~deteのシザーケースには名前が無い~

deteのシザーケースには、個々のモデル名がありません。

商品に、人や地域を連想させるような固有の名前を付けるブランドがあります。

日本ではあまりなじみがないですが、海外ではそのようなブランドは少なくありません。

真っ先に、私はIKEAが頭に浮かびます。お手頃価格ながらもおしゃれなイメージを持たせていて、ブランディングのお手本のような構成ですね。

deteのシザーケースには、固有名詞どころか、商品名もありません。

その代わりに、品番を商品名として利用しています。

例えば、S02-5。

この品番には意味があります。

分解してみると・・・

S・・・scissors

02・・・2つめのプロトタイプ

5・・・5丁のはさみが入る

という意味です。

わかりやすいでしょう?

品番から商品の形状がわかります。

シザーケースのラインナップ

2019年3月19日現在のラインナップは以下の通り。

  • S02シリーズ(一番人気シンプルモデル)

S02-4

  • S06シリーズ(手縫い3丁フラッグシップ)

S06-3

  • S09シリーズ(スリムなハイエンドモデル)

S09-5

  • S10シリーズ(5丁用フラッグシップ)

S10-5

  • S14-4

S14-4

  • S15-4

S15-4

  • RS-01シリーズ

RS-01

02から始まり、次が06です。

なぜ間が抜けているかというと、プロトタイプを製作したものの、商品化までこぎつけることができなかった商品があるからです。

商品化の準備として、商品の構想→試作→テスト→試作→テスト・・・というルーチンがあるのですが、この段階でふるい落とされる案もあります。

ちなみに、S02シリーズはさらに細分化されています。

S02シリーズ

S・・・scissors

02・・・2つめのプロトタイプ

無印/a/b/c/ac・・・オプション

5・・・5丁のはさみが入る

  • S02-4/S02-5(ベースモデル)

S02-5

  • S02a-4/S02a-5(ベルトレス フック着脱タイプ)

S02a-5

  • S02b-4/S02b-5(ダッカールベルト付き)

S02b-5

  • S02c-4/S02c-5(大容量タイプ)

S02c-4

  • S02ac-5

S02ac-5

これからも、deteには多くの商品が生まれ、それ以上に多くの未発表商品が生まれては消えていくことでしょう。

お蔵入りしてしまったプロトタイプも、deteにとっては大切な宝物。失敗があるから次の傑作が生まれる。

だから、お蔵入りの品番も永久欠番として大切に残しておくつもりです。

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら

dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加