模倣かオマージュか、はたまた偶然か

弊社のロールシザーケースは、2009年にpeek a boo銀座並木通り店のスタッフさん(友人のS氏他)の案を元に形にしたもの。
現在の仕様は改良に改良を重ね、より美しい革素材にこだわり、巻きやすいパターンに工夫し、革紐と蓋裏に補強を加えてあります。

デザインというものは、その他の学問や文明と同じく先人の知恵や技術を尊びつつ、さらに上を目指そうという思いがあってこそ発展していくもの。
完全に頭の中でゼロから作り上げたデザインなんて存在しないし、「うちが本家だ。」、「やれ本元だ。」と叫ぶのは、時として野暮を通り越して滑稽でさえあります。
そしてどの業界でもこの手の話題は尽きませんが、シンプルなデザインというものは、得てして偶然似通ったものが出来てしまうこともしばしば。

150424_1613_03

とはいえ、deteのロールシザーケース(旧モデル)に非常によく似た製品を、自分の”作品”としてネット上にアップしている方がいるのをみつけたときは、少しだけ心がざわつきました。
すぐに、後を追われるということは光栄なことと思い直しましたが(^-^)

少なくとも、deteのシザーケースは、peek a booスタッフさん数名と共に考え、先人が築いた製鞄技術を用いて作ったもので、私一人の力で生み出したものではありません。

150204_1613_01

職人というプライドを糧に生きる道を選んだからには、自分の尊厳を傷付けることだけはしたくないなと改めて考えさせられました。
dete オンラインショップ
instagram follow me!
facebook follow me!

お問い合わせはこちら

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793
商品のご購入はこちら dete オンラインショップ
WEB ショールーム dete HP

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加