シザーケース屋が教える革製品のお手入れ方法 ~シザーケース編~ 

革製品のお手入れ方法というと、革製品を愛する誰もが一度は頭を悩ませる問題ではないでしょうか?

最適なケア方法は、対象となる革、製品、そしてケアの目的によって異なります。乾燥した地域でのケア方法と、年間を通して湿った空気の地域では、適したケア方法が違うかもしれません。また、当店の商品、素材を例に挙げて具体的に言えば、ブックカバーとシザーケースでおすすめのお手入れ方法は全く異なりますし、クロム鞣し型押し顔料使用のWHカーフと、ナチュラルシュリンク染料染めのE.geminiでは、革の傷み方も異なります。

それらを踏まえ、革の種類によって最適な、シザーケースのお手入れの仕方をご紹介差し上げます。ポイントさえつかめば大丈夫。あとは”慣れ”です!

シザーケースのお手入れ

シザーケースは、水に濡れる機会が多いですよね。さらに、カラー剤やパーマ液、シャンプー剤、スタイリング剤、汗など、革に悪影響を起こす物質にさらされながら、毎日酷使されます。その為、鞄や財布など以上に、外部刺激から革を守るケアが不可欠!実際にどのようなお手入れが必要か、素材ごとにわけて説明いたします。

まずここから。毛くずのお掃除

言うまでもないことですが、毛くずの掃除は最低限のエチケットです。

とはいえ、毎日、シザーケースを分解して毛くずを払うのはちょっと面倒。

そんな方におすすめな時短アイテムがこちら。

ELECOMのダストブロワーです。

エアダスターは、シザーケースの毛くず払いに最適!

その中でも、手に入りやすさとコスパを総合するとこれが一番です。

私はアマゾンで買ってます。

ワゴンや眼鏡入れなどの掃除にもいいですよ。お客様のいないときに使ってくださいね。

タンニンなめし革シザーケースのお手入れ

ELBAMATT、TOIANO、Tochigi smooth、E.geminiなどで作られたシザーケースが該当します。一般的に、シザーケースと言ったらこの革がほとんど。日焼けしてあめ色になったり色が濃くなったりする革です。

タンニン鞣し革の性質は、飴色に変わっていく、水に弱い、熱に弱いなどがあげられます。酸にもアルカリにも弱いですし、熱いお湯をかけるなどももってのほかです。

上手に使ってあげれば、とても美しいエイジングを見せてくれます。しかし、日々、水濡れや薬品に侵されるシザーケースにおいては、財布やカバンで稀に見られるような、美しいエイジングを実現することは困難です。

美容師さんが長年お使いのシザーケースは、多くの場合、プロの目から見れば無残な状態になっていることがほとんど。

なので、本音をいえば、もっといい素材あるよと言いたい気持ちもあります。が、ここではそれは置いといて、今現在、シザーケースをお使いの方に役立つ情報を載せておきます。

忙しい美容師さんが日常的に出来て、革のエイジングを保ちつつ、シミや汚れを防ぐケア方法~タンニンなめし革シザーケース

  • 2~3日に1回・・・ブラッシング。馬毛、化繊毛ブラシで。
  • 10日~2週間に一回・・・ブラッシング+防水スプレーの使用
  • 購入後1~2年後から、数か月に一度・・・ブラッシング+防水スプレー+表面が乾いてきたなと感じたら革用クリーム

これだけです。

これをちゃんとやれば、シザーケースでも美しいエイジングを実現することは可能です。

美容師さんに理解を深めてもらうために、人の肌に置き換えて説明すると・・・

  • ブラッシング → 洗顔、シャンプー(エチケットです。)
  • 防水スプレー → 日焼け止め(日焼け止めクリームで肌が荒れたり、ビタミンDが欠乏したりのリスクはありますが、紫外線のダメージをもろに受けるよりはマシ。)
  • 革用クリーム → 重点的なトリートメント、スパ、エステ

といった感じ。

ブラッシングは、基本中の基本です。汚れを落とし、革のキメを整えます。内部の毛くずもしっかりと取り除いてください。カビや匂いの原因になります。

ブラシの選び方については、こちら革職人が選んだベストな革用ブラシ

革職人が選んだベストな革用ブラシに検証写真を添えて。
革職人が選んだベストな革用ブラシに検証写真を添えて。
革用ブラシの違いでここまで差が出ます。大切な革製品のお手入れの参考にどうぞ。

て詳しくご紹介しています。是非ご覧ください。

クロム鞣し革のシザーケースのお手入れ

Alran goat、WHカーフなどで作られたシザーケースが該当します。

クロム鞣し革は経年による色焼けが無く、タンニン鞣し革に比べると若干水にも強いです。その為、タンニン鞣し革に比べるとお手入れは簡単です。

忙しい美容師さんが日常的に出来て、シミや汚れを防ぎ美しく保つケア方法~クロムなめし革シザーケース

  • 2~3日に1回・・・ブラッシング。豚毛、馬毛、化繊毛ブラシで。
  • 2~3週間に一回・・・ブラッシング+防水スプレーの使用
  • 購入半年後から、数か月に一度・・・ブラッシング+防水スプレー+定期的な革用クリーム

