色の組み合わせに悩むあなたへ

色の組み合わせにルールはありません。

ここで掲載した写真は、革の端切れが入った箱の中から、サッと選んだちょっと素敵な組み合わせ。そのまま製品に採用したらちょっと個性的過ぎるかもしれません。

何かの参考に、そして、色合わせに悩む誰かのヒントとなって、背中を押してあげることができたらうれしい。

国産ピッグスエード/国産ラセッテーなめしピッグスキン

「いろんな色を使いたい。」

そんな時、同じ素材の色違いなら、組み合わせの難易度はぐっと下がります。

E.gemini(イタリア製牛革)&WH calf(ポーランド製カーフ)

緑と赤の組み合わせは安易な連想を誘う。でも、黄緑と赤ならぼかせる。

まるで見た事のないような奇抜な組み合わせも、いいと思ったら、自信を持って伝えてください。

象革/グレージングリザード(リングマークトカゲ)/WH calf

象革、トカゲ革、型押し素材。アクの強い革同士でも、使い方次第でまとめ上げることは可能です。象革の一見粗野で荒々しい表情は、自然の偉大さと壮大さを抱きこんだ美しさです。

イタリア製シュリンクレザー/Sully(フランス製ヤギ革)/WH calf/イタリア製型押し特殊塗装革

TOIANOブックカバー(イタリア製タンニンなめしスムース革)/グレージングリザード

異素材の組み合わせも恐れずに。クリスマス以外は禁断の組み合わせ(笑)ですが、使い込んだ素の牛革とグレージングリザードの組み合わせの妙を知って欲しくて。

TOIANO

たまたま並んだ注文品を見て、発見した素敵な組み合わせ。

ヌメは色変化してチョコに近づくので、製品にするときは、チョコかヌメかどちらか一色とネイビーを組み合わせた方がよさそう。

ネイビーとブラウン、ブラウンに水色、生成りのヌメにピンク・・・おしゃれな女性や美容師さんなど、自由な発想をお持ちの方は、こんな色の組み合わせもさらっと使いこなします。

Sully

このトープと青の組み合わせは最高なのですが、間に黒と黄緑を置いてみたらまた新鮮になりました。

Cam: NIKON D750 / SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD (Model F004) 

お問い合わせはこちら

商品のご購入はこちら dete オンラインショップ

E-mail shopmaster@dete.jp
Tel 048-789-7793
WEB ショールーム dete HP

友だち追加
LINEからのご連絡も歓迎します。

おもしろいと思ったらシェアしてね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加