電子書籍『革職人になる方法』販売中>>

ヴィーガンレザーとは?合皮との違いは?

革の種類と専門知識
この記事の内容は2022年06月29日に更新されました。

レザーブランドdete代表のミコガイです。

 
 

最近よく聞くヴィーガンレザーって何?

合皮と何が違うの?

そんな疑問にシンプルにお答えします。

結論を言ってしまうと、

ヴィーガンレザー=フェイクレザー

これが回答です。昔からあるもので特に目新しいものではありません。

でも、これだけだと誤解を与えてしまうかもしれないので、ちょっとだけ詳しく解説します。

この記事のテーマは大きく分けて3つ

  1. ヴィーガンレザーは大きく分けて3種類!
  2. 合皮との違いは?
  3. 未来キタ!天然素材由来のヴィーガンレザー
  4. ヴィーガンレザーの品質は革より劣る?

という内容でお話していきます。

先日書いた記事”ヴィーガンレザーが流行ると革製品はオワコン化します“がバズってChromeのおすすめ記事に紹介され、一日で2000人の方に読んでいただきました。

ヴィーガンレザーがいかに注目されているかがわかります。

本題に入る前に、2021年11月時点での、革の専門家としての私のスタンスを話しておきます。

《革や合皮やヴィーガンレザーに対するデテログとdeteのスタンス》

  • 合皮・・・革と比較するとあきらかに品質が劣る。使わない。
  • 人工皮革・・・人口スエードのみ採用。それ以外使わない。
  • 革・・・ピンキリだが良い革は人工皮革やヴィーガンレザーとは比較にならない品質の高さ。deteのメイン素材
  • 天然由来のヴィーガンレザー・・・将来性に期待(2021年時点では採用する理由がない)。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヴィーガンレザーとは?

先にも話しましたが、

ヴィーガンレザー=フェイクレザーです。

革のような見た目や質感で、なおかつ動物質の成分を使っていない生地がヴィーガンレザー。

/
 

じゃあ合皮のことですね。

ミコガイ
ミコガイ

合ってるけどそれだけじゃない。合皮じゃないヴィーガンレザーもあります!

? 
 
じゃあ、合皮以外にはどんなヴィーガンレザーがあるの?

お答えします。

スポンサーリンク

ヴィーガンレザーは大きく分けて3種類!合皮との違いは?

  • 合皮(合成皮革)
  • 人工皮革
  • 天然素材由来のヴィーガンレザー

合成皮革と人工皮革は別物です

合成皮革:化繊布を樹脂でコーティングしたもの
人工皮革:立体的に織った化繊の繊維にポリウレタン樹脂を染み込ませたもの。

どちらもいずれは劣化しますが、人工皮革の方が革に近い構造で長持ちします。

関連記事 ヴィーガンレザーが流行ると革製品はオワコン化します より

この表⇩は横スクロールできます。

 合皮人工皮革天然由来
ヴィーガン
耐久年数~3年~6年未知数~30年以上
(手入れ次第)
多様性
(バリエーション)

価格
(合皮価格=×1)
とても安い
(×1)
安い。
(×2~2.5)
結構高い
(×5~)
ピンキリ
(×1.5~30)
よくある劣化べたつき
ひびわれ
はがれ
べたつき
ひびわれ
はがれ
未知数ひびわれ
変色
カビ
サスティナビリティ
(持続可能性)
◎?
商品素材として
アリ?ナシ?
×〇?

既存の合皮や人工皮革の最大の欠点は、加水分解を起こしてしまうこと。

加水分解するとどうなるか?

ベタつきやひびわれなどの表面の劣化を引き起こします。

革なら適切なケアである程度劣化を防ぐことができるのですが、合皮や人工皮革はいくら丁寧にケアしても時間が経てばダメになります。

合皮の劣化が萎える

特に合皮については、耐久性が問題。

繊維を塩化ビニールやポリウレタンでコーティングしただけの構造なので(それぞれPVC、PUと呼ばれる)、どうしても経年の劣化は避けられない。

しかも、劣化の仕方がかなり残念で萎えるんですよね。

大切にしていたバッグを久々に使ったらボロボロのベタベタに・・・

ってショックですよね。

今後の技術革新でそういう点が解消されるなら、私どものブランドdeteでも内装などで人工皮革を導入を検討してもいいと思っています。

エコレザーはヴィーガンレザー?

