革と皮の違いとは?革の製法や加工法も紹介

皮と革革辞典

DeteLogのミコガイです。

革と皮って何が違うの?

こんな質問に対して、なんとなくはわかっていても、うまく答えられない方が多いんじゃないでしょうか?

よどみなく返せるようになるよう、明瞭に解説します。

スポンサーリンク

革と皮の違いは?

皮と革

“皮”は鞣(なめ)していない状態のもの。皮をなめすと”革”になります。

『なめす』というのは、皮を腐らなくして、素材として使いやすい状態に変える工程のことです。

※素材として使っていても、毛が付いているものは革ではなく皮です。

例を挙げますね。

≪皮に該当≫

  • 焼き鳥の皮
  • ジャガイモの皮
  • なめす前の原皮
  • 牛ハラコのラグ
  • コートに使う毛皮

≪革に該当≫

  • 財布に使う牛革
  • バッグに使うワニ革
  • ベルトに使う革
  • バッグに使うスエード

なんとなくイメージできますか?

生物の皮をなめすと革になります。革と皮は別物です。
なめしてあっても毛皮は例外で皮に分類されます。
ミコガイ
ミコガイ

財布やバッグに使う”かわ”は、毛皮を除いてほぼ全て”革”と思って間違いないです!

では、革にはどんな種類があるのでしょうか?

ここからは革の分類について話します。

革の製法の種類

革を皮に変えることをなめすというのは前項で話した通り。そのなめしの種類(製法)の代表的あものを紹介します。

革のなめし方の種類|タンニン鞣し

木から抽出したタンニンを使ってなめす製法です。

≪タンニンなめし革の性質≫

  • 使ううちに色が変わる
  • 使ううちにツヤが増す
  • 水を吸いやすい
  • 革にクセが付きやすい
  • 硬い革が多い

出典 クロムなめし革とは?タンニンなめし革&ヌメ革との違い

一言でいうと、ナチュラルで味の出る革です。

ヌメ革やブライドルレザーイタリアンレザーなどが該当します。

タンニンなめし革(ヌメ革)について詳しくはこちら☟

革のなめし方の種類|クロム鞣し

金属の三価クロムを使ってなめす製法です。

≪クロムなめし革の性質≫

  • タンニンなめしよりキメ細かい
  • タンニンなめしのような色変化が無い
  • 水を吸いにくい
  • 柔らかい革が多い
  • 鮮やかな色の革を作りやすい
  • 世の中の革の80~90%がクロム鞣し
  • 安い革~最高級革まで様々な価格帯

出典 クロムなめし革とは?タンニンなめし革&ヌメ革との違い

本当に様々なクロム鞣し革がちまたにあふれているので一言でくくるのは難しい。

タンニン鞣し革と対照的な性質と覚えておいてください。

クロム鞣し革は、いわゆるアメ色に変化したりはしない革です。

革のなめし方の種類|その他のなめし方法

白鞣し・・・なたね油と塩だけでなめす日本伝統のなめし方法

油鞣し・・・セーム皮の製法

などなど。

革の染めの種類|顔料と染料

クロムなめし、タンニンなめしなどなめしの種類とは別に、色を出すのに染料を使っているのか、顔料を使っているのかで性質が変わります。

 顔料染料
色移りリスク◎低い△高い
変色リスク〇低い×高い
発色の良さ◎良い〇くすみが出やすい
経年変化の味わい
(タンニン鞣し革)
△顔料の厚みによる◎色つやの変化アリ
仕上がり傷を隠せるが平面的自然の風合いが楽しめるが、傷やシミが残る

詳しくは☟の記事で。

顔料を使っている革は悪い革?染料と顔料のメリットとデメリット

革に使う動物の種類

主なものは以下の通り。

  • 牛革
  • 豚革
  • 山羊革
  • 羊革
  • 馬革

これらは一般的に出回っていて、よく見かけます。

安定的に供給できる革。つまり、安定的に原皮を仕入れることができる生き物。

つまり家畜です。

逆に、野生でしか手に入らない動物の革は非常にレアで高価です。

例えばペッカリーのようなね。

引用 動物図鑑 クビワペッカリー

ペッカリー 革 楽天検索

ちなみに、靴や財布などでよく使われるカーフという素材がありますが、これは若い牛の革のことです。

その他にエキゾチックレザーという希少革もありますが、話が広がり過ぎてしまうのでは今回は割愛します。

牛革とはこんな革

このサイトDeteLogでも最もよく登場する革です。

供給量が多く品質が安定しており、厚みもあり丈夫です。

世の中の革の多くが牛革だと言っても過言ではありません。

なめしや加工により様々な表情に仕上がります。

原皮の産地によって品質に差があると言われ、北欧産が最高品質、次いで南欧、北米などが続きます。

豚革とはこんな革

丈夫で軽い。薄く加工しても耐久性が保たれるので、裏地には最適です。

比較的薄く柔らかくなめされている豚革が多いですが、実は硬くも分厚くもできます。

安価な商品が多いですが、Gucciなどでメインの素材に使われていたりも。

他の革と違い、国内で消費された残りの皮が国内で革に加工される地産地消素材でもあります。

山羊革とはこんな革

豚革と同じく丈夫で軽い。薄く加工しても耐久性が保たれるので、裏地には最適です。

豚革よりも繊細な仕上がりにすることができます。

安価なものから高級品まで、財布から靴まで様々な使い方ができます。

羊革とはこんな革

柔らかく繊細な素材。手袋やバッグ、裏地用として多く使われています。

やはり安価なものから高級品まで。

馬革とはこんな革

衣料用、バッグなどに。

お尻の部分の深層部を削り出すとコードバンという高級素材になります。

それぞれの革の違いを楽天で

それぞれの革を楽天で検索してみると何となく違いが分かってくるのではないでしょうか。

靴が多い革、バッグが多い革、柔らかそうな商品が多い革など。

牛革 楽天検索

豚革 楽天検索

山羊革 楽天検索

羊革 楽天検索

馬革 楽天検索

革の加工の種類

革は、製法や動物の種類以外に、加工の種類でも分類されます。

ここでは、代表的な物をいくつかあげて簡単に紹介します。

  • スムースレザー…表面がつるっとした革
  • シュリンクレザー…薬品で縮めてシボを出した革
  • シボ革…革を振ったり回したりして自然なシボを出した革

    最高のシボ革E.geminiとエルバマットの経年変化写真
  • 型押し(エンボス)…熱とプレスで型を付けた革

    女性に人気の革 [ワープロラックスカーフ]ワインハイム社製
  • スエード…裏面をけば立たせた革
  • ブライドルレザー…イギリスで伝統的に作られるロウとワックスを浸透させた馬具用の牛革

    THOMAS WARE&SONSブライドルレザー屈強でクールな革
  • グレージングレザー…メノウなどの石を使って革表面にまさつをかけて光沢を出した革
  • カゼイン仕上げ…卵白や乳製品に含まれるたんぱく質を利用し、革表面に光沢のある保護膜を付ける加工のこと
  • プリント加工…革表面に柄を転写する染色方法
  • 床革…革の裏面の廃材。芯材として使われる。商品に利用されるケースもあるが、耐久性が低く、経年劣化が早い
  • ヌバック…表面をけば立たせた革
  • ガラスレザー…ガラスなどに貼って乾かすことで鏡面仕上げに加工した革
  • エナメルレザー…表面を塗装して鏡面仕上げに加工した革
  • オイルレザー…オイルが多く入った革の総称
  • サドルレザー…グレージングで仕上げたヌメ革などの総称。定義はない
  • アニリン仕上げ…主に靴に使われる、独特の透明感ある染め技法
  • ニベ革…通常の革よりもさらに内側の肉面を残し、あえて肉面の荒々しさを利用したリバースレザー

他にもいろいろありますがこの辺で・・・

《バックスキンとは?》
よくある間違いで、バックスキンをスエードと勘違いしている方が栃木県を中心にいるようです笑
バックスキンのバックbuckとは鹿のこと。つまり、鹿革です(羊革などを指す場合も)。backではありません。なぜ栃木県かというと、栃木の方言で、後ろを裏と言うから。(私は栃木出身)
バック=裏、裏の革=スエードという誤解。
これは私の持論なので間違っているかもしれませんが笑

