最高に使える型紙押さえ用立クリップ|レザークラフターは3つ買おう

レザークラフト道具

世界中、どこにいてもどんな商品でも手に入る時代。

そんな言葉はまやかしです。

なぜなら、職人、デザイナーにとって最高に便利なこのクリップは、東京中どこを歩き回っても手に入らず、どのネットショップでも売られていない(2017年7月時点 私調べ)。どこで売っているかを知っている人間だけが、こうして代引きで送ってもらえるのです。

《2019年7月 楽天で売っているのを発見しました》立クリップ (2インチ用・7.5センチ)

Amazonにもありました。立クリップ

ネット最高ですw

最高に使える型紙カット用立クリップ レザークラフターは3つ買おう

一人でこんなにたくさんは必要ないです。今後仕事を頼む職人Mさんと合同で注文。

 

何に使うものかというと、

型紙と、布や革を一度にハサミ、がっちり留める。そして型紙をガイドに切れば正確な裁断ができるという代物です。

 

布や紙ならある程度まとめてカットできます。

ちょっとした数なら抜き屋さんに頼むよりも早いです。

 

革職人的には、革命的な道具です。

後悔させないから本当に買って欲しい。

 

大小ありますが、私は小だけでいいと思います。大は正直使ってないです。

一つ680~800円くらい?払う価値はあります。

立クリップの使い方


この部分を持ちあげて


上からギュッと


押し込むだけで

がっちりはさめます!素晴らしい安定感です。

立クリップを3つ買うことをすすめる理由

3つ使う理由は、効率がさらにアップするからです。

クリップ2個で2か所押さえた状態で1辺をカットし、その辺を3つ目のクリップで押さえます。別のクリップを一つはずし、その辺をカットします。

こうしてローテーションしながら3つを使って安定した状態で裁断を進めましょう。

さらに効率アップを狙うなら真鍮角棒(へり定規)とセットで使おう

立クリップをセットしたら、

型紙に合わせてへり定規をセット。

へり定規にカット定規をあてがって、

カッターで切る。正確で楽にカットできます。

 

快削真鍮四角棒 C3604B 3mmX3mmX長300mm

これが安いし最高です。

要はただの真鍮製の角棒なのですが、3mm×3mmというところがポイント。これが幅広過ぎると切り落とす分の革から落ちてしまって使いにくいし、高さがあるとカッターの刃をあてにくい。

少し長いので、ジャマだったら糸鋸などで切り落として使いましょう。

立クリップの取扱店は?

2019年7月 Amazonと楽天で見つけました!!嬉しい。ネットで販売されるのを心待ちにしていました。

 

 

作業効率と正確性のアップは間違いありません。型紙は作れるけど、生地や革がうまく切れないという方は、試してみる価値アリです!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました