革職人の作業風景をセルフで撮影する環境。

作業風景の記録用に、SLIKの雲台アクセサリーを買いました。

手元をわかりやすく撮るには、やはり俯瞰で撮りたい。

普通の三脚でも、ちょっと裏技的な使い方をすることで、真下にカメラを向けることはできるのです。ただ、その方法だと三脚が近くて、如何せん邪魔で仕事がはかどらない。

どうしたものかなと思っていた矢先、以前、記事(とある休日)にも書いたPV撮影のアシスタントをした時に、プロカメラマンの環境を見て、「これは!」と思い立ち導入。

SLIK  SLARM2です。

三脚のてっぺんに装着してある、横に伸びたバー(カメラに装着した棒)が今回買ったもの。

三脚を遠くに置いて手元を俯瞰で写すことができます。

カメラの背面液晶をこっち側に立てて、レリーズを垂らしておけば、カメラ本体に触れることなく、撮影ができます。手が汚れていても安心。

タイマーを設定しているので、両手を写すことが可能。

めちゃめちゃ便利です。

寄れるズームレンズをつけておけば、それだけでもう何もいらない。

写真に写っているのは、普段は作品撮り用に使っているD750とマクロ単焦点。これだと重くてちょっと不安です。作業中は、コンパクトなオリンパスのミラーレスをここに吊るして使っています。ほぼ同世代の一眼レフとミラーレスを使っていますが、やっぱりミラーレスの方がいろいろと便利ですね。写りはニコンのD750に軍配が上がりますが。

自分の手元を撮影したい方には(いますか?)おすすめの環境です。注意点としては、ある程度しっかりした三脚が必要なのと、重さのバランスを取ること。うちでは重厚な真鍮金具をカメラと反対側に吊るしています。

求めていた環境が手に入りました。

 

作業最優先の照明環境なので、かっこいい写真は撮れません。

今のミラーレスも、4Kとか6K動画の1コマから切り出して写真にするっていう機能がありますよね。これがもっともっと進化して、メモリーカードの容量も増えていけば、朝、動画の録画ボタンを押すだけで、高画質の動画が撮れて、その中の好きな部分を切り出して写真にもできるっていう時代が来るのでしょうか?

そうなったら素晴らしいですが、6K、8Kとファイルサイズもどんどん大きくなっていくから、そうは問屋が卸さないのかもしれませんね。それと、EU諸国の関税政策に配慮(デジカメにはかからないのに、ビデオカメラのみ関税がかかるんです!)して、各社ミラーレスや一眼レフでは30分を超える連続した動画は撮影できないようになっているという問題も。

欧州向けとそれ以外とか分けて作ることはできないのでしょうかってボヤいてみる・・・。

お仕事終了後の掃除中。

お疲れ様でした~

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加