ヴィーガンレザーとは?合皮との違いは?

革辞典
スポンサーリンク

レザーブランドdete代表のミコガイです。

最近よく聞くヴィーガンレザーって何?

合皮と何が違うの?

そんな疑問にシンプルにお答えします。

この記事のテーマは大きく分けて3つ

  1. ヴィーガンレザーとは?
  2. ヴィーガンレザーは大きく分けて3種類!合皮との違いは?
  3. 未来キタ!天然素材由来のヴィーガンレザー

という内容でお話していきます。

ちなみに、先日書いた記事”ヴィーガンレザーが流行ると革製品はオワコン化します“がバズってChromeのおすすめ記事に紹介され、一日で約2000人の方に読んでいただきました。

多くの人の目に触れると叩かれたりもするのかなと思ってもいましたが、意外にもほぼほぼ肯定的か中庸な意見しか目にしていない。

きちんと内容まで読んでくださった方が多かったようで嬉しいです。

ただ、一部ヴィーガンレザーに対する誤解がありそうだなという反応もあったので、この記事で改めて

“ヴィーガンレザーとは何なのか?”

を考えていきたいと思います。

ある情報筋によると、2019年時点でのヴィーガンレザーの注目度は、国内でもアパレルブランド方面を中心に急速に高まっている模様。

見過ごせない状況です。

本題に入る前に、2019年8月時点での、革の専門家としての私のスタンスを話しておきます。

  • 合皮・・・革と比較するとあきらかに品質が劣る。使いません。
  • 人工皮革・・・人口スエードだけ使っている。
  • 革・・・ピンキリだがキリの品質は圧倒的に優秀。
  • 天然由来のヴィーガンレザー・・・将来性に期待。

ヴィーガンレザーとは?

ヴィーガンレザー=フェイクレザー

以上です。

革のような見た目や質感で、なおかつ動物質の成分を使っていない生地がヴィーガンレザー。

/

じゃあ合皮のことですね。

ミコガイ
ミコガイ

合ってるけどそれだけじゃない。合皮じゃないヴィーガンレザーもあります!

? 
じゃあ、合皮以外にはどんなヴィーガンレザーがあるの

お答えします。

ヴィーガンレザーは大きく分けて3種類!合皮との違いは?

  • 合皮(合成皮革)
  • 人工皮革
  • 天然素材由来のヴィーガンレザー

合成皮革と人工皮革は別物です

合成皮革:化繊布を樹脂でコーティングしたもの
人工皮革:立体的に織った化繊の繊維にポリウレタン樹脂を染み込ませたもの。

どちらもいずれは劣化しますが、人工皮革の方が革に近い構造で長持ちします。

関連記事 ヴィーガンレザーが流行ると革製品はオワコン化します より

 合皮人工皮革天然由来
ヴィーガン
 
耐久年数~3年~6年未知数~30年以上
(手入れ次第)
多様性
(バリエーション)

価格
(合皮価格=×1)
とても安い
(×1)
安い。
(×2~2.5)
結構高い
(×5~)
ピンキリ
(×1.5~30)
よくある劣化べたつき
ひびわれ
はがれ
べたつき
ひびわれ
はがれ
未知数ひびわれ
変色
カビ
サスティナビリティ
(持続可能性)
◎?
商品素材として
アリ?ナシ?
×〇?

既存の合皮や人工皮革の最大の欠点は、加水分解を起こしてしまうこと。

加水分解するとどうなるか?

ベタつきやひびわれなどの表面の劣化を引き起こします。

革なら適切なケアである程度劣化を防ぐことができるのですが、合皮や人工皮革はいくら丁寧にケアしても時間が経てばダメになります。

合皮の劣化が萎える

特に合皮については、耐久性が問題。

繊維を塩化ビニールやポリウレタンでコーティングしただけの構造なので(それぞれPVC、PUと呼ばれる)、どうしても経年の劣化は避けられない。

しかも、劣化の仕方がかなり残念で萎えるんですよね。

大切にしていたバッグを久々に使ったらボロボロのベタベタに・・・

ってショックですよね。

今後の技術革新でそういう点が解消されるなら、内装などで導入を検討してもいいと思っています。

話はわかったけどヴィーガンレザーって今までの合皮と変わりがなくてガッカリ。

ここまでの情報ではおっしゃる通りです。

でも、ヴィーガンレザーはそれだけじゃありません!

ここからは、”本当のヴィーガンレザー”こと、”天然素材由来のヴィーガンレザー“についてお話していきます。

未来キタ!天然素材由来のヴィーガンレザー

天然素材由来のヴィーガンレザーとは、主に植物質の原料を使った革っぽい素材のこと。

今話題のサスティナビリティ(持続可能性)を実現するエコ素材ということで注目されています。

〈Muskin〉

 

MuSkin – samples and small production amounts – Life Materials

何これ!?新しすぎる!