クロム鞣し革は、エイジングを楽しむというよりも、新品時の革の美しさを如何に維持するかを考えたケアがおすすめです。

いずれの革も表面に顔料が使用されている為、一時的な撥水効果もあります。その為、タンニンなめし革ほど水濡れに気を遣う必要がなく、革の扱いに慣れていない方にもおすすめできます。

クロム鞣し革にパーマ液、カラー剤が付いたら・・・

水がしみこみにくい革なので、すぐに拭き取れば跡が残らない可能性があります。

拭き取った後、固く絞った布で水拭きしてください。

deteオリジナル防水シュリンクのお手入れ方法

特段これといったケア剤によるお手入れの必要が無く、シザーケースには最適な素材です。

宣伝じみていて恐縮ですが、事実です。

優れた防水性能と撥油性能を持ち、汚れが革内部にしみこみません。

  • 2~3日に1回・・・ブラッシング。豚毛、馬毛、化繊毛ブラシで。
  • 時々・・・水拭き。硬く絞った布で拭いてあげてください。汚れを防いで革を長持ちさせます。

シザーケースにおすすめなケア剤

当店のシザーケースに使える商品を紹介します。これ以外の製品につきましては、製品に合うかどうかのテストをしていない、もしくはおすすめできないと判断した製品です。また、ここで紹介したからといって、何等の利益も受け取ることはありません。

シザーケースにおすすめな防水スプレー

[コロニル] Collonil 防水スプレー ウォーターストップ

フッ素タイプの防水スプレーです。革に浸透して初めて効果を発揮する為、革用のクリームやオイルなどによるケアを行う前に塗布してください。

ヌメ革、ナチュラルなタンニンなめし革(TOIANOの明るめの革など)では、多少のスプレー染みができます。それでも、サロンワークでできるシミや傷みに比べれば、スプレーを使用する方がマシです!!

※フッ素、シリコンなど成分を問わず、防水スプレーの吸引による肺への健康被害が報告されています。防水スプレーを使用する際は、必ず屋外で使い、できればマスクをしてください。

シザーケースにおすすめな革用クリーム

目的は保湿です。毎日使うようなものではなく、必要であれば使ってください。

[エム・モゥブレィ] デリケートクリーム 2026

ラノリンを主成分とするゲル状のケア剤。

ラノリンというのは、ウールに覆われた動物の皮脂腺から抽出される蝋。優れた保湿成分を有し、化粧品にも使われています。

油分こってりではなく水分量多め、革への影響力もほどほどなので、あらゆる革製品に対応します。

薄く延ばせば染みにもなりにくく、革の柔軟性を取り戻すことができます。

[コロニル] Collonil 1909 シュプリームクリームデラックス SI0021 (カラーレス)

シダーウッド、ラノリンなどの天然オイルをブレンドしたクリーム状のケア剤。

水分量の多いモウブレィのクリームと比べ、こちらの方が油分が多いです。

シダーウッドの香りが非常に良く、お手入れする楽しみも感じることができます。

フッ素が配合されており、多少の撥水効果もあります。有機溶剤が入っていない為、特にデリケートな加工がなされた革にも安心。その反面、汚れ落としの効果は期待できません。

シザーケース用ケア剤のまとめ

いかがでしたか?

この記事にあるケア方法で、美容師の皆さんのシザーケースがより美しくなったら、何も言うことはありません。今以上に美容師さんがかっこよく見えて、快適に使えて、お客様も気持ちよく過ごせることでしょう。

防水スプレーに関しては、今のところコロニルのウォーターストップ一択です。他にもおすすめできる製品がございましたら、随時紹介していきます。

クリームでモゥブレィとコロニルどちらを選ぶか迷ったら、革への栄養補給だけを考えるなら、モゥブレィ、表面の保護と香りも考えるとコロニルってとこでしょうか。なお、コロニルの表面保護に使われているフッ素は、防水スプレーの成分と同じです。防水スプレーをしっかり使っていれば、必ずしもこのクリームは必要ではありません。ってことはモゥブレィでいいってこと?いや厳密にいえばまだまだ語り切れないことがあって、ここで断言するのは難しいのですが・・・工房までお越しいただければいくらでも語りますw

一つ注意点を。

防水スプレーとクリームは、ケチって安物に手を出したりしないでください。高級品を使う必要はありませんが、最低限、デリケートな革に使える製品という条件はマストです。

質問は随時受け付けます。他社製シザーケースをお使いの方からのご質問でも結構です。できる限りお答えいたします。

tel 048-789-7793
mail to shopmaster@dete.jp
商品のご購入はこちらから dete オンラインショップ
instagram follow me!
facebook follow me!

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793
WEB ショールーム dete HP

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加