レザークラフト/手芸用文鎮は〇〇用ペレットが最適|4つの理由

クラフト用のペーパーウェイトとして最適なペレットレザークラフト道具
疑問がある女性

レザークラフトに使いやすい文鎮はどれ?

型紙を革の上で押さえるのに使う文鎮は、地味ですがきちんと選びたい道具の一つ。

良くない物を選ぶと革を汚してしまったり、きちんと押さえてくれず型紙がずれてしまったりします。

この記事では、私がいくつか使って最終的に選んだ文鎮、おすすめできない文鎮、まだ使ってないけどよさそうな文鎮を紹介します。

この記事を書いた人
dete

・レザーブランド"dete"の人
・革ブログ"DeteLog"著者
・革職人歴9年/元美容師
・毎日革のことを考えている

お気軽にフォローしてください

最初に、うちで使ったことがある文鎮を紹介。

ペレット大

もっともよく見かけるタイプ。

プエブコの靴型ペーパーウェイト

アイレット打ち具土台(文鎮ではありません)

スポンサーリンク

レザークラフト/手芸用文鎮はペレット大が最適

クラフト用のペーパーウェイトとして最適なペレット

いきなり核心について書くと、レザークラフト用の文鎮でおすすめはペレット。

それ以外は自然と使わなくなりました。

伝えたいことはこれで済んでしまいましたが、ペレットのどこがいいのか?他の商品はダメなの?ダメならどこが?についてここから解説します。

ステーキ用ペレットが最適な理由

まず前提として、先ほどから書いていますが、ペレットは文鎮や重し目的で作られた商品ではありません。

引用元 wowma!トキワペレット

これです。ステーキ皿に置いて提供し、客は肉をこのペレットに押し付けて、自分好みに焼いて使います。

では、どうしてこの食器がクラフト用文鎮に最適なのか?

ペレットが最適な理由

  • 持ちやすい

  • 錆びにくい

  • 面積当たりの重さが重い

  • 接地面が広い

持ちやすさ

ペレットの形は、文鎮用途として作ったのでは?と不思議に思うくらい持ちやすい絶妙な傾斜。

何も考えず自然に持てて自然に置ける。この当たり前のすごさがペレットにあります。

錆びにくい

専用として売られている丸型文鎮よりも錆びにくい。

ペレットは食器として売られているから当然と言えば当然です。

錆びる文鎮は革や生地を汚してしまう恐れがあります。

面積当たりの重さ

ペレットは、他の文鎮と比べて、面積当たりの重さが重い。

この重さ(力)は接地圧というもので、kN(キロニュートン)の単位で表記されるようです。

接地圧(kN)=重量(㎏)÷接地面の面積(㎡)

