amazonの激安防水スプレー(LOCTITE 超強力防水スプレー)と王道Collonilの防水スプレーのUVカット効果検証結果

皆さま覚えておいででしょうか?

1年前に検証した防水スプレー記事の最後に、UVカット効果についてはまた今度と書いていたことを。

amazonの激安防水スプレー(LOCTITE 超強力防水スプレー)と王道Collonilの防水スプレー比較。動画と写真で検証するその性能!
長い雨が続いてやっと晴れたところですが、革製品の雨対策に関するお話を。 今回検証する二種類の防水スプレーはこちら 左:Henkel (ヘンケル) LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 右:Collon・・・ read more.

長い記事の下の方です。

忘れてなんていませんよ。いや本当に。

時間をかけた甲斐あって、はっきりと効果が出ましたしね。

百聞は一見に如かず。早速、結論となる写真をご覧ください。

防水スプレーのUVカット効果検証結果

四角い革を四等分に区切る線が引かれているのがわかりますね。

この中のどれか一つがamazonの激安防水スプレー(LOCTITE 超強力防水スプレー)、一つがCollonilの防水スプレー、あとの2つが防水スプレーをしていない部分になります。

なぜ防水スプレーをしていない部分が2つあるかというと、1年前に耐水性と耐油性を検証した際にこ4等分に区切る必要が有ったためで、今回のUVカット検証においては特に気にしていただかなくて結構です。

検証方法

・区分を分けてスプレーをまんべんなく塗布し、日の当たる室内に1年間(2017年11月~2018年12月)放置。

・途中(2018年夏ごろ)、もう一度同じようにスプレー塗布。

結果発表

どこがどれだかわかりますか?

正解は・・・

左半分の2区分・・・防水スプレー無し
右上・・・amazonの激安防水スプレー(LOCTITE 超強力防水スプレー)
右下・・・Collonilの防水スプレー

でした。まあ消えかかったLとかCでわかりますよね。。。

左側半分は、革が日焼けして赤く濃くなっています。

写真では少しわかりにくいですが、LOCTITEの右上は、気持ち変色が穏やかです。

右下のCollonilは、他区分に比べて明るい色が保たれています。

王道Collonilのメンツが保たれた結果となりました。

LOCTITEもCollonilもUVカット効果をうたっており、どちらも一定の効果は認められました。

効果の大きさは、LOCTITEがわずかに焼けを防いだのに対し、Collonilはほとんど色が濃くなっておらず、かなり高い効果を維持した結果となりました。

まとめ

防水スプレーは一般的に水をはじく為に使われるものですが、防汚や、タンニンなめし革の変色防止にも一定の効果があるようです。

特に、今回検証した2商品の中では、値段の高いコロニルの方がUVカット効果が高く、防水防油効果も若干高い(前回の検証より)ということがわかりました。

やはり、きれいに使いたい方は適切な防水スプレーを使うといいのではないかと思います。

普通に使っていれば、防水スプレーを使っていても、いい感じに変色はしていくはずです。汚れを防ぎ、油脂の酸化を防ぎながら飴色に・・・という夢のようなエイジングが期待できるかもしれません。

※革とメンテナンス製品の相性及び使用状況により、革製品にシミや変色、変質をもたらす可能性がございます。当方はそれらの事象による損害に対して一切の責任を負いかねますm(__)m

必ず目立たない部分で試してからお使いになってください。

一緒によく読まれている記事

amazonの激安防水スプレー(LOCTITE 超強力防水スプレー)と王道Collonilの防水スプレー比較。動画と写真で検証するその性能!
長い雨が続いてやっと晴れたところですが、革製品の雨対策に関するお話を。 今回検証する二種類の防水スプレーはこちら 左:Henkel (ヘンケル) LOCTITE(ロックタイト) 超強力防水スプレー 右:Collon・・・ read more.
革製品の手入れ方法。製品ごとに違います。シザーケース、リュックサック、財布、ブックカバーなどなど
革製品は手入れが必要なもの。 「なんとなく知ってはいるけど、どうすればいいかわからない。どんな製品でもケアしなきゃいけないの?」 結論から申し上げると、どんな製品でもお手入れは必要です。 しかし、製品の種類によって・・・ read more.
革製品のお手入れ方法 ~美しいエイジング編~
前回の記事では、シザーケースにスポットを当てたお手入れの仕方を紹介しました。 シザーケース以外でも、水染みが気になる方、過酷な環境でお使いになる方には、おすすめの方法です。よろしければご覧ください。 ・・・ read more.
シザーケース屋が教える革製品のお手入れ方法 ~シザーケース編~ 
革製品のお手入れ方法というと、革製品を愛する誰もが一度は頭を悩ませる問題ではないでしょうか? 最適なケア方法は、対象となる革、製品、そしてケアの目的によって異なります。乾燥した地域でのケア方法と、年間を通して湿った空気・・・ read more.
革職人が選んだベストな革用ブラシに検証写真を添えて。
革用ブラシの違いでここまで差が出ます。大切な革製品のお手入れの参考にどうぞ。
よそでは聞けないおススメ革用防カビ剤!衣替え前に正しいケアを!!
突然ですが、革製品の保管時に何よりも心配なのはカビ問題!皆さんはどんな対策をしていますか? 頻繁に持ち歩いていれば気にする必要はありませんが、クローゼットの奥にしまい込んだり、ビニールの袋に包んでしまったりすると、簡単・・・ read more.
お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら

dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加