手縫いシザーケースS06-3ができるまで

定番のS06-3。今回は、定番外のイエローのイタリアンレザーで製作しました。

エルバマットというとても発色の良い素材です。経年変化も大きいので、使っていく中でどのように成長していくかも楽しんでいただきたい革です。

オーダーメイドシザーケース3丁用 栃木レザーヌメ革
スリムで洗練されたフォルムの3丁用シザーケース。縫製は全て手縫いのハイエンドモデルです。 ブラシの収納スペースを備え、ケース底から毛の掃除ができるなど、使いやすさにも配慮しています。

縫製は全てハンドステッチ。

手縫いの革製品作りは、初期投資がほとんどかからないので、ミシン縫いに比べて手軽に始めることができます。しかし、品質の高い手縫い製品を作るのは簡単なことではなく、作る人によってそのクオリティは大きく異なります。

革にかかる負担をどこまで抑えられるかが肝要。

何より大切なのは、縫い穴を広げ過ぎないこと。

そもそも、縫い穴を小さくできるミシン縫いの方が、革への負担は小さくできます。

しかし、糸切れのリスクを抑えるためには、ミシンよりも手縫いの方が有力な選択肢。

そこで、均一な最小限の大きさの縫い穴を開けることができること、一定の力で手縫いをすることがの両方を実現できて初めて、ミシンよりも美しく丈夫な革製品に仕上げることが可能なのです。

芯にも革を用いています。今回使用したのは、上質なヨーロッパ産カーフの肉面。

しなやかながらもコシがあります。

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加