手縫いシザーケースS06-3ができるまで

レザークラフト講座
スポンサーリンク

定番のS06-3。今回は、定番外のイエローのイタリアンレザーで製作しました。

エルバマットというとても発色の良い素材です。経年変化も大きいので、使っていく中でどのように成長していくかも楽しんでいただきたい革です。

手縫いシザーケースS06-3ができるまで

ブラックとイエローを1個ずつまとめて作りました。これだけのパーツを使います。

手縫いの為の穴を開けた状態で貼り合わせていきます。貼り合わせが1mmでもずれたらもうだめ。品質はガクッと落ちてしまいます。

美しい縫い目とコバに仕上げる為、細心の注意を払って作業を進めます。

手縫いのやり方

縫製は全てハンドステッチ。予めあけておいた縫い穴ですが、縫う前の時点では貫通していません。それじゃあどうやって縫うのでしょうか?

針がものすごくとがってる?いいえ、むしろ、針先は自分で丸く加工してから使います。理由は、革を傷つけない為。

「じゃあどうやって縫うの?」

正解は、菱錐(ひしぎり)というキリを使って、一つ一つ穴を貫通させながら縫い進めていきます。

この方法により、縫い穴の広がりを最小限に抑えることができるのです。せっかく手縫いしても、縫い穴が大きく広がっていては、耐久性が落ちるだけでなく見た目も美しくない。

何より大切なのは、縫い穴を広げ過ぎないこと。

そもそも、縫い穴を小さくできるミシン縫いの方が、革への負担は小さくできます。

しかし、糸切れのリスクを抑えるためには、ミシンよりも手縫いの方が有力な選択肢。

だったら、ミシン縫いと手縫いのいいとこどりをしましょう。

ミシン縫いのように革への負担の少ない手縫いが合理的かつ美しく作る方法。

均一かつ最小限の大きさの縫い穴を開けることができること、一定の力で手縫いをすることの両方を実現できて初めて、ミシンよりも美しく丈夫な革製品に仕上げることが可能なのです。

手縫いの革製品作りは、初期投資がほとんどかからないので、ミシン縫いに比べて手軽に始めることができます。
しかし、品質の高い手縫い製品を作るのは簡単なことではなく、作る人によってそのクオリティは大きく異なります。

革にかかる負担をどこまで抑えられるかが肝要。

 

芯にも革を用いています。今回使用したのは、上質なヨーロッパ産カーフの肉面。

しなやかながらもコシがあります。

芯材選びは無数の選択肢があります。ルールはありません。それがいいと思うなら、新聞紙を使ったって、ボール紙を使ったっていいんです。

だからこそ、何が最良なのかは、一朝一夕で見つけられることではありません。テストピースを作ってトライアルアンドエラーを繰り返すことが大事です。

 

オーダーメイドシザーケース3丁用 栃木レザーヌメ革
スリムで洗練されたフォルムの3丁用シザーケース。縫製は全て手縫いのハイエンドモデルです。 ブラシの収納スペースを備え、ケース底から毛の掃除ができるなど、使いやすさにも配慮しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました