コロニルの営業さんに聞きたいこと募集中!
質問箱からどうぞ。~2020年6月3日まで

質問箱

この革、革の楽しさ詰め込みすぎだろ・・・|新素材【味カーフ】で文庫本カバーを作った

イタリアのカーフレザーを使ったブックカバー革辞典

2020年から取り扱いを始めた、とある革について。

先に言います。

この革はヤバいです。

この記事はこんな方に向けて書いています。
  • 味が出る革が大好きな方
  • deteの革製品をご利用くださっている方
  • 革のブックカバーに興味がある方
この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・職人歴10年/元・美容師
・毎日革の事を考えている

【DeteLogはこんな方向け】
・レザクラの腕を上げたい
・革のケアの腕を上げたい
・「革」に詳しくなりたい

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

この革、革の楽しさ詰め込みすぎだろ・・・|新素材【味カーフ】で文庫本カバーを作った

私どもdeteでは、現在20種類以上の革素材を扱っています。

その他、過去に出会い検討した革はそれこそ数えきれないくらいあり、その中には良い革もあればそうでない革もありました。

これから紹介するこの革『味カーフ』は、ここ2,3年の中では間違いなく一番のヒットです。

ここがヒット
  • 経年変化ヤバくて楽しい
  • 味出るのに意外と汚れやキズに強い
  • 手ざわりよくて読書に集中できない(いい意味で)
  • カラーがそれはもう絶妙

この革で作ったブックカバーや財布の写真とともに紹介します。

味カーフのスペック

  • なめし:コンビなめし
  • 仕上げ:素上げスムース
  • 原皮:欧州産子牛
  • 製造国:イタリア
  • 染色:染料(顔料不使用)

コンビなめしは、クロムなめしとタンニンなめしの中間の性質を持った革です。

なめしについて詳しくはクロムなめし革とは?タンニンなめし革&ヌメ革との違いを。

染色については顔料を使っている革は悪い革?染料と顔料のメリットとデメリットをご覧ください。

経年変化ヤバくて楽しい

使い込めば使い込むほど、色艶が良くなり、革の成長を見ながら楽しんで使うことができます。

革に詳しい方ならこう思うかもしれません。

普通のヌメ革と何が違うの?

ご説明します。

ツヤの出方が違います

きめ細かいカーフ(子牛)だから、経年変化のツヤもキメ細かくなめらかで美しい。
アイロンやグレージング(摩擦)で作った平坦さではなくナチュラルなキメの細かさだから高級感があるのです。

経年変化が早い

ヌバックに近い(ヌバックではないけどかすかに毛羽立っているような感じ)ので、さわるとすぐにツヤが出始めます。

だから、使い始めてすぐに、日々変わる革の変化を楽しめます。

作業工程でもツヤが出るくらいなので、製作前に軽くブラッシングして最低限のツヤを出してから取り掛かります。

味出るのに意外と汚れやキズに強い

経年変化が楽しめるというのは、一歩間違うと黒ずんで汚くなってしまうこともある。

好みの問題ですが、汚い財布って女性ウケなんかは微妙ですよね😅

この革は、コンビなめしという製法で作られていて、味が出る革なのに、ヌメに比べるとキズや汚れがつきにくい

だから、使っていても汚くなりにくいのです。扱いやすくて安心。

これは大きなメリット。

手ざわりよくて読書に集中できない(いい意味で)

手ざわりの良い革のブックカバー

キメが細かい革なので、手ざわりもなめらか。

『革をなでる』という新たな楽しみさえ生み出しそうな、質感豊かな革素材です。

ブックカバーにすると、読書に集中できなくなるくらいに革に惹きこまれてしまいます。

カラーが絶妙

カラーがまた絶妙なところをついていて素敵です。

現時点(2020年5月時点)では、ボルドー、オリーブ、ブラックの3色をご用意しています。

ボルドーは深みがあって鮮やか、オリーブはマニッシュな雰囲気、ブラックは落ち着きをもたらすニュートラルな黒です。

使い込むと色が濃くなっていく傾向があります。黒はツヤが増すのみで色合いに大きな変化はありません。

スポンサーリンク

この革が向いている製品は?―革小物全般

イタリアンカーフの名刺入れ
薄い名刺入れ

ブックカバーはもちろん、財布や名刺入れなど小物全般にマッチする素材です。

小物に向いているといえるゆえんは、革のキメが細かく、繊維密度が非常に高いから。

だから、薄く漉いても丈夫で型崩れしにくい。

つまり、華奢でエレガントな革小物が作れる上質素材だということ。

ブックカバー以外にも早速商品にしたので紹介します。

商品紹介:名刺入れ

名刺入れにも最高です。

品良くお使いいただけるのでビジネス用途にもぴったり。

タンニンなめし革のイタリアンレザーは移染しやすい革が多いですが、この革はしっかり色止めされてます。
名刺入れに使っても問題ないレベルの堅牢度に仕上がっています。

商品紹介:ミニ財布

カジュアルに使えるミニ財布にもGood。

名刺入れとは違い、使うと生まれるシワやたるみもデザインに活かしています。

革の扱い方で印象が変わる件については別記事で書いています。

同じ革でも作り方次第でガラリと変わる|シックな名刺入れとカジュアルなミニ財布を例に

商品紹介:文庫本ブックカバー

この記事で紹介してきたブックカバー。

deteでは2010年から様々な革でブックカバーを作ってきましたが、その中でもこの味カーフはブックカバー用として特に素晴らしいと思います。

味カーフのヤバさまとめ

美しいボルドーのブックカバー
文庫本ブックカバーB2 味カーフ

ブックカバーを例に、イタリアンレザーの「味カーフ」の素晴らしさを伝えてきました。

おろしたてはデリケートなので作り手側からするとむずかしい素材ではありますが、とにかく使って楽しい革です。

もう一度まとめます。

味カーフのここがヒット
  • 経年変化ヤバくて楽しい
  • 味出るのに意外と汚れやキズに強い
  • 手ざわりよくて読書に集中できない(いい意味で)
  • カラーがそれはもう絶妙

これ以外にも、繊維が密だからコバがきれいに仕上がるというメリットもあります。

ブックカバーや名刺入れはコバの美しさもお楽しみください。

紹介した商品

ブックカバー文庫本用|イタリアンレザーのカーフ使用|deteブックカバーと革製品
deteの人気商品文庫本ブックカバーの新商品。とにかく良い味が出るのに経年変化がきれい。失敗しにくい革の味を楽しむことができます。読書の楽しみを加速させる革のブックカバーをお楽しみください。
革の薄い名刺入れ|アルランシュリーとイタリアンカーフ
名刺交換が少ない方に朗報。薄い名刺入れが欲しい方におすすめです。使用素材は、フランスのアルラン社製山羊革、イタリアのインカス社製カーフなど、高級素材をご用意。
『開閉が早いミニ財布』 鍵も入る|ミニマリストの為の最小限のデザイン|カーフ使用
片手で開閉できる極薄ミニ財布です。折ったお札2,3枚が入り、小銭はジャラッと放り込むことができるので、現金の会計もスマート&スピーディーに!クレジットカードやSuicaがメインの方、鍵も一緒に持ち歩きたい方におススメ。美しくドレープができるイタリアのカーフを使用しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました