スエードショルダーバッグを改良。目指す使い心地があります。

その他商品
スポンサーリンク

先日のフェイクスエードのバッグを改良。

ショルダーストラップを革のものに変更しました。

 

デザインに統一感が出ました。使い心地では、ショルダーストラップもスエードにするのがベター。革を使うと、スエードに比べると少々硬さが出ます。セオリー通りの厚みでは×。

柔らかく軽やかなバッグ本体との相性を考え、ストラップに使用する表革の厚みと、裏地のスエードの貼り方を工夫しました。

 

 

鞄本体に使用したのは、日本の化学繊維メーカーが作る人工皮革スエード。いわゆるヴィーガンレザーです。

本革の国産ピッグスエードと比べ、あらゆる点で優れていると思います。

しなやかな生地の質感がゆるやかなドレープを作り上げています。

イメージしたシチュエーションは、ちょっとしたお出かけ。

革だけど、あくまでもカジュアルに。

体に沿う柔らかさを生かし、ファッションの一部として楽しめる鞄です。

 

現実的な価格での量産ができ、尚且つ細部の仕上がりにも抜かりがない。そんな製品を目指した商品です。もう少し煮詰めて製品化する予定です。

 


 

製品かした商品はこちらです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました