オーダーメイドブックカバーとレザークラフト上級者向け講座

オーダーメイド作例
スポンサーリンク

以前製作させていただいたオーダーメイドブックカバーを紹介いたします。

前半では商品紹介を。中盤以降は、この商品を例にしたレザークラフト講座(上級者向け)をしていきます。

商品の詳細については最後にご案内しております。

 

オーダー内容

  • A5判の薄い本に使うブックカバー
  • 折り返し部分をフタ兼留め具に
  • ミシンステッチ
  • しおり付き

写真とともに紹介していきます。

スポンサーリンク

オーダーメイドブックカバー|超レアカーフのグレーと水色しおり付き

極淡いグリーンを感じるグレーの表革に、内装は全て水色。

水色は、南国の空のようなパキッとした空色のイメージ。

自立した大人のイメージに、女性らしい鮮やかな内装がマッチした素敵な仕上がりになりました。

外から見える水色部分は、しおりと、上下の隙間からちらりと顔をのぞかせる内装。

さりげないアクセントがおしゃれですね。

オーダーメイドブックカバーを例にレザークラフト上達のコツを語る

ちょっとマニアックですが、レザークラフトを上達させたい方に向けて、製法についてお話ししていきます。

deteの革製品がどのように作られているか興味があるというお客さまにも楽しんでいただけるのではないかと思います。

ヘリ返しで作るブックカバーの口元

表紙を挟む口元は、ヘリ返しで作りました。

〈ヘリ返しとは?〉
革の端をうすく漉き、裏側に折り返して貼ったり縫い付けたりする製法のこと。
断面にも革の表側が見えるので、上品な仕上がりになります。
断面が丸く滑らかに仕上がるので、本の出し入れもしやすくなりますね。些細なことですが使い心地に関わってくるポイントです。

今回の素材は接着の効きが良い革なので、ヘリ返し部分の縫製はいりません。

もしこれが、オイルたっぷりの革であったり、よく擦れる部分であったりすると、ヘリ返し部分にミシンをかける必要が出てきます。

4つに折りたたんでつくる革のしおり

パッと見はわからないかもしれませんが、この細いしおりは、約0.35mmに加工した極薄い革を4つに畳んで貼り合わせてから縫い上げています。

〈どうして4つ折りなの?〉
革は、表層に近い部分の方が丈夫です。
逆に言えば、床面(肉側)に近い部分はもろいとも言えます。つまり、丈夫な革にしたければ、表に近い部分を残して床面はできるだけ削り、薄くなった革を何枚も重ねるのが良い方法。2つ折り、3つ折りでも作ることは可能ですが、今回は、見た目のデザインや耐久性を考慮し、贅沢な4つ折り仕様になりました。

ネンを入れた革と同色のコバ

良くできたコバやネンは、革に詳しくないお客さまをも自然と惹きつける大きな魅力を持っています。

ネンはコバ磨き/塗りよりも大切?

〈ネンとは?〉
革製品の断面とステッチの間に刻む細いミゾのこと。
装飾効果と同時に、熱で断面付近を引き締める効果もある。

私個人の考えでは、コバの磨きや塗りよりもネンの方がもっと大切です。

コバ磨きや塗りよりもネンが大切な理由は、コバは側面からしか見えない部分が多いですが、ネンは正面から見えるからです。

何事においてもそうですが、小さな部分よりも大きな部分(大きく目に入る部分)が大切です。

ネン引きが高級革製品の証?

ネンは、高級革製品の証とも言われます。

実際、高価な製品の方がネンが入っていることが多く、また、高価な製品の方が繊細で上質なネンが入っていることが多いです。

ネンに対する職人のこだわりは並々ならぬものがあります。

道具選びから始め、自分で道具を削り、磨き、温度にこだわり、オリジナリティを追求して身に着けた技が詰め込まれています。

あなたが今お使いの革製品には、どんなネンが引かれていますか?

革の色に合わせたグレーのコバ

コバに使う塗料は、自分で調合して革にマッチする色を作ります。

今回は、白、黒、水色にキャメルを少し足して調整しました。

こういった調合は、ふのりや蜜蝋の磨きでは作れません。

☟でコバについての考え方や方法について書いています。

ふのりと蜜蝋のコバ磨きの方法については、ふのりと蜜蝋のコバ磨きの方法 [革職人伝授]でがっつり紹介しているのでよろしければご覧ください。

とはいえ、やっぱり革製品作りで一番大切な工程は、手縫いでもミシン縫いでも、[縫製]の作業

ネンも正面から見えますが、もっと目立つのはやっぱりステッチです。

コバやネンをキレイに仕上げるのは大事ですが、それらはきれいに縫えるようになってからの話。まず、縫いの質を上げましょう。

手縫いでもミシン縫いでも同じです。

キレイなステッチを実現するコツ|手縫いもミシン縫いも同じ

キレイなステッチを実現するコツは、道具をキチンとメンテナンスして、正しい使い方を覚え、練習を重ねること。

今回紹介した商品は、外側の帯部分は手縫いそれ以外は全てミシン縫いです。

割と整ったステッチに仕上がったのではないでしょうか?

スポンサーリンク

オーダーメイドブックカバーの注文方法や補足

こちらの商品の詳細は、こちらでご紹介しております。

A5判ソフトカバー用ブックカバー 国産希少デッドストックカーフ dete
オーダーメイドで制作したブックカバーです。 詳細はお問い合わせくださいませ。

同様の仕様、他のサイズ(例えば文庫本やビジネス書用など)でご注文を承ることも可能です。

ご不明な点がございましたら、こちらの記事のコメント欄もしくはお問い合わせからお問い合わせください😊

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました