サスペンダーの修理をしました。切れた部分に革を巻いて修復

レザークラフト講座

この記事では、サスペンダーを修理した際の作業風景を公開しています。

サスペンダーの商品紹介をご覧になりたい方はこちら↓へ飛んでください。

レザーサスペンダー着こなしの法則!簡単おしゃれコーディネート術
サスペンダーコーデの法則をずばりご紹介。相性の良いアイテムと悪いアイテムも載せています。

 

作業日 2017/02/05

サスペンダーの修理をしました。切れた部分に革を巻いて修復

お客さまから預かったdeteのサスペンダーを修理していきます。早速見ていきましょう。

パーツの準備

まず、修理箇所を見てみましょう。

10mm程度の切れ込みが入っています。

ここに革を巻いて修復します。

巻く革の準備

 巻く革は、約0.4mmまで漉きました。元々3mmほどある革なので、その差は一目瞭然。

 よく揉んで、柔らくしつつ、漉いた時についた革のクセを取ります。

サスペンダーに革を巻いてみたところ、色や質感に少々ずれがありました。

同じ革を使用しているのですが、使用して味が出た状態と新品の革では色も質感も違います。

布やブラシで磨き、疑似的な経年変化をさせることにしました。

 

かなり近づきましたね。

この後、必要な幅に切りそろえて、巻く革の準備は完了です。

サスペンダー側の下処理

革を貼る部分を荒らしていきます。荒らすことにより、ボンドの効きを強めることができます。

荒らし終わったら、ボンドを塗ります。

ボンドを塗ったら、切れ込みに補強テープを貼ります。

 

切れ込みを覆うように。

 

このひと手間で、より丈夫に仕上がります。

 

補強テープを貼ったら圧着し、その上からもボンドを塗っていきます。

これで下処理が完了。ここからは革を巻いていきます。




補修革巻き

裏面から貼り始めて、一周巻いたところでローラーで軽く圧着。

平らにならしたい場合はローラーが一番効率的です。

今回は、巻く革が三つ折りになる構造の為、巻く革の銀面(表)の一部も接着面になります。その為、やはりここも刃物で荒らして、接着しやすくしておきます。

くるりと一周半巻きつけました。

圧着の仕上げに、ハンマーで叩きます。これで、より接着が強まります。

余った革は、際の部分で裁ちます。

カット完了。

ミシンをかけてガッチリと仕上がりました。

糸を処理し、ミシン跡を目立たなくして完成。

自然な仕上がりになりました。

とてもいい味の出たこのサスペンダー。

これからも末永くご愛用いただけたら嬉しいです。

ありがとうございました。

サスペンダー栃木レザー 男性向けクリップタイプ dete
当店のクリップサスペンダーをベースに、よりシンプルかつ無骨に仕上げた、特に男性におススメなデザインです。以下がクリップサスペンダーとの違いです。 ・幅を15mmから24mmにした点 ・クリップを含め、金具は全て真鍮製 ・調節して余った部分が垂れないシンプルなデザインにした点 カジュアルなクリップサスペンダーに比べ、よ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました