[RODI – C.riso]マイネに型押ししたイタリア製牛革

革辞典
スポンサーリンク

スポンサーリンク

RODI – C.risoはイタリア革らしいポップColorの上品なエンボスレザー

人気のイタリアンレザー”マイネ”をベースに、フィルム加工で光沢を与え、熱を加えたエンボスプレス加工を施した素材です。

エンボスの柄はいわゆるスコッチグレインとほぼ同じ物。似た柄の型押し革は紳士靴などでよく見かけると思いますが、こちらは革小物用に作った素材です。型押しの為傷が付きにくく、革製品に不慣れな方でも扱いやすくなっています。

この革特有の光沢が鮮やかな色彩を一層引き立たせます。イタリアンレザーは色落ちリスクが高いのがセオリーですが、その中では比較的色落ちしにくい素材だと思います(完全に色落ちしないわけではありません)。

一枚革である程度強いコシがあるので、裏地を付けないカジュアルな小物などにも使えます。もちろん、革の裏面を出さないシックな製品に使ってもOK。

 

RODI – C.risoで作った革製品はこちら

ブックカバーです。このパキッとした水色は素敵ですよね。透明感もあって自然な印象です。

型押しの柄がわかりやすい写真。凹凸で陰影があって独特の表情です。

正直、弊社ではあまり登場頻度が高くない素材です。これはこれで独自のポジションを得られる素材かなと思い仕入れましたが、少し難しかったかもしれません。現状では在庫限りになりそうな見込みです。

RODI – C.risoが向いている製品は?

使うシーンを選ばない素材。ブックカバー、シザーケース、手帳その他におすすめ。

RODI – C.risoが向いていない製品は?

特に不向きな製品は見当たりません。

RODI – C.risoのお手入れ方法は?

表面はフィルム加工によりコーティングされています。通常の使用で目に見えて剥がれてくることはありませんが、有機溶剤を含んだケア剤はおすすめできません。

普段のお手入れは、優しくブラッシングしてあげることをメインに行ってください。

 

Il Consorzio Vera Pelle Italiana Conciata al Vegetale(イタリア植物鞣し本革組合)に加盟するTEMPESTI社製のタンニンなめし革。

・なめし・・・ タンニンなめしエンボス加工
・原産 ・・・ イタリア
・硬度 ・・・ ★★★★★☆☆☆☆☆(5/10)
・Col. ・・・nero(黒)/fuxia(ピンク)/cobalt(青)
・厚さ ・・・ 1.4~1.7mm
・価格 ・・・ ★★★★★★☆☆☆☆(6/10)

 

タイトルとURLをコピーしました