最近エコレザーってよく聞くけどこれもヴィーガンレザー?

デテログ
デテログ

ちがいます!エコレザーは一言でいうと環境に配慮して作られた本革のこと。

NPO法人の日本皮革産業連合会が認定した基準をクリアした革がエコレザーとして認定されます。

フェイクレザーやヴィーガンレザーとは意味合いが異なります。

参考 エコレザーとは|日本エコレザー基準認定事業

話はわかったけどヴィーガンレザーって既存の合皮と変わりがなくてガッカリ。

ここまでの情報ではおっしゃる通りです。

でも、ヴィーガンレザーはそれだけじゃありません!

ここからは、”本当のヴィーガンレザー”こと、”天然素材由来のヴィーガンレザー“についてお話していきます。

スポンサーリンク

未来キタ!天然素材由来のヴィーガンレザー

天然素材由来のヴィーガンレザーとは、主に植物質の原料を使った革っぽい素材のこと。

今話題のサスティナビリティ(持続可能性)を実現するエコ素材ということで注目されています。

ビリーフ(beLeaf)

植物の葉をそのまま使ったバッグ登場 パリ発の「アメリ・ピシャール」 - WWDJAPAN
パリ発のシューズおよびバッグブランド「アメリ・ピシャール(AMELIE PICHARD)」は、植物由来の原料を使用したビーガンレザー製のバッグを3タイプ発表した。パイナップルやサボテンの繊維を使用したものは従来の技術を活用しているが、植物の葉をそのまま使ったバッグは世界で初となる。

クワズイモの葉をなめした素材。植物原料なので革ではありませんが、個人的にヴィーガンレザーと呼ばれる素材の中では最も期待している素材(2021年5月時点)。

熱帯雨林に生えているクワズイモの葉を収穫した後、葉の繊維を強化するため環境に優しい方法でタンニングを行っており
引用元 植物の葉をそのまま使ったバッグ登場 パリ発の「アメリ・ピシャール」 | WWDJAPAN

タンニングと書かれているのでタンニンなめしなのかもしれません。

デテログ
デテログ

葉っぱを原料にした革風素材…さわってみたいです。

〈Mylo〉Bolt Threads社 マッシュルーム素材 2020年11月更新

シートの上で菌糸を培養させ、革のような質感や見た目に作り上げたヴィーガン素材。

写真は、2018年に製作された、ステラマッカートニーとのコラボモデルのプロトタイプです。

Products made with Mylo will be available from adidas, lululemon, Stella McCartney, and more starting in 2021.

引用元 Mylo Unleather

Google翻訳
Myloで作られた製品は、2021年から、adidas、lululemon、StellaMcCartneyなどから入手できるようになります。

2021年からアディダスやステラマッカートニーなどで販売が開始されるそうです。

公式ページの説明で一部気になる部分があります。

We process the resulting network and tan and dye it to make Mylo.

引用元 Mylo™ | Vegan, Sustainable Mycelium Leather

革の分野でtanといえば、革に使う薬品のタンニンか、タンニンの作用で日焼けさせるの意味かなのですが、このヴィーガン素材でtan and dyeというのは、日焼けで色が変わることを意味しているのでしょうか?(英語あまりわからない)

だとすると、タンニンが含まれたヴィーガン素材だということになりますね。

また一歩、ヴィーガンレザーが本当の革に近づいたのかもしれません。

〈Muskin〉 マッシュルーム素材

何これ!?新しすぎる!

マッシュルームの菌を培養し、革のような繊維を作り上げているのだとか。

でもこれが革かと問われれば疑問はあるw

革というよりも毛皮に近いようなワイルドな雰囲気ですが、可能性は多いに感じます。

↑のリンクからサンプルを購入できるようです。

デテログ
デテログ

2021年、エルメスがMycoWorks(マイコワークス)というスタートアップ企業と提携してマッシュルームレザー製バッグの販売を発表しました。
この素材は、MycoWorksの特許技術FineMyceliumを使ったものだそうです。

Pinatex ピニャテックス パイナップル繊維素材

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Piñatex® by Ananas Anamさん(@pinatex)がシェアした投稿

↑こちらは前回のヴィーガンレザーの記事でも紹介したパイナップル繊維由来のヴィーガンレザー。商品化が進んでいて一歩先を行っている印象です。

シャネルもこのピニャテックスを使った帽子を発表しました。

2020年3月、ピニャテックスの実物を手に入れました。ひと通り触ってみましたが…

デテログ
デテログ

残念ながら、私どものブランドで使える品質ではなかったです。

こちらで紹介しています。

ヴィーガンレザーは革よりも品質が劣る?


天然由来ってコンセプトはおもしろいけど、革みたいなクオリティはないでしょ?

って思う方もいらっしゃると思います。

デテログの結論は、「その通り。」です。

2021年時点での私の考えは以下の通りです。

ヴィーガンレザーが革に匹敵する品質やサスティナビリティを実現するのはまだまだ先のこと。
現に、2021年時点で日本でヴィーガンレザーとして販売されている商品のほとんどは、従来と何ら変わりのない合皮や人工皮革。植物由来といいながら実は、ヴィーガンレザーの原料のほとんどは石油だったりします。

 

正直、今のヴィーガンレザーにはファッション性も耐久性も限界が感じられる。

でも、「10年後、20年後はかなり楽しいことになっているはず。」と期待はしています。

デテログ
デテログ

2021年時点では革の方が高品質でエコ。革こそがサスティナビリティな素材と言えます。

今すぐに革が無くなったら大変です。今後も排出され続けるものすごい量の原皮を、燃やすなり埋め立てるなりして廃棄し続けなくてはならなくなります

関連記事 本革こそサステナブル|断言できる1つの理由

※日本や欧州先進国では環境に配慮していないタンナーは排除されています。
※牛、豚、山羊などの原皮は肉の副産物なので、肉食が維持され続ける限りは、革は環境面でも動物愛護観点でも合理的な材料です。

ここから先進化が進みそうなヴィーガンレザーについても触れておくと、たとえばキノコの菌を培養したヴィーガンレザーは、Muskin以外でも研究が進められています。


2019年10月、ある展示会で国産企業のヴィーガンレザーに触ることができました。
結論から言うと、日本の企業が天然由来のヴィーガンレザーを商品化するのはもう少し先になりそう。
とはいえ、研究者の方のお話は希望に満ちたものでした。いつか、革が使えない未来が来たとしても、より優れた素材でものづくりができていることに期待しています。
スポンサーリンク

天然由来のヴィーガンレザー製品はどこで買えるの?

2020年に入ってからは、ヴィーガンレザー熱の高まりを感じます。

ですが、楽天でヴィーガンレザーで検索してみても、出てくる商品はほとんど合皮のようですね。

たとえばこんな商品があります。

 

先ほど紹介したピニャテックスのお財布です。

 

 

 

ヴィーガンレザー商品を楽天で探す

Amazonはどうかというと、やはりこちらも天然由来の新しいヴィーガンレザーはほとんど見かけない。

ヴィーガンレザー Amazon検索

ヴィーガンが多いヨーロッパでは、菌糸レザーのスニーカーやバッグなども買えるらしいです。

例えば↓これ

nat-2™ Fungi brown white (W/M/X)
nat-2™ x Zvnder vegan sneaker line made from real fungus | fomes fomentarius!The elementary material for the project was developed and delivered by Berlin based...

