手縫いシザーケース S06-3 elephant

手縫いで制作したシザーケースです。 プラムにグレーの組合わせがグッド。 縦長のスリムな形状です。 コーム部分には十分な厚みを備えているので、フェイスブラシを収納したりなど、使い方の幅・・・ read more.

NO IMAGE

手縫いシザーケースs6-3 特注モデル 制作中

手縫いシザーケース制作中。 今回は象革を使用したスペシャルモデル。象革で手縫いのシザーケースを作るのは初めて。 良いものが出来そうな予感を感じながらの制作です。 制作中に撮った写真を添えて、今回の製品がどの・・・ read more.

革漉きの話から革業界の未来予測へとイリュージョンしていく話。

人の手で行う作業とは?人が機械を使う作業とは?革製品における人の手と機械の関係性には、どのような形があるでしょうか。

S10-5 2WAYベルト&フック兼用 SPモデル Mくん特注モデル制作中

余談ですが、ここ1、2年くらい、友人知人の後輩からご注文いただくことが多くなりました。入社当時から知っている子が育ってくれるのがうれしい。そして、自分の友達が教えた後輩がスタイリストデビューするということに小さな感慨を覚えたりします。

s-09-5

HP掲載品と同じ色でご注文いただいたこちらの製品。 こういうのってちょっと嬉しかったりします。 「この製品に合うのはこの色」って思って制作した見本が、そのまま気に入っていただけた場合とか。 「わかっていらっ・・・ read more.

バッググリップLapに裏地を付けるの巻き

バッグの持ち手カバー、持ち手まとめとして人気のバッググリップです。 時々裏地を付けてほしいというご要望をいただきます。 裏地を付けたい理由(それによって作り方が変わるので)をお聞き・・・ read more.

曲げ貼りの妙 シザーケースS09-5の場合

曲げるパーツに革の裏地を付ける場合、「表と裏の寸法」と「貼り方」、そして「厚み」に気を配る必要があります。 平面にべったりと貼り合わせてしまうと、きれいに曲げることができなかったり、嫌なしわが寄ってしまったりします。 今・・・ read more.

イタリアンレザーELBAMATT fieno シザーケースベルトのエイジング

エルバマットのfieno(干し草)で作ったシザーケース。 ベルト金具の交換で、ベルトのみを一時的にお預かりしました。 シザーケースくらい酷使される革製品ってなかなかないと思います。だからこそ、シザーケース職人とし・・・ read more.

革職人の作業風景をセルフで撮影する環境。

作業風景の記録用に、SLIKの雲台アクセサリーを買いました。 手元をわかりやすく撮るには、やはり俯瞰で撮りたい。 普通の三脚でも、ちょっと裏技的な使い方をすることで、真下にカメラを向けることはできるのです。ただ、その方法・・・ read more.

少しずつ、春

少しずつ春ですね。 私は、冬が嫌いです。夏はもっと嫌いです。特に暑いのがダメで、エアコン無しの暮らしなんて考えられません。情緒もへったくもれありません。 その分、春の暖かさや秋の涼しさを感じた瞬間には大きな幸福を感じます。 ・・・ read more.

最近のシザーケースS02-4

うちの製品は、オーダーメイドや受注生産品がほとんど。だから、ほとんどすべての製品が別ロット。 前にもこんなことを書きましたが、ちょっとずつ改良を加えています。 新たな発見があったり、お客様の声を反映させた・・・ read more.

New project

新しいプロジェクトがスタートしています。 仕事の合間を縫っての作業。ちょっとずつ形になってきました。 サンプルのためのサンプルみたいなものなので形になっていればいいのですが、せっかく作るからには、・・・ read more.

レザーサスペンダー 白、ブラウン、ネイビー、チョコ、キャメル・・・色がそろうと絵になるやはり絵になる。

まとめて制作した商品の一部です。 左右両端のものは修理&サイズ調整分。 時々、このようにしばらく使った商品をお預かりする機会があります。このサスペンダーというものは、本当にいい味がでる製品です。 それほど長く使って・・・ read more.

サスペンダーの修理をしました。切れた部分に革を巻いて修復

作業中の手元の写真や動画を、簡単に真俯瞰で撮れる環境を作りました。 当初の目的は、職人さんへの指示出し用だったのですが、使ってみるとこれが、意外に多くのメリットを享受することに気が付いた。 まず、動画を撮ってみると、自分の手の動・・・ read more.