工房の断捨離とミニマム化計画

クリスマスの朝、目を覚ますと、靴下の中にたくさんのWECKのジャーが・・・

ってジャイアント馬場の靴下だってこんなに入りません。お店でも始めるんですか?

断捨離してます。

家じゅうを見直して、使ってないもの、使ってるけどこんなにたくさんいらないものを処分して仕舞って。

作業台の上にある工具でも、1ヶ月に1回使うか使わないかくらいのものもありました。

棚の奥には、2,3年日の目を見ていない入れ物があったり。

こんなに無駄があったのかと気づかされます。

断捨離だけでなく、これを機に、工房で使うものを”良い物”に変えていこうという取り組みも。目先の必要性を優先して、気に入らないデザインの収納を使っていたりもしましたが、それも減らし、気に入った長く使える製品で身の回りを固めていく作戦です。

送り出す物10に対して迎える物3くらいの割合。

表題のWECKは、作業台の上に置いて工具立てにします。

いろんなペン立てや収納雑貨を試した末に、これに辿り着きました。

サイズが豊富なことも素敵ですが、さらにいいのはガラスだから透明な点。

使いたい工具を探す手間が省けます。

今までは、手の届くところにあるのに見えていなくて使ってない工具なんかもありました。

はさみなんてその代表格です。

銀色の大きい奴は粗裁ちに使いますが、左右の小さい奴はここ数か月手にしてもいませんw

工具入れを見える化して、久々に目に付いたので使ってみました。

ハサミは平らな台に置かなくても切れるから、曲げ貼りした裏地を粗く落とすのに便利。

これからはもっと出番を増やしてあげたい。

いざ、断捨離をしてみると、後になって、「先週捨てたあれ取っとけばよかった~」っていうこともあります。私は2回ありました。

が、不思議と、一体何を捨てて後悔したのか全く覚えていません。それくらいの些細な後悔だったのだと思います。

合理的に考えるべきところです。

取っておいた場合のメリット/デメリット

メリット

  • いつか使う時に助かる

デメリット

  • 場所を取る(置き場に家賃が発生)
  • 物が多くて美観を損ねる
  • 散らかる分探し物が見つかりにくい
  • 散らかる分掃除がしにくい
捨てた場合のメリット/デメリット

メリット

  • 収納スペースの有効化
  • 部屋がすっきりする
  • 探し物が見つかる
  • 掃除がしやすくなる

デメリット

  • 一時の小さな後悔

以上

大抵の場合、捨てて後悔したとしても、また買えばいい場合が多いです。そうでないような貴重なものなら取っておくし、高価なものならそれを売ったお金で買い戻せばいい。

いろんな発見があった断捨離でした。

ところで・・・

この大量のフタはどうしよう。断捨る?

ジェンガでもする?

捨ててもきっと後悔なんてしない。たぶん。きっと。

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加