アッパーは菌糸レザーとリサイクルPETの人工皮革

アウトソールは天然ゴム、インソールは天然コルク、ライニングはエココットン。

nat-2™ Cannabis marijuana (W/M/X)
From Munich to Kingston.  nat-2™ launches sustainable luxury vegan sneakers made from real cannabis leaves German high end sneaker brand nat-2™ presents vegan l...

アッパーは大麻葉、リサイクルPETの人工皮革

アウトソールは天然ゴム、インソールは天然コルク、ライニングはバイオセラミック。

ちなみに菌糸レザースニーカーの値段は599€、へンプスニーカーは€499。

それぞれ71,335円と59,426円(2019年8月8日時点)

なかなかいいお値段。

このブランドはヴィーガンレザーにこだわっているのではなく、ヴィーガンファッションにこだわっているようです。

うちは革ブランドなので革基準で考えてしまいますが・・・

本革があまり使われなくなった未来では、革らしい見た目にこだわる必要性は薄れていくのかもしれない。

この記事のまとめ

  • ヴィーガンレザーとは、革を模した素材のこと
  • ヴィーガンレザーと呼ばれる素材は大きく分けて3つ
    -合皮、人工皮革、天然由来のヴィーガンレザー
  • 合皮は劣化が萎える。人工皮革も劣化する
  • 2022年時点では革に匹敵する耐久性や質感のヴィーガンレザーは生まれていない
  • 天然由来のヴィーガンレザーは今後進化を続ける見通しで、続々と商品化が進んでいる

というお話でした。

ある情報筋によると、2019年時点でのヴィーガンレザーの注目度は、国内でもアパレルブランド方面を中心に急速に高まっている模様。問い合わせが多くなっているんだとか・・・

我々dete®とデテログの考えですが、いくら環境に配慮したヴィーガン素材が登場したとしても、革を無くすのは合理的ではありません
理由は、食料としての肉が消費される限り皮は排出され続け、処分するかリサイクルするかの選択に迫られることになるから。
肉を食べた残りの皮を今後どう活用するか?について語っているヴィーガンレザーメーカーや、ブランドは見た事がない

ヴィ―ガンレザーを推し進めたいブランドからすると、革の利用が、廃棄された皮の処理に役だっているのは不都合な真実の一つなのでしょう。

デテログ
デテログ

この廃棄皮問題を解消せずに革からヴィーガンレザーへの流れを推し進めるのはナンセンスだとデテログは考えています。

とはいえ、ヴィーガン素材はファッション素材の一つとしては面白みがあります。

今後も注視していきたいと思います。

それではまた。

多数の反響をいただいた記事です。こちらも一緒にどうぞ。


2020年10月更新 本当にサステナブルなのは本革という語られない真実

本革こそサステナブル|断言できる1つの理由

本革こそサステナブル|断言できる1つの理由
レザーは肉の副産物です。革製品は持続可能性が高く、皮を革(レザー)にすること自体がリサイクルなのでとても理にかなったものづくりだということは、疑いようのない事実なのではないだろうか?そんな思いで書きました。

コメント

  1. のん より:

    ピンキリのキリは最低なので、品質悪い側では…すみません。

  2. 藤原岳矢 より:

    こんにちは。
    天然由来のヴィーガンレザーの生地を入手するルートってありますか?
    あればぜひぜひおしえてほしいです。

    • detedete より:

      誠に恐れ入りますが、現在、問屋さんへの紹介はしておりません。ご了承くださいませ。

  3. 和哉 より:

    結局のところは根っこ部分はただのフェイクレザーなのに名前を変えて今時の薄っぺらい意識高い系に訴えかけているだけでしょ?くだらなすぎて溜息が出る。こういった流れや過剰な環境保護やら何やらは最終的には既存の社会を破壊する事に利用されている事が殆どだし、安易に「地球や生き物に優しいから」とこういったブームに乗らないでほしいと思いますわ。
    それでも全てに優しい生活を送りたいのなら光合成でも出来るようになってくださいとしか言いようがないです。

タイトルとURLをコピーしました