参考接地圧 Google検索

この接地圧の数値が大きいほど、一点集中で重さがかかる。

つまり文鎮としてのサイズ対効果が高いということになります。

計算して比べてみた

一押しのペレットと丸型文鎮を比べてみましょう。

ペレットの接地圧
  • 重さ0.69㎏
  • 接地面面積 約0.0034㎡

0.69÷0.0034=202.941…

 接地圧 約202.9kN/㎡

これに対して、

丸型文鎮の接地圧
  • 重さ約0.36㎏
  • 接地面面積 約0.0023㎡

0.36÷0.0023=156.521…

 接地圧 約156.5kN/㎡

ペレットの方が接地圧が強く、型紙を押さえる効果が高いということがわかりました。

接地面が広い

同じ重さなら面積が小さい方が接地圧は強くなりますが、それとは別に、接地圧が同じなら接地面が広い方が型紙をしっかり押さえてくれます。

接地面が広くて接地圧も強いとなると、それだけとても重くなってしまいますが、このペレットは重すぎず、ちょうどいい塩梅になっていると思います。

偶然とはいえ、素晴らしいデザイン設計です。

スポンサーリンク

クラフト用文鎮その他の選択肢

『私はまだ使っていないけれど作業に良さそうな文鎮』を紹介します。

製図用 皮付文鎮

スエード調の合皮で巻かれているので錆びの心配はありません。

製図用 皮付文鎮の接地圧
  • 重さ約1.00㎏
  • 接地面面積 約0.0061㎡

1.00÷0.0061=163.934…

 接地圧 約163.9kN/㎡

ペレットに次いで3番目の接地圧です。

ペレットよりも接地面積が広いので、安定感はこちらも負けていないかもしれません。

清原 バッグマイスター 文鎮

引用元 公式サイト

大きなハンドルが付いた文鎮。長さ約13cmの大型です。

バッグマイスター文鎮の接地圧
  • 重さ約1.50㎏
  • 接地面面積 約0.0071㎡

1.00÷0.0061=211.267…

 接地圧 約211.3kN/㎡

実はかなり使いやすいのでは?と思っているのですが、重さがなんと1.5kg
頻繁に載せたりどかしたりしてたら、非力な私だったらすぐに腰やっちゃいそうです。

接地面当たりの重さの接地圧は№1です。

バッグ用もしくは粗裁ち用と考えれば便利そうなので、もしかしたらいずれ購入するかもしれません。

プエブコ

みんな大好きプエブコのペーパーウェイト。

個人的に、前々からこれはいいデザインだなと思っていた商品です。

使いやすそうなのですが、若干軽いかもしれません。

プエブコのウェイトの接地圧
  • 重さ約0.50㎏
  • 接地面面積 約0.0035㎡

0.50÷0.0035=142.857…

 接地圧 約142.9kN/㎡

ナチュラルは塗装ナシだそうなので、ウェイトとして使う際にはホワイトを選んだ方が無難です。

プエブコのペーパーウェイトは☟の靴型のものを所有しています。

これはおもりとしては軽すぎて使えません。見た目はとても好きなのですが。

今では廃盤らしく、三軒茶屋の直営店に行っても置いていませんでした(2020年2月時点)。

KAWAGUCHI ソーイング用文鎮

KAWAGUCHI(カワグチ) ソーイング用文鎮 直径約60mm×厚み20mm 1個入 TK78409
カワグチ(Kawaguchi)
¥981(2020/02/25 16:33時点)
本体サイズ :直径約60mm×厚み20mm

KAWAGUCHI ソーイング用文鎮は持ちやすそうな形状が魅力ですが、面積当たりの重量が軽すぎるかもしれません。

KAWAGUCHI文鎮の接地圧
  • 重さ約0.36㎏
  • 接地面面積 約0.0028㎡

0.36÷0.0028=128.571…

 接地圧 約128.6kN/㎡

おすすめできない文鎮

アイレット打ち台をウェイト替わりに使うのはおすすめできません。

アイレット打ち具土台

理由はとにかく錆びるから。

ギュッと詰まった重さがあり安定感があるのでつい使ってしまうのですが、サビさせてしまうと、アイレットを打つときに錆が革についてしまう恐れが。

文鎮が不要になる型紙押さえ

ここまで文鎮について書いてきてなんですが、そもそも文鎮無しで型紙を押さえる方法もあります。

使い方については別の記事で。

全てのレザークラフター、革職人必携アイテムだと思います。

クラフト用文鎮のまとめ

結論は、ステーキ用ペレット大が最強。

奇跡的な持ちやすさで、なおかつ接地面当たりの重さも十分。

見た目を考えるとやはりプエブコですね。

より重い物が欲しいなら製図用 皮付文鎮を。

さらに重くて大型の文鎮が欲しいなら、バッグマイスターが最有力。

文鎮がいらなくなる?型紙押さえもあります。


地味な内容でしたが、こだわりだしたら文鎮だっておもしろい。

それがレザークラフト沼へ。

ようこそこちらへ😊

コメント

タイトルとURLをコピーしました