【靴のにおい対策】粉の消臭剤の使い方とデメリット|グランズレメディVSにおいトリマー比較

【靴の匂いを抑える】パウダー系消臭剤の使い方とデメリット革製品のお手入れ

靴や手袋に使えるパウダータイプの消臭剤を2種類試して気づいたことを書きます。

においトリマーの使い方

どちらも粉状の消臭剤です。

強力 消臭パウダー 大容量200g「においトリマー」靴のにおいを消臭除菌、パッチテスト済み(非刺激性)
においトリマー
¥1,999(2020/08/20 13:28時点)
✅足の汗のにおいが染み込んだ靴の中の臭いを超強力にすばやく脱臭します。✅脱臭・消臭効果は長時間持続しますので、1日履きっぱなしの靴でも消臭効果が持続します。✅また、靴下やストッキングのニオイも同時に消臭するので、靴を脱いで上がる場所でもニオイを気にする必要はありません。
グランズレメディ 単品 50g
グランズレメディ
¥2,350 (¥47 / g)(2020/08/19 23:21時点)
内容量:バウダー50g入

まずは使い方から。

この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・職人歴10年/元・美容師

【DeteLogはこんな方向け】
・レザクラの腕を上げたい
・革のケアの腕を上げたい
・「革」に詳しくなりたい

お気軽にフォローしてください
スポンサーリンク

靴のにおいを抑える粉の消臭剤の使い方

使い方

  1. 粉を靴の中に適量入れる
  2. 指でのばす

以上。

とてもかんたんです。

適量振りかけたら、指で伸ばします。においトリマーの説明書きには靴を振って馴染ませるとありましたが、においトリマーは指で伸ばさないと全体になじまなかったです。

グランズレメディはにおいトリマーよりサラッとしているので、手を使わないでもある程度なじませられます。

必要な量は全体がうすく白くなるくらい

適量がむずかしいところですが、全体にいきわたればOK。

☝の写真だと少し少ないと思います。

グランズレメディの50gタイプにはスプーンが付属しているので、その量を目安にすることができて便利です。

グランズレメディ 単品 50g
グランズレメディ
¥2,350 (¥47 / g)(2020/08/19 23:21時点)
内容量:バウダー50g入
スポンサーリンク

粉の消臭剤の注意点(デメリット)

デメリットというと大げさですが、いくつか気づいた点を書きます。

粉が少しやっかい。靴を汚す

手で伸ばすと当然手に粉がつくわけですが、その手で靴を持つと、気を付けていてもどうしても靴についてしまう。

スエードや布のスニーカーなどは取りにくいので気を付けましょう。

サンダルにはおすすめしない

やばいかな?という予感を持ちながらも、ビルケンのサンダルにも試してみました。

案の定、白くなってしまいました・・・

ブラッシング&ティッシュで拭ってあげたらある程度馴染んではくれました。

でも完全には元の色に戻らないかもしれないので、サンダルにはお勧めしません

グランズレメディに偽物が?

楽天のレビューを見ていたら、偽物についての記載がありました。

確かに、Amazonでも楽天でも、価格がやけにやすい商品がちらほら・・・

国内正規品の場合、上記のシールが貼ってあるようです。

革用のクリームなどについてもそうなのですが、並行輸入品は、作られてどれくらいの期間が経っているのか?どんな環境で保管されていたのか?中身が本物なのか?などの保証がありません。

並行輸入品の全部が悪いとは言いませんが・・・安い並行輸入品を買うなら自己責任でどうぞ。

グランズレメディ 単品 50g
グランズレメディ
¥2,350 (¥47 / g)(2020/08/19 23:21時点)
内容量:バウダー50g入

タルクが革の水分を奪う?

グランズレメディに多く含まれている成分のタルクですが、これはベビーパウダーにも含まれている安全なもの。
でも、調べてみると、「肌の水分を奪って乾燥させてしまうのでは?」という疑問の声も上がっていました。

肌の乾燥を助長してしまうとしたら、革の水分にも影響します。

調べてみました。

「タルク自体」には吸水性はありませんが、肌につけたときその粒子により表面積が増え、毛細管現象により余分な水分を吸い上げます。

引用元 和光堂

つまり、タルク自体が悪いということではなく、粉状の物質はどれも水分を吸い上げる効果があるということですね。

革にどれくらい影響するのかは未知数ですが、革靴の表にはあまり付けないように気を付けた方がよさそうです。

ついてしまったら、ブラッシングだけでは完全に落ちませんでした。布などで払ってあげた後、靴用のクリームでお手入れしてあげてください。

余談ですが、ベビーパウダーにはタルクだけでなくコーンスターチが含まれているため、肌の水分が適切になるように調整してくれるんだそうです。安心して赤ちゃんに使ってあげてください。

消臭効果は?『においトリマー』と『グランズレメディ』比較

実際効果はどうなのか?実験してみました。

左足にグランズレメディ、右足ににおいトリマーを使って比較しています。

安藤製靴の革靴、最初に登場したビルケンサンダル、☟のスプリングコートのキャンバススニーカーの3足で試しました。

においは文章でも動画でも伝わらないので、結果だけ報告しますね。

結果:どちらも同等に効果あり

振りかけてすぐに確認してみましたが、すぐににおいが減りました。

即効性が高いので、気になる方は携帯用を持ち歩くと安心だと思います。

グランズレメディ 13g
グランズレメディ(Gran's Remedy)
¥1,099 (¥85 / g)(2020/08/19 23:19時点)
内容量 : 13G

グランズレメディとにおいトリマーのどちらが良いか?ですが、正直効果の差がわかりません。

どちらも効いたということだけはわかりました。

効果は長続きするのか?

即効性があることはわかりましたが、その効果は長続きするのでしょうか?

粉をかけた翌日確認してみました。

すると、若干ですが、においが戻っているように思いました。

これは靴の状態にもよるので何とも言えませんが・・・

グランズレメディもにおいトリマーも、除菌することでにおいを減らしているようなので、継続して使うことで少しずつ効果が定着していくものなのかもしれません。

まめに使ってみると効果が強まるかもしれません。

結論、どちらを買えばいいの?→好みで!

どちらも効果はあるようですので、どちらを選んでもいいのかなと思います。

効果以外の点でわかった違いは以下の通り。

ちがい

  1. グランズレメディの方が粒子が細かくて伸ばしやすい
  2. においトリマーの方が安い
  3. においトリマーはアレルギーテスト済み

靴の消臭・抗菌パウダー においトリマー(非刺激性) 容量80g

においトリマーは楽天では返金保証しているそうです。

まったく別の商品ですが、同じように返金保証している消臭剤がありました。

コチラも合わせて検討してみてもいいかもしれません。

まとめ

粉の靴用消臭剤の使い方とデメリット、効果について書きました。

試した結果、どちらも一定の効果があり、効果の差は、はっきりとわかるものではありませんでした。

好みで選んで大丈夫だと思います。

靴の外側についてしまうと掃除が大変&革に良くない影響があるかもしれないので、使い方には気を付けてください。それとサンダルにはおすすめしません。

強力 消臭パウダー 大容量200g「においトリマー」靴のにおいを消臭除菌、パッチテスト済み(非刺激性)
においトリマー
¥1,999(2020/08/20 13:28時点)
✅足の汗のにおいが染み込んだ靴の中の臭いを超強力にすばやく脱臭します。✅脱臭・消臭効果は長時間持続しますので、1日履きっぱなしの靴でも消臭効果が持続します。✅また、靴下やストッキングのニオイも同時に消臭するので、靴を脱いで上がる場所でもニオイを気にする必要はありません。
グランズレメディ 13g
グランズレメディ(Gran's Remedy)
¥1,099 (¥85 / g)(2020/08/19 23:19時点)
内容量 : 13G
グランズレメディ 単品 50g
グランズレメディ
¥2,350 (¥47 / g)(2020/08/19 23:21時点)
内容量:バウダー50g入

どうしてもにおいが取れないなら・・・レザーソープで靴の中を拭いてあげるだけでも効果があります。

[コロニル] 汚れ落とし レザーソープ 200ml メンズ CN044034
Collonil(コロニル)
成分:混合剤、洗剤、ブタン、プロパン、亜硝酸ナトリウム

もしくは、インソールを交換すれば解決するかも?

におい対策には、清潔にしておくのが一番ということですね。

パウダータイプ以外でも消臭剤はあります。いろいろ試してみてもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました