皮革用クリーム Brillo(ブリオ)はヌメ革に使える?《革の悩み相談》

革製品のお手入れ

✉「栃木レザーの手入れについて」

 

ある日届いたのは一通のメール。

 

「お宅のメンテナンスについてのブログ記事を読んで連絡した。プレゼントで栃木レザーのナチュラルカラーのヌメ革のベルトをもらったが、初めてヌメ革を手にする為どのように手入れをしたらいいかわからない。手元にBrilloというクリームがあるんだが、これを使っていいものか教えてくれろ」

とのこと。

お答えします!

スポンサーリンク

皮革用クリーム Brillo(ブリオ)はヌメ革に使える?

結論から申しますと、ブリオは問題なくヌメ革に使えると考えています。

ただし、成分について一部意見が分かれる(好みによる)部分があるので、アリかナシか一緒に考えていきましょう。

ご質問の中でテーマとなっているのは、ナチュラルカラーのヌメ革と件の革用クリーム。クリームは、株式会社コロンブスのBrillo(ブリオ)という製品です。

これですね。

正しく理解する為に、まずはヌメ革の性質についてきちんと理解しましょう。わかっているという方はざっと読み飛ばしてください。

ヌメ革とは?

ざっくり言えば、昔ながらのナチュラルなタンニンなめし革で、表面加工も染色もしていないベージュ色の革です。

タンニンなめしって?

ミモザ、ケブラチョ、チェスナットなどの木から抽出したタンニン(渋)を使ってなめす製法。

アメ色に変化していきます。

なめしって?

皮を加工し、革にする工程のこと。染色や、柔化、加脂など、革を仕上げる一連の加工全てをひっくるめてなめしと呼ぶケースも多いです。

 

過去記事でヌメ革について書いたこともあります。

ヌメ革とはどんな革?日本のヌメ革とイタリア版のヌメ革TOIANO
DeteLogのミコガイです。 ヌメ革というのは、ナチュラルなベージュ色の革で、使っていくうちに色が濃くなってツヤが出る革です。 良...

この記事は多くの方に支持していただいているようで、検索かけると上位にヒットしており、当ブログの中では割とアクセスの多い記事です。

より詳しく知りたい方はこちらもご欄ください。

Brillo(ブリオ)とはどんなクリーム?

まず始めに申し上げておく必要があるのは、私はこのクリームを使ったことが無いということ。

じゃあ何もわからないんだね。

 

と言われてしまうと正直辛いです。とはいえ、市販されているクリームの多くを試してきた私です。

ブリオは今後の宿題としますが、成分表記を見ればクリームの傾向は大体わかりますので、その範囲内でお答えさせていただきます。

ブリオのメーカー説明文

プルプルとしたジェル状クリームで皮革をケア。
シトラスグリーンの香りが心地よい、べたつかない皮革用クリームです。
革製品の保護、ツヤ出し(防カビ剤配合)無色タイプなのでどんな色にも使用でき、靴だけでなくお財布やハンドバッグ、レザーウェアにもお使い頂けます。

主成分:ろう、油脂、シリコーン、水

ブリオの性質

ブリオはゲル状のクリームのようです。

こういった形状は、革の保湿を目的としたケア剤に多いです。

例えば、Mモウブレイのデリケートクリームや、サフィールのデリケートクリームなどが近いです。この二つにはそれぞれロウや小麦由来のたんぱく質が配合されていますが、これらはどちらも保湿の為の成分です。

人のお肌に塗る基礎化粧品にも使われている成分です。

一番の特徴は、保湿成分が革のうるおいを保ち、ひび割れをふせぐこと。

革のひび割れについてはこちらで詳しく書いています。

水分量が多く延ばしやすい為、塗りムラができにくく使いやすいケア剤といえるでしょう。

ブリオのその他の成分について

ビーズワックス、ひまわりワックス、ホホバオイルなど天然の蝋や油脂成分が使われており、ナチュラルな成分にこだわってブレンドしているようです。

ブリオは有機溶剤も含んでいないので安心です。

有機溶剤は多少なり革を色落ちさせてしまいます。特にタンニンなめし革との相性は良くないです。

有機溶剤は汚れ落としの目的で入っている場合もありますが、この製品は汚れ落としは目的としていないようです。

一点気になるのが、シリコンが含まれていること。

革とシリコンの関係

シリコンは革をなめす時に使われる場合があります。

某国内タンナーのある革は、弾力を出すために、鞣した後の仕上げ過程でシリコンを含ませているそうです。

防水スプレーの主成分としてシリコンが使われる場合もあります。

こちらで防水スプレーに関する記事も書いています。

amazon激安防水スプレーLOCTITEと人気のCollonilウォーターストップ比較
Amazonで激安で販売されているヘンケルジャパンの防水スプレーLOCTITEとコロニルのウォーターストップを比較検証。動画と写真と職人の感覚を交えて詳細に比べています。

シリコンというものは、床にこぼすとツルツルでまともに歩けなくなるくらい効果が強いものです。ヌメ革だったら間違いなく風合いは変わるでしょう。

光沢を強く出したいのであればそれも良いかもしれません。

ヌメ革にブリオを使ってもいいか?

ネット上の口コミを見ると、ブリオをヌメ革に使用しているという情報もありました。

その方の意見では特に問題は無いようです。

シリコンを革に塗布すると、革の通気性を損なう為、革に悪影響を及ぼすという意見があります。

私個人の意見としては、ヌメ革に関して言えば、そこまで気にしなくてもいいように思います。

ヌメ革ならシリコンを塗布しても大丈夫と考える理由
ヌメ革という素材は、革の中では断トツに通気性や水分の浸透性の高い素材です。ちょっとくらいコーティングしたところで、革の通気性や透湿性が無くなって革がダメになったりということは考えにくいです。

皮革用クリーム Brillo(ブリオ)はヌメ革に使える?のまとめ

ヌメ革にブリオを使ってはいけないという理由は見つかりません。

ただ、個人的にはシリコンを使ったこの製品よりも、保湿や加脂を目的としたクリームを使うことをお勧めします。

よろしければこちらも参考にしてください。

サフィールのデリケートクリームはヌメ革におすすめ!ただし難点も

より汚れを付きにくくするためには、ワックスやオイルを塗る前にフッ素系の防水スプレーをかけましょう。

Brilloは、しなやかさを維持したいカーフ製の靴や財布など、繊細な製品により適しているように思います。

ご質問者様にとって大切なプレゼントの品ですので、適材適所をきちんと考え、よりベターな方法でお手入れされたら良いのではないでしょうか。ブリオは革靴などに使うと良いでしょう。

これからも質問に答える形での記事も紹介していきたいと思います。長文最後までお読みいただきありがとうございました。

最後に、deteが考えるヌメ革のおすすめお手入れ方法を記して〆といたします。

ヌメ革のケア方法まとめ

  1. ブラッシングで汚れ落とし
  2. フッ素系防水スプレーをムラなく念入りに
  3. クリーム塗布
  4. 影干し
  5. 乾いたらブラッシング

使い方によりますが、数週間から1,2か月に一回くらいのお手入れから始め、様子を見ながら続けてください。なお、製造元の意図によってもおすすめのケア方法は異なる為、メーカー推奨の方法がある場合はそちらを優先してください。

防水スプレーの吸引を原因とする健康被害が報告されています。必ず屋外で使用する、顔の近くで使用しない、マスクを使用するなど、商品の注意書きを守り、正しく使いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました