kindle書籍「革職人になる方法 プロ直伝マニュアル」発売中>>

革漉き機の漉きカス(ゴミ)どうしてる?掃除がラクになるカスタム事例紹介

革漉き機の漉きカス(ゴミ)どうしてる?掃除がラクになるカスタム事例紹介レザークラフト道具
この記事の内容は2022年11月13日に更新されました。

革漉き機を持っているクラフターさんや職人さんに向けたとてもマニアックな記事です。

漉き機を使っている方の中には、加工で出る漉きカス(ゴミ)排出口の使いにくさに困っている方が多いのではないでしょうか。

どの業者(ミシン屋さん)に頼むかによって漉きカスを排出する仕組みが違ったりしますが、多いのが滑り台のように漉きカスをすべり落とすシューター型で、これがちょっと使いにくい。

私自身何かいい方法がないかと思いつつも真剣に考えることなく使ってきましたが、やっと重い腰を上げ、ツイッターでフォロワーさんに呼び掛けました。

この記事では、そこでいただいたご意見をまとめ、その上で私がどんなカスタムをしたかをつづります。

これから漉き機を導入する方、今現在漉きカスの捨て方で困っている方にお役立ていただける内容です。

プロフィール

・レザーブランド"dete"の代表
・出版書籍『革職人になる方法』Amazon手芸本1位獲得

※当サイトはリンクフリーです。リンクの貼り方についてをご覧ください。
※当サイトは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングのアソシエイトとして適格販売により収入を得ています。

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

革漉き機の漉きカス(ゴミ)掃除がラクになるカスタム事例

まず、みなさんがどうやって使っているのかを紹介します。

カスタムはおもに3つのタイプに分けられるようです。

  • 引き出し型
  • 吊るし型
  • 既存のシューターをカスタム

ゴミ箱引き出しタイプ

漉き機が載る机の下側に2本のレールを付け、ゴミ箱やプラスチック容器のフチを引っ掛けて使う方法です。

デテログ
デテログ

今回私がカスタムしたのもこれ。使いやすく、見た目もスマートなやり方だと思います。

後半でやり方を解説します。

中には、最初からこの形で仕上げてくれるミシン屋さんもあるようです。

ゴミ箱を吊るすタイプ

机の下にフックなどを付け、そこにゴミ箱や袋などを引っ掛ける方法。

デテログ
デテログ

ゴミ捨てが簡単な方法です。

使えるゴミ箱の範囲が広く自由度が高いカスタムですね。

中にはこんなツワモノな方も⇩。

既存のシューターをカスタムタイプ

もともとついているシューターの角度を変えるカスタムです。

スポンサーリンク

革漉き機の下に引き出し型のゴミ箱を付ける方法

同じように作る方法を解説します。

必要な道具

必要なものはダイソーでそろいます。

使う道具と材料
  • インテリアウッドウォールバー×2
  • ゴミ箱(フチが出っ張っているもの)
  • 木工用ボンド
  • 両面テープ
  • 小さいマイナスドライバー

材料は計330円。道具も百均でそろえたら660円です。

レールはインテリアウッドウォールバーを2個使用。

ゴミ箱はフチに引っ掛かりがあればOK。

今回使用したゴミ箱は ゴミ箱(すき間にぴったりなスリムタイプ)です。

サイズは大きすぎない方がいいです。

注意点として、対応するゴミ箱のサイズは、漉き機の机や脚や漉きカス排出穴のサイズによります(ミシン屋さんによってちがう)。必ず測ってからそろえましょう

使用イメージ。こんな感じでセットして使うことになります。

作り方

まずはレールになるインテリアウッドウォールバーに手を加えます。

マイナスドライバーを使い、Dカンを外してしまいましょう。

インテリアウッドウォールバーの側面(レール溝と90度の面どちらか)に両面テープを貼り、しっかりとこすり付けて圧着させます。

そして貼り付け。貼り付ける位置は、2本目のレールをゴミ箱をセットした状態で貼ることで決められます。

これで完成かと思いきや、しばらく使っていたら自重でカパッとレールが開き、ゴミ箱が落ちてしまいました。

外側にレールが開いてゴミ箱が落ちるイメージ。

この対策として、写真がありませんが木工用ボンドを併用してがっちり貼りました。木工用ボンドは貼る面からはみ出させて塗るのがポイント。

これで今のところうまくいっています。

もしこれでも落ちてしまうようであれば、その時はL字の補強金具などでねじ止めしてしまえば確実です。

出典 Amazon.co.jp

↑この商品を私は試していません。使えるかどうか確認してからお試しください。

完成図

こうなりました。

デテログ
デテログ

とても快適に仕上がりました。是非やってみてください。

注意点。漉き機で火事になる?

今回のカスタムには注意点があります。それは火事のリスクが高まる可能性があること

漉き機は砥ぐときに火花を発生させます。ゴミ箱を設置すると漉きカスが砥石に近づくため、火花が漉きカスに引火しやすくなります。

また、外からゴミが見えないため、引火していても気づきにくくなる点も注意が必要な理由。

使うたびに確認することと、退出前にも確認することを徹底しましょう。

鉄粉が舞うのを防ぐ漉き機カバーは自分で作れる

自分で作れると書いておいてなんですが、これを書いた後にとても便利そうなカバーが販売されたので、そちらを買った方がいいかもしれません。

購入ページ 革漉き機の蓋-さんた屋

カエリ取りや砥石の修正がカバーを付けたまま行える画期的なカバーです。

デテログ
デテログ

自分で作る前にこれを見ていれば・・・

自分で作る方法

節約したいし自分で作ってみたい。

自分で作りたい方向けに私が作ったときの情報を残しておきます。

使う道具と材料
  • 透明な下敷き(アクリル板ならなお良し)
  • カッター
  • 画用紙や段ボールなど硬めの紙

ダイソーで買った下敷A4判 透明

結構ペラペラなので、本当はもっとしっかりした透明のアクリル板の方が使いやすいです。

いきなり下敷きを切るのではなく、先に厚紙や段ボールで型紙をを作り、その形で切ってから調整するといいです。

写真は別素材で最初に作ったときのもの。

型の作り方は、大まかに切って合わせてをくり返すとてもアナログな方法で行いました。

それでもなんとかなるものです。

ご覧のとおりほぼぴったり。

砥ぐ時はカバーを付け、カエリを取る時や砥石を削る時は外して使います。

デテログ
デテログ

漉き機を使っている方はわかると思いますが、漉き機の左側が鉄粉で汚れるのがなくなって快適です。

この記事は以上です。長文お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました