SLIKの雲台アクセサリー “スライディングアーム 2″がとにかく使える

ECサイト運営
スポンサーリンク

作業時の手元をわかりやすく撮るには、やはり俯瞰で撮りたい。

普通の三脚でも、工夫して真下にカメラを向けることはできるのですが、その方法だと三脚の脚がジャマで仕事がはかどらない。

どうしたものかなと思っていた矢先、以前、とあるアーティストの撮影のアシスタントをしたときに出会ったプロカメラマンの環境を見て「これは!」と思い立ち導入。

[この記事が役に立つのはこんな方]

この記事では、簡単に俯瞰撮影ができる便利ツール”スライディングアーム 2″について書いていきます。自社製品を撮影している非プロカメラマンとか、趣味で撮る方には参考になる記事だと思います。

スポンサーリンク

SLIKの “スライディングアーム 2″がとにかく使える

商品名はスライディングアーム 2。三脚の上から真横に伸びてカメラを支えるパーツです。
物撮りする方とか、手元を撮りたい方とか、テーブルフォトを撮る方とか、重宝する方は多いと思いますよ!レビューやるユーチューバーでも使ってる方いるんじゃないでしょうか?

スライディングアーム 2を使うことで得られるメリット

・とにかく作業記録が捗る
・自分の手元を楽に俯瞰で撮影できる
環境が作れる

何が便利って、三脚の脚から離れた位置を俯瞰で写せるんです。手を使わず俯瞰で写せても、三脚の脚が近くにあったらジャマになりますよね。これならそれが無い。

カメラの背面液晶を自分側に立てて、レリーズを垂らしておけば、カメラ本体に触れることなく、撮影ができます。手が汚れていても安心。

そのうえでカメラのタイマーを設定すれば両手を写すことが可能。めちゃめちゃ便利です。

寄れるズームレンズをつけておけば、それだけでもう何もいらない。

スライディングアーム 2のダメなところ

構造を見てもらえればわかるのですが、この商品は棒一本のシンプルな構造。固定する位置が端になればなるほど(長くするほど)、アームに負荷がかかりぶれやすくなる。

支えるカメラ&レンズの重さも、重ければ重いほどグラつきやすくなる。

なので、フルサイズの一眼レフとか、大きなレンズを付ける時は、伸ばし過ぎないで使うとか、バーのカメラと反対側に重りを垂らしてバランスを取るとか、気を付けて使う必要はあります。

スライディングアーム 2はミラーレスに最適

↑の最初の写真に写っているカメラは、普段は作品撮り用に使っているD750とタムロンのマクロ単焦点。ただ、これだと重くてちょっと不安です。なので、私は基本的にミラーレスを付けて撮影しています。使っているモデルはオリンパスのe-m10Ⅱ。

三脚は耐荷重3kgくらいあれば

3脚は耐荷重3kgくらいあればいいかなといった感じです。

うちで使っているのはSLIK の中型4段三脚504 dx。耐荷重は3kg。OLYMPUSなら揺れもほぼ感じずにディスプレイタップで撮影できます。

フルサイズ一眼レフだと、揺れが収まるまで待ってからシャッターを切らないと少しぶれます。レリーズケーブル使っているんですが、AFのモーターの挙動で揺れたりしちゃうんですよね。予算を上げてもう少ししっかりしてるやつだとぶれもおきにくいと思います。

スライディングアーム 2はこんな方におすすめです。

職人や芸術家、研究者、趣味、ユーチューバーなどなどには強くおすすめします!

 

スライディングアーム 2を使って撮れる写真はこんな感じ。

 お?

おお!?

これです!

作業最優先の照明環境なので、かっこいい写真とかではないんですが、これを求めてた方って結構いると思うんです。

商品撮影にももちろん大活躍。

今までの苦労が何だったのかと思うくらいの満足感

です。

 

その他の使い方

さらに、このアームできることは水平撮影だけではありません。

斜め下に向けてグイっと下げれば、ローアングルで遠近感を強調した撮り方もできます。アイディア次第で撮影のバリエーションを増やすことができます。

最近は、外付けフラッシュを拡散するアンブレラ用装着用にも使っています。

 

まとめ

かなり気に入っていてもう一本買おうかどうしようかと1年くらい悩んでいます。

二本目買いましたw 一本は作業記録用、もう一本はアンブレラを付けた外付けフラッシュ用です。

テーブルフォトや物撮りが多いカメラマンとか、料理研究家、自分のような工芸関係の職人、ハンドメイド作家などなど。本当に必要な人にはすごく便利です。

他のメーカーの安い互換品で信頼できそうなのが無いので、このスライディングアーム2はかなり有力な選択肢だと思います。


こんなの見つけました。普通に使いやすそう。ただ、耐重量がどうでしょうかね?

最長時の耐荷重は1.5kgらしいので、小型のミラーレスとかビデオカメラ専用かな?うまく使えば便利そう。使ってないから知らんけど。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました