朗報!シザーズ最大9丁持ち運べるロールシザーケースが登場

シザーケース

ロールシザーケースの新バージョンがデビューしました。

元々は4~5丁用で7ポケットで作っていた当モデルですが、こちらの新作は、9ポケットタイプ。つまり、コームを入れずシザーズ専用とするなら、9丁のシザーズを収納できるケースになります。

たくさんのシザーズを使う方にはきっと喜んでいただける商品です。

詳しくご紹介していきましょう。

 

 

最大9丁収納可能な9ポケットロールシザーケース

DSC_8076

写真奥の黄緑が従来の7ポケット(4-5丁用)、手前のキャメルが新作の9ポケットタイプです。

 

P6251309-1000

※↑のキャメルは2018年廃盤となりました。

コームやレザーをどのくらい入れるかによりますが、通常のサロンワークを想定すると、大体6~7丁くらいのはさみを収納できます。

基本的な使い方、どんな方に向いているか?など、7ポケット(4-5丁用)タイプについての記事でご紹介しています。↓

”ロールシザーケース” 私のしたい仕事ってこういう物作り。美容師さんの体のことを第一に考えたシザーケース
2018年12月 加筆修正しました。大人気のロールシザーケース。2010年に登場し、今日に至るまで少しずつ進化を遂げてきました。底が開く構造になって掃除がしやすくなり、フラップの補強で丈夫になり、革ひもが型崩れしにくい構造になり、コバの仕上

こういった置くタイプのシザーケースを使わない方からすると使い方のイメージがわきにくいかもしれません。普通のシザーケースを置けばいいんじゃないの?なんて思ったり。このシザーケースは、持ち運びや保管だけでなく、ワゴンやセット面に置いて使う時の使い心地にこだわって作りました。積極的にサロンワークでお使いいただきたいシザーケースです。

 

腰痛持ちのあなたにも朗報!身に着けないメリットは、腰が楽になること。だけじゃない!

結論から先に書きましたが、腰痛持ちに朗報です。普通のシザーケースは腰に付けて使う為、体のバランスが崩れ、腰を中心に、背中や肩、首、足にまで負担がかかります。その点、置いて使うこの製品は、体に負担をかけることがありません。

さらに、腰からハサミを取り出すよりも衛生的に優れ、所作もスマートです。

まさにいいことづくめ。多くのお客様からご好評いただいております。

 

ロールシザーケースはここが残念。こんな弱点が。

ロールシザーケースにも弱点があります。それは、ワゴンやセット面にケースを置くスペースが無いサロンでは使いにくいところ。ここだけはどうしても避けられない問題です。折り返して使うなどの工夫で、さほど広いスペースでなくても使うことができるので、ワゴンやセット面さえ確保できれば大丈夫だと思います。

そう考えると、多くのお店でクリアできる問題なのではないでしょうか??

 

 

 

 

カラーバリエーション

lattuga(レタス)

ambra(琥珀) 人気カラー

fiesta(赤)  / giallo(イエロー系ブラウン)

navy(ネイビー)人気カラー  / prugna(プラム)

mogano(マホガニー)  / nero(黒) 人気カラー

 

お気に入りのカラーは見つかりましたか?

deteでは、ロールシザーケースやクラッチバッグタイプなどの”置き型シザーケース”を展開しております。

定番だけど新しい、使い手の立場に立ったシザーケースのあり方を提案してまいります。「こんな製品が欲しい」とか、「こんなのあったら便利かも」とか、ご意見をください。理美容師さんが活躍しやすい世の中の実現に向けて、弊社は一丸となって邁進していきます。

理美容師さんの働きやすい世の中になることが弊社にとっても利益。ウィンウィンでがんばっていきましょう。

DSC_3903

ロールシザーケース 9ポケット

ロールシザーケース6~7丁用 置き、持ち運び用 | dete
高級感のあるプルアップ革を使った美容師用ワゴンシザーケース。置いて使う構造の為、腰に負担を感じることなく、スマートに仕事ができます。元美容師の革職人が、一つ一つ心を込めて作り上げています。その他理美容師用シザーケースもご覧ください。シザーケースのオーダーメイドも承ります。

ご注文はこちらから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました