定規マニアの革職人が使う、本当に使える定規! 方眼定規、円定規、雲形定規などなど

美容師さんとのある日の会話。

「ハサミを変えると仕上がりは変わりますか?」

と訪ねると、

「ハサミよりもコームの方が大事。」

なんて答えが返ってきたました。

他の方にも聞いてると、意外にそう答える方が多い。

美容師さんにとって、コームは、地味だけどカットの仕上がりを左右する大切な脇役なんですね。

私にとってのハサミは、裁ち包丁でしょう。

手縫いでもミシン縫いでも、鞄でも小物でも靴でも、革でものづくりする人のほとんどが手にしている道具です。かっこいいデザインのものもありますし、鋼の種類とか形状とか、こだわり出したらキリがないし、職人っぽさの出る花形道具です。

とは言うものの、ここまで持ち上げておいてなんですが、何やかんや言っても切れればいいんです。砥ぎ方次第っていう一面もあるので、品質だけで語れる道具ではありません。そういった意味では、砥ぎの指示の出し方で切れ味が変わる美容師さんのハサミと共通点がありますね。

それじゃあ、私にとっての”コーム”は?

派手さはないけど、使いやすいかどうかが重要な名脇役・・・

それが定規です。

測る、直線を書く、直線を切る、直角を出す、平行を出す、正円を描く、曲線を描く、革を押さえる・・・

うちでは非常に使用頻度の多い道具。

普段使っているものを、ざっとカテゴリー別に分けてみるとこんな感じ。

  • アクリル定規(方眼入りカッティング用・方眼無し)
  • 金属定規(アルミ・ステンレス)
  • 三角定規
  • 変わり定規(雲形・円)

順番に紹介していきます。

方眼入りアクリル定規(ステンレス貼り)

切るのも測るのも書くのも全部いける。透明だから方眼に合わせて平行や直角も取りやすい。特に、短い物は常に手元に置いておきます。

カッティング用方眼定規 20cm & 30cm / STEADTLER 

幅35mmのタイプ。小回りが利いて使いやすいサイズです。

カッティング用方眼定規 30cm & 50cm / STEADTLER 

幅60mm。35mmでは対応できないケースに。

左・・・方眼カッティング定規 20cm / VANCO 

VANCOの10×20cmは痒い所に手が届くサイジング。

右・・・方眼スケールF3 メタルエッジ 50cm(巾:10cm) / レター

大きな定規は取り回しが悪いですが、幅広の平行線が描けるので便利。

ステンエッジスケール(角定規) 30R 30×15cm / コンサイス

貴重な15cm幅のカッティングスケール。他の定規に比べて高価ですが、目盛りとか傾斜の角度とか短辺側のエッジにもステンレスが貼ってあるところとか、機能が優れていて仕上げも美しい。大変お気にです。

アクリル定規 / メーカー不明

目盛り無しの潔い子。側面はきちんと垂直且つ、段差が無い。方眼入りのエッジに金属が付いたタイプは、刃が定規に当たっても定規が傷まないので便利ですが、エッジがあることにより正確性を欠いてしまうケースがあります。そういう時はこの定規の出番。

切るときに、刃を当てると当然削れてしまうので、注意が必要。

厚みがあるので、即席の冶具としても使っています。

アルミ/ステンレス定規

平行とか関係なく直線を切りたいならこれです。アクリルではなかなか無い長尺物もあり。

150mmは、定番のシンワだけでなくトラスコ中山のものも使っていますが、品質に大きな差は無いと思います。

左から

アル助 スベリ止付 1000MM / シンワ

長い、大きいは正義です。ただ、アルミは、若干耐久性に不安があります。少しずつ削れているような気がしていて。

2017/6 追記 やはり削れているようです。刃物を当てて使うのはおすすめできません。

直尺ステン600mm / シンワ

直尺ステン300mm / シンワ

使いやすいサイズです。

直尺シルバースケール 150mm / TRUSCO 中山

一番使用頻度が高いのは、長さ15cmのものです。

直尺ステン150mm / シンワ 

手元にある150mmは、買った時点では角が鋭利で危なかったので、#2000くらいの細かいやすりで少しだけ面取りしました。同じステンレスの300mmや600mmは最初から気にならないレベルでした。個体差?

2017/6 追記 やはり角が危ないケースがあるという報告があります。気を付けて使いましょう。

2017/6追記

アルミカッター定規 カット師EX1m 併用目盛 取手付 / シンワ 

これはとても良い商品です。

幅広で持ち手つきの非常に高い安定感を誇るカット用の定規。

我が家の定規で最高価格です。

ハンドルはエラストマー樹脂製で、持ちやすく、滑りにくいです。

エッジはもちろんステンレス貼り。アルミはやはり削れてしまいますので、これは安心です。

刃物を当てて切る場合、定規の幅が本当に大事で、切っている最中に定規がずれるという厄介な事態が起こりにくくなります。さらに、この定規の裏には、滑り止めも施されています。

まっすぐ切れなくて困っている方には、とてもおすすめな定規です。短いモデルもあるようです。

三角定規

懐かしの三角定規。授業で使ったものより大型です。実は買ってからほとんど使ってないとか・・・

レイアウト用方眼三角定規 / STAEDTLER 

90°までの角度が測れる三角定規です。まだ使いこなせていません。

というかほとんど使っていません 汗

変わり定規

雲形定規 3枚セット / DELETAR

激安でした。

型紙作る時とかに。

円定規  976 02 / STAEDTLER

小さい円はこちら。

ドラパステンプレート E型 円定規 極大 No.31-E107 / DRAPAS

大きな円はこちら。値段が高い分、こちらの方が品質も高いように思います。

円定規は、あまり使う機会は多くないのですが、革に直接円を書くときにコンパスの跡が残らないので重宝したりも。

まとめ。レザークラフト用に定規をそろえるなら・・・

1、ステンエッジスケール(角定規) 30R 30×15cm / コンサイス

2、直尺ステン150mm / シンワ 

3、方眼スケールF3 メタルエッジ 50cm(巾:10cm) / レター

この辺りをそろえておけば問題無いでしょう。ベルトみたいな長い物を作るなら、1000mmかそれ以上の長尺物があれば便利です。

ざっとこんなところですが、まあ地味な道具紹介でしたね 苦笑

定規は、無意識に手に取るくらいに使用頻度の高い道具なので、使い心地が悪いと気になって作業に集中できません。使いやすくて当然、取り立てて褒めたたえられることも無いのに、使えないと批判はしっかりされる道具達。

ペンや刃物はメディアに取り上げられても、一緒に使われる定規は日の目をみることは無い・・・そんな悲しい性の定規達に、気まぐれで、スポットライトを当ててみました。

いろいろ調べてやっと見つけたものもあり、行き届いた造りの良さが感じられるものもあり、私にとっては刃物類と同じくらいお気に入りの道具達です。少しでも興味を持っていただけたら嬉しいです。

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793
WEB ショールーム dete HP

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加