マッシュルームの菌を培養し、革のような繊維を作り上げているのだとか。

でもこれが革かと問われれば疑問はあるw

革というよりも毛皮に近いようなワイルドな雰囲気ですが、可能性は多いに感じます。

↑のリンクからサンプルを購入できるようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Piñatex® by Ananas Anamさん(@pinatex)がシェアした投稿

↑こちらは前回のヴィーガンレザーの記事でも紹介したパイナップル繊維由来のヴィーガンレザー。商品化が進んでいて一歩先を行っている印象です。

シャネルもこのピニャテックスを使った帽子を発表しました。

天然由来ってコンセプトはおもしろいけど、革みたいなクオリティはないでしょ?

って思う方もいらっしゃると思います。

私はまだ手にできていないので、↑で紹介した商品のクオリティについては何とも言えませんが、現時点での私の結論は以下の通りです。

ヴィーガンレザーが革に匹敵するバリエーションや品質やサスティナビリティを実現するのはまだまだ先のこと。
でも、10年後、20年後はかなり楽しいことになっているはず。
2019年時点ではですが、革の方が高品質ですし、革こそエコでサスティナビリティです。

※日本や欧州先進国では環境に配慮していないタンナーは排除されています。
※牛、豚、山羊などの原皮は肉の副産物なので、肉食が維持され続ける限りは、革は環境面でも動物愛護観点でも合理的な材料です。

でも、ここから先はハイスピードで進化が続いていきそう。

キノコの菌を培養したヴィーガンレザーは、Muskin以外でも研究が進められています。


2019年10月、ある展示会で国産企業のヴィーガンレザーに触ることができました。
結論から言うと、日本の企業が天然由来のヴィーガンレザーを商品化するのはもう少し先になりそう。とはいえ、研究者の方のお話は希望に満ちたものでした。いつか、革が使えない未来が来たとしても、より優れた素材でものづくりができていることに期待しています。

天然由来のヴィーガンレザー製品はどこで買えるの?

楽天でヴィーガンレザーで検索してみても、出てくる商品はほとんど合皮のようですね。

ヴィーガンレザー 楽天検索

Amazonはどうかというと、やはりこちらも天然由来の新しいヴィーガンレザーはほとんど見かけない。

ヴィーガンレザー Amazon検索

パッと見た中で唯一目についたのはこれ。

木で革っぽい質感を作る発想はおもしろいですよね。

ヴィーガンが多いヨーロッパでは、菌糸レザーのスニーカーやバッグなども買えるらしいです。

例えば↓これ

nat-2™ Fungi brown white (W/M/X)
nat-2™ x Zvnder vegan sneaker line made from real fungus | fomes fomentarius!The elementary material for the project was developed and delivered by Berlin based...

アッパーは菌糸レザーとリサイクルPETの人工皮革

アウトソールは天然ゴム、インソールは天然コルク、ライニングはエココットン。

 

nat-2™ Cannabis marijuana (W/M/X)
From Munich to Kingston.  nat-2™ launches sustainable luxury vegan sneakers made from real cannabis leaves German high end sneaker brand nat-2™ presents vegan l...

アッパーは大麻葉、リサイクルPETの人工皮革

アウトソールは天然ゴム、インソールは天然コルク、ライニングはバイオセラミック。

 

ちなみに菌糸レザースニーカーの値段は599€、へンプスニーカーは€499。

それぞれ71,335円と59,426円(2019年8月8日時点)

高い・・・

 

このブランドはヴィーガンレザーにこだわっているのではなく、ヴィーガンファッションにこだわっているようです。

うちは革ブランドなので革基準で考えてしまいますが・・・

本革があまり使われなくなった未来では、革らしい見た目にこだわる必要性は薄れていくのかもしれない。

この記事のまとめ

  • ヴィーガンレザーとは、革を模した素材のこと
  • ヴィーガンレザーと呼ばれる素材は大きく分けて3つ
    -合皮、人工皮革、天然由来のヴィーガンレザー
  • 合皮は劣化が萎える。人工皮革も劣化する
  • 現時点では革に匹敵する合皮や人工皮革は生まれていない
  • 天然由来のヴィーガンレザーは今後進化を続ける見通しで、ヨーロッパではすでに商品化が進んでいる

というお話でした。

今後もヴィーガンレザー業界から目が離せそうにありません。

それではまた。

 

多数の反響をいただいた記事です。こちらも一緒にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました