JAL 工場見学~SKY MUSEUM~

ここのところプライベートで工場見学にハマっています。

前回はプレモルでおなじみの、サントリー武蔵野ビール工場に行きました。

武蔵野ビール工場は、清潔感溢れるハイテク工場といった感じ。

今回は、テレビでも度々紹介されているJALの整備工場見学に。

工場萌え間違いなしです。

まずは教室で映像を見ながらの座学から。

お気づきですか?座席の並びが、

AB CDEF GH

の機内と同じ並び、同じ幅になっています。ニクい演出です。

歴代のCAの制服が並んでいます。

おしゃれ。

座学が済んだところで、館内の博物館見学ができます。

ファーストクラスのシートがあったり…

操縦席の模型があったり…

昔はこんな道具を使って航路を計算していたらしいです。

実際に使われていたフライトバッグ。錠前がamiet製。

やはりこういうところに目が行ってしまうんですね。

昔のノベルティ。革製品もありました。

何年か前に、JALの方から、同僚の方へのプレゼントの品を注文いただいたことがあります。

お渡しした製品に、JALのロゴを刻印して渡したそうです。電話でやりとりしての製作だったり、喜びの感想もいただいていたのでよく覚えています。

企業さんとか、有名な方からお声かけいただくと、それまでよりも3割増しくらいで個人的に好きになってしまったりします笑

公私混同甚だしいですね。

それまで自分だけが一方的に知っていた存在だったのに、向こうからも気にしてもらえたことが嬉しいという、片思いが実ったような気持ちです。

若田光一さんは元々JALの整備士だったそうです。この整備工場で若かりし頃の若田さんが、夢を胸に抱いて働いていたのでしょう。

やっぱり工具とか、それの入れ物なんかが気になります。

エンジンの1/4模型。こういうのも好きな人はたまらないんでしょうねぇ。

それでは、整備場内に行ってみます。

 これです!

高い位置から見下ろすと本当に壮観なのです。

天井の骨組みもかっこいいですよね。

本当に広い。

JALのロゴ入り赤ヘル。

大きな扉が開きます。

工具入れがシャビーな感じ(潮風で本当に錆びてる)で素敵です。

扉の高さ!

こんな感じです。

特別飛行機に興味があるわけではありませんでしたが、そんな私も楽しめました。

写真を撮るのも楽しいです。

おすすめ。

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加