社長のシザーケース

また不思議なものを作ってしまいました笑 全ての縫製を手縫いで行いました。 革:イタリア製タンニンなめし革 ネイビー/パープル 金属などでできたペン立てやメガネ入れなど、筒にハサミ・・・ read more.

社長オーダー ペン立て型シザーケース 制作中

オーダーメイドの革製品を作るブランドや個人工房はたくさんありますが、うちは割と特殊な製品を多く作っていると思います。その最たるものがオーダーメイドのシザーケース。 普通のパンツのヒップポケットに入れるケースや、リモワのケースに入れて使・・・ read more.

ショルダーバッグ試作

  今回はこのように仕上がりました。 作ってみての考察ですが、細かい点を挙げれば、ベルトがあと少し短ければとか、フラップの留め具に引っかかりがあった方がよかったなとかいろいろありま・・・ read more.

ショルダーバッグ試作 制作中

ショルダーバッグの試作中のスナップです。 1工程ごとに事細かに記録していて、ブログやインスタグラムで公開していいるのはその中のほんの一部。相変わらず撮影機材だけは  揃っている(過去記事 革職人の作業風景をセルフで撮影する環境。)ので・・・ read more.

小物用ミシン抑えの改良

ミシンには、押さえというパーツがあります。 文字通り、革や布を押さえて針を通しやすくし、強い力奥に送ることで、手を添えなくても針が次の目に進み、縫っていくことができます。 作る製品によっていろいろな押さえを使い分・・・ read more.

完成は無い。こだわりだしたらキリがないコバの仕上げ

コバ コバ。それは、革製品を作る上での永遠のテーマのようなものです。 コバというのは革と革を貼り合わせた端の端。カバンを正面から見ると、鞄の胴(ボディ)のコバは横に回らないと見えません。縫い目が鞄の内に来る内縫いでは目にすること・・・ read more.

deteの春

門の脇にチューリップが植えてあって、毎年この時期真っ赤な花を咲かせます。 大家さんが管理してくれているのですが、なんとこのチューリップ、井戸水で育てられているのです。 井戸水で育つチューリップなんてなかな・・・ read more.

国産カーフグレーとスモーキーブルーのブックカバー

オーダーメイドで制作したブックカバーです。 デッドストックの上質な国産革で制作しました。 革目を殺さない上質な色合いは、顔料を使わずに染料で行う染色と、グレージングによる艶出しによるもの。グレージ・・・ read more.

ブログURL変更のお知らせ!

独自ドメインを取得し、ブログURLを変更しました。 今後は、こちらので更新していきます。ブックマークの変更をお願いいたします。 URLが変わっただけで、内容等には変更ございません。過去の記事もご覧いただけます。 ご・・・ read more.

ヌメ革とはどんな革?日本のヌメ革とイタリア版のヌメ革TOIANO

ヌメ革というとどんなイメージがありますか? 日本に昔からある”ヌメ革”とはどんな素材なのか、イタリアのタンニンなめし革と比較しながら考えてみましょう。 ヌメ革ってどんな革? こう問われて多くの方が思い浮かべるのが、”ベージ・・・ read more.

2017 目黒川 桜まつり

4/4、中目黒にて花見。 川沿いの桜はやっぱり散り際の花筏が見所だと思っているので、これから咲くつぼみが残っているこの日の状態はまだまだ不完全燃焼。 今日からの暖かい日差しに期待しましょう。 次の日・・・ read more.

オーダーメイドを中心にシザーケースいろいろ

同時期に制作させていただいたシザーケースをまとめて撮影しました。

オーダーメイドシザーケースのご紹介 S10-5SP 栃木レザー&ELBAMATT(エルバマット)使用

詳細はこちら シザーケース5丁用 S10-5 SP特注モデル 2way イタリア革ELBAMATT&栃木レザー お問い合わせはこちら E-mail shopmaster@dete.jp Tel 0・・・ read more.

象革の手帳カバー NOLTY リスティ1用手縫い特注モデル

手縫いで制作した象革の手帳カバーです。 深い皺模様が独特です。 この手帳カバーの仕様は、一本のペンを左右に一つずつ配置したペンホルダーに通すことで、ペンを閂(かんぬき)にして留めることができる仕組みになっています・・・ read more.