国産カーフグレーとスモーキーブルーのブックカバー

オーダーメイドで制作したブックカバーです。

デッドストックの上質な国産革で制作しました。

革目を殺さない上質な色合いは、顔料を使わずに染料で行う染色と、グレージングによる艶出しによるもの。グレージングという加工は、メノウ(瑪瑙)というキメの細かい石の玉で表面をこすり、革のキメを整えながら艶を出す製法。

質のいい国産カーフが手に入りにくくなっている昨今、このクオリティの革はとても貴重です。

透明感のある色合いの為か、鮮やかなパステルカラーの割に仕上がりが自然で、革らしい質感が残っている。

あえて、革をもんでシボを出して使ってもいい雰囲気になります。カジュアルなバッグや化粧ポーチにしてもかわいいと思います。

個人的にもお気に入りの素材ですが、オーダーメイド品にしか採用していない素材の為、如何せん在庫の減りが遅い。今までに数えるくらいしか制作していません。

ブログやHPに掲載すると順次オーダーが増えていく傾向にあるので、これから少しずつ欠品色が出てくるかもしれません。逆に言えば、あまり商品を掲載していない状態でこの革を選んでくださったのはとてもありがたいこと。革の端切れと私の営業トークだけでこの革に決めてくださったのですから 笑

同じように、手元にあるのに掲載が追い付いていない革がたくさんあって、今か今かと出番を待っています。

私の仕事は、基本的にはお客様からの注文を受けてから制作に入ります。しかし、新しい革はこちらから提案してあげないと誰も注文してくれない。お客様からしたら当然のことです。うまくプレゼンできなくて、「今回のお客様には、本当はもっとおすすめの革があるんだけど・・・」なんて、歯がゆい思いを押し殺しながら製作していることもあったりして、改善していきたい点ではあります。

手縫いの部分とミシン縫いの部分があります。どこが手縫いかわかりますか?

受けたのはミシン縫いでのオーダー。

縫い目の見え方が違うので、縫い目を第一に考えれば、全てミシン縫いで統一した方がベター。今回は、ぷっくりとしたフラップ留めのデザインを第一に考えた為、この部分は手縫いで製作させていただきました。ミシンでも縫えますが、手縫いの方が段差のキワキワを縫えるからきれいに作れるのですよ。

曇り空から垣間見える青空のような組み合わせ。

栞と、本を開いた時の鮮やかな色合いが、使い手の気持ちまで明るくしてくれそうです。

大切に使っていただけていたらうれしい。

dete.jp

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793
WEB ショールーム dete HP

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加