「 制作工程 クラッチブリーフケース 」一覧

クラッチブリーフケース

クラッチブリーフケース

ワイルドなバッファローの革で制作しました。 ピット槽でなめし、足踏みでシュリンクさせたというバッファロー。芯まで濃く染まっているところをみると、染料ではな... read more.

Making – クラッチブリーフケース12

Making – クラッチブリーフケース12

最後の仕上げ。コバを鉋、包丁で平滑に整えます。さらに紙やすりをかけ、この時点でツルツルになるまで仕上げます。 さらに、塗料を塗ってはやすりをかけ、ぬってはやすりをかけと何度も繰り... read more.

Making – クラッチブリーフケース11 合わせ

Making – クラッチブリーフケース11 合わせ

裏地を貼って口元を縫います。 内装にポイントで使用した赤が利いてますね。 この赤い革はイタリアの山羊革です。 徐々に完成の形が見えてきましたね。 ... read more.

Making – クラッチブリーフケース10 カブセ

Making – クラッチブリーフケース10 カブセ

カブセの取り付けです。 かぶせというのはフラップ・ふたのことです。 革の厚みと弾力を調整する為、見えない部分にもう一枚革を貼り、裏地には表と同じバッファローの革を貼っています。 ... read more.

Making - クラッチブリーフケース 9 ハンドルの取り付け

Making - クラッチブリーフケース 9 ハンドルの取り付け

ハンドルを抑えるループを作ります。 どのくらい長さが必要か確認しているところ。 今回はこれくらい。と見当。 表面を荒らして接着しやすく... read more.

Making - クラッチブリーフケース 8 マチ制作

Making - クラッチブリーフケース 8 マチ制作

マチ(襠/裆)の制作。 裏地を貼り合わせて口元をへり返し縫っておきます。 内寸(横幅)を確保できるように立体的なマチにしました。

Making - クラッチブリーフケース 7

Making - クラッチブリーフケース 7

クラッチバッグの記事ばかりでは堅苦しい感じもしますね。 ライアン・マッギンレー BODY LOUD ! 行ってきました。 ライアン・マッギンレー... read more.