小物用ミシン抑えの改良

ミシンには、押さえというパーツがあります。

文字通り、革や布を押さえて針を通しやすくし、強い力奥に送ることで、手を添えなくても針が次の目に進み、縫っていくことができます。

作る製品によっていろいろな押さえを使い分けます。段差があるものを縫う時、バッグのハンドルを縫う為のもの、金具にぶつかるのを避ける押さえなどなど。

今回の押さえは、小物用として販売されている押さえ。小さくて小回りが利くので汎用性が高そうだと思って購入したのですが、針が通るはずの穴と、実際の針の位置が微妙に合っていなくて、縫い始めるとすぐに糸が切れてしまうのです。

そこで、針が押さえに擦れる位置を確認し、思い切ってこの部分を切り取ることに。

ルーターで削り取りました。

このままではバリが残っていて革を傷つける恐れがあったので、サンドペーパーで磨いて使っています。

ミシンは電子制御された精密機械ですが、アナログな部分も多く、手作業でカスタムできる機械です。メカ好きな職人さんは、ミシンをいじるのが楽しいとか、使わないのについつい集めちゃうとか言って、貴重な古いミシンをコレクションしてたりします。

わかるようなわからないような・・・

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加