まとめ

皮をなめして腐らない状態にしたのが革で、これらは全くの別物です。

革にも製法や素材に違いがあって、それぞれ性質や雰囲気も違います。

一般的なのは牛革ですが、牛革の中でも製法や加工によって全く別の革になります。

革の世界は深いですよ。ようこそこっち側へ笑

違いを感じながら革製品を楽しんでいただけたら幸いです。

コメント

  1. K より:

    こんにちは
    私も革と皮の違いについて考えていたことがあるので、興味深く読ませていただきました。

    ずっと疑問に思っていたのが
    太鼓や三味線など、和楽器の素材には”皮”が多く用いられています。
    太鼓の一種である皷(つづみ)にも皮という字が入っています。
    英語のWikipediaで”Taiko”と検索しても、LeatherでなくSkinが使用されています。
    鞣しているはずなので革が適切だと思うのですが、製造方法の違い?それとも歴史や文化的な面?とっても不思議です。

    また、一般的に「革=Leather」「皮=Skin」とされていますが、探せば異なる使用方法してるところもあるのかな?と考えています。

    疑問が尽きないばかりです。

    • dete より:

      コメントありがとうございます。
      私も太鼓用の皮については詳しくないのですが、知っている範囲でお答えします。

      太鼓の皮が『革』ではなく『皮』である理由は生皮だからです。つまり“なめしていないから”が回答になるかと思います。

      元来の太鼓は、脱毛処理だけをした生(き)の状態の皮を使っていました。これは日本の太鼓だけでなく、アフリカや中東などの太鼓でも同じようですね。
      こちらのページhttp://www.info-niigata.or.jp/~junjun/djembe/skin/skin3.htmlで販売されている太鼓用の素材は、革ではなく、脱毛処理だけをした皮です。

      最近では、安価なことを理由になめした革を日本の太鼓に使うケースもあるようです(ソース http://soka-saiho.jp/craftsmen/kawatoikiru/vol04.html)

      https://www.fujitou.jp/shopdetail/001001000022/
      こちらで太鼓用の生皮が売られています。生皮であるにも関わらず丸革と書いてある理由は、『丸革』という記載が一般的な為『丸皮』と書くと意味(一頭丸ごとサイズ)が伝わりにくいからだと思います。

      なお、leatherなのかskinなのかは、革の厚みの違いです。その為、同じ牛でも子牛はカーフスキン、成牛はカウレザーやカウハイドとなります。

      • K より:

        引用も添えた丁寧な回答ありがとうございます。
        なるほど、鞣さなくても乾燥させるだけであれだけの耐久力を持つのですね。知りませんでした。
        てっきり、塩漬けでない皮はすぐに腐敗するものとばかり思ってました。

        厚みによってSkinとLeatherが分かれるのであれば、成牛の場合は鞣していなくてもレザーと呼ぶのでしょうか。
        私の中では、
        革=Leatherという大枠の中で、薄いものはSkinとも呼ばれる、という認識でした。

        • dete より:

          >革=Leatherという大枠の中で、薄いものはSkinとも呼ばれる、という認識でした。
          私も同様の認識でした。

          英語についてはもっと門外漢なので、はっきりとしたことは言えませんが・・・

          なめしていない皮のskinは、皮は皮でも、剥いでいない状態や生きている状態の皮膚などを指すのかもしれません。
          塩漬けの原皮はRaw leather(生の革)でしょうか?
          これを最初のなめしだけを行った白い革(クロム鞣しの場合)はウェットブルー(Wet blue)ですね。

          まだまだわからないことがたくさんあるので、本を漁って勉強していこうと思います!

          • 匿名 より:

            お忙しいところ何度もご回答ありがとうございます。

            皮革関連の英語を学ぶのは楽しいですね!
            欲を言えば、イタリア、フランス語あたりが分かればもっと色々調べられるのになぁと悶々としています。

    • dete より:

      追記 
      この業界は雑な部分が多いので、革製品を販売しているメーカーが革を皮と書いていたりもします。特に古い情報を引きずっている会社は。

      もう一つ革と皮が混同している例をあげると、セーム皮があります。
      セーム皮は油でなめしているので、本来は『セーム革』です。しかし、『セーム皮』の表記の方が一般的になっているので、これについては私も倣って『セーム皮』と表記しています。

タイトルとURLをコピーしました