが増すそうです。気温は20℃から30℃くらいが活動のピーク。

クローゼットの中は詰め込み過ぎず、空気の通り道を作りましょう。

ホコリが溜まらないように掃除も大事。大事な洋服の為にもきれいにしておきましょう。

カビは胞子が付着して、そこから根を生やします

定期的にブラッシングして、カビや汚れを防ぎましょう。

濡れたままの鞄や靴をすぐにしまうなんてご法度。

1日履いた靴をすぐに下駄箱にしまうのも×です。靴が濡れた時は、丸めた新聞紙を靴の中に詰めて型崩れ防止&湿気取りをしましょう。

適切な防カビ剤を使用する

防カビ剤の効果は絶対ではなく、すでに生えてしまったカビには効果はありません。

予防には効果がありますので、革の保管に困っている方にはおすすめできます。

次の項目で紹介します。

スポンサーリンク

おすすめの防カビ剤ワサエース

pa261098-2

名前から推察できると思いますが、ワサビのツーンと来る抗菌成分で作った防カビ剤【ワサエースです。

このツーンが半端じゃなくて、新品の袋を顔の下で開封すると大変なことになります。

pa281175-2

うちは業務用サイズを買っているので、こういう銀色の袋に100個も入っています。保管時は成分が揮発しないよう、ジップロックを二重にしています。閉じる時に空気を抜いたほうが長持ちするのかなと思ってジップする前に袋を潰すのですが、この時気を付けないと中の空気が目に吹きかかって悶絶します。

強烈なこの匂いですが、本わさびの匂いとかとは少し違っていて、これが何だかなつかしい匂いなんです。何かなー何かなーと考えて気が付いた。

わさビーフ🐄の匂い

です。わかりますか?

子供のころたまに食べてました。食欲わきます。

最初は匂いがきついですが、だんだん和らいで気にならなくなっていきます。匂いがなくなっても、目安の180日間くらい効果があるようで、成分が揮発するにつれて粒子が小さくなり、いずれは消えてなくなります。

匂いが靴や鞄についてしまわないか心配?大丈夫です。

肝心の効果の方ですが、自前の靴にカビを生やしてしまったときに、アルコールでふき取ってこのワサエースと一緒に保管しておいたら、それ以降カビは再発していません。それ以来絶大な信頼を置いていて、在庫品の保管やあまり持ち出さない自前の革製品に使っています。

塗るタイプとは違い、シミになるようなことが無いので安心です。

なお、除湿剤ではないので、湿度の高いところでは、これだけでなく湿度管理も行う必要があります。面倒ですか?革製品にしても、洋服にしても、趣味の道具にしても、皆さん大事なものはちゃんとお手入れしていますよね?笑

革に使えるくらいだから、レンズみたいな精密機器にもいいのかな?この辺りはわかりませんので、誰か人柱になってくれるとありがたいんですが。

ワサエースの販売店

うちで採用しているものと同じ180日タイプです。これが一番品質が高いのでおすすめ。

うちで革製品買ってくれれば、ワサエース一個無料でサービスするのでご注文時に言ってくださいね笑(ご要望が無い場合は在庫状況によってお付けしない場合もあるので、欲しい時は必ず一言添えてください。)

カビが発生してしまったら・・・

カビを除去し、カビの再発を防ぎましょう。

有機ヨードの力でカビを落とし、生えにくくする効果があるミストです。革に大きなダメージを与えにくいので、対応する革製品の幅が広いです。

対してこちらのライニガーは、洗浄力でカビを落とすクリーナー。カビだけでなく様々な汚れに効果がある、コロニルで最強のクリーナーです。

〈コロニルの中の人〉に聞きました。本音でおすすめできるレザーケア製品はどれ?
コロニルの中の人が本当におすすめするケア用品は、1909 シュプリームクリームデラックス、1909 シュプリームプロテクトスプレー、ライニガー、馬毛ブラシ、そして、番外編のオーガニックシリーズということでした。

他には塩素系のカビクリーナーもありますが、革にも大きなダメージを与えかねない。もし使うなら、最悪、革をダメにするリスクがあることをわかった上で使うといいと思います。

カビホワイト カビソフト除去スプレー 450ml
ビーワンコーポレーション
¥1,480 (¥3 / ml)(2020/07/27 02:01時点)
木材、レースのカーテン、たんす、カラーボックス、ベニア板、木製家具、押入れ、柱、ベッドのフレーム、マットレス、布団、畳などのカビ取り剤です。2倍まで希釈できカビ取り後は乾燥すると成分が蒸発します。

関連記事 

革製品の雨対策まとめ|防水、カビ、濡れた時のケア
雨対策の基本は、防水処理と濡れた後のケアです。信頼できる防水スプレー等を使い、濡れたらすぐに拭く、保湿する、乾くまでしまわないなどに気を付けてください。カビも気になりますが、ある程度の予防と対